昨日は、隣の市の図書館で、落語の独演会がありました。

先着順ということで、2月のうちに申し込んでいました。


久しぶりに、生で落語を聞きました。

三遊亭鳳志さんという人で、

2009年に、真打になっています。


コンサートにせよ、演芸にせよ、

やっぱ生で見る、聴く、臨場感は特別。

しかも、昨日は無料でしたからね。


90分ほど、生落語を堪能し、

帰りに買い物をして帰宅。


僕の買い物は、9割が食べ物。

あとの1割が、日用雑貨などの消耗品。


そして、エンタメは無料で楽しむ、と。

本当に図書館をはじめとした公共施設を、

使い倒しているなあ、と感じます。


前回無料で演芸を見たのはいつだったのか振り返ると、

川越で、とろサーモンや、exitや、はんにゃ、を見たとき。

そのときのことは、以下の記事で書いています。

 

お笑いライブを見に行ってきました


うーん、無料で楽しめるエンタメは、最高だよね、

という話でした。

ただ、大道芸などを見た時は、

0-92

多少なりとも、集金袋の中に、

お金を入れるようにしています。

彼らはそれで、生きているのですから、ね。