僕の生れた家は家賃2000円前後の市営住宅でした。

2万円ではありませんよ、2千円。

6畳と4畳半に、父と母との3人暮らし。

風呂はないため、父が自力で建てました。

風呂と一緒に物置も建て、その物置小屋で、

夜遅くまで、母が機織りをしていました。


機を織ることで、

なにがしかの賃金を得ていたのだと思います。

その市営住宅は、今でもありますが、

今は家賃はいくらなのでしょうねえ。


もう何度も言っていることではありますが、 

基本的には人間も動物と同じで、

生きるための必需品は、ねぐらと食料。


で、動物との違いは、精神性。

そしてこの精神性は、

ありがたいことに、

お金がかからない。


ということはですよ、

ねぐらと食料さえあれば、

あとは、それほど、

あくせくする必要も無し、と。


この絶対的事実がわかれば、

生きるのは、超簡単。

IMG20220218122526

普通に生きられるだけのお金があれば、

それ以上あくせくする必要もなくなります。


持ち家というねぐら、

自炊という食料調達、

まあ、僕は、たまに外食もしますが、

これだけを確保して、

あとは、精神を遊ばせる。


ということで、

持ち家ローコスト生活は、

最強の要塞ライフだと、



僕は、思っています。