昨日は、おせち料理の添加物の話をしたのですが、

見栄えをよくするための余計な加工は無用。


余計なものの代表格が、第3のビール。

わざわざ企業努力して、まずいものを作っている、と。

これは、国の税金のかけ方が間違っているからで、

あながち、企業だけを責めることもできません。


以前は、ただ安いからという理由で、

発泡酒や第3のビールなども飲んでいましたが、

考えがすっかり変わりました。


今は、飲む回数を減らしてでも、

まともなものを飲むようにしています。 


今飲んでいるのは、地元川越の、コエドビール。

IMG_5385

地ビールはいろいろ試し飲みしていたのですが、

小江戸に落ち着きました。


コエドビールは、アルコール度数が違う3種類があり、

どれも、美味しいです。

どうせ、一回に、350ml一缶しか飲みませんから、

ビールもどきの贋物の不味いのを飲むのは、人生の損。


かけがえのない人生。

なるべく、不純物は、取り除きたい。


今は、スーパーで買うよりも、

ネットで大量買いすれば、

一缶当たりの単価が安くなるので、まとめ買い。


飲食費が増えた分、

支出は多少増えましたが、

生活の質の向上と、

節約とのメリハリが、

今の課題です。