今は付き合いがありませんが、

ストレス解消に風俗に行くという奴がいました。

一回行けば万札が飛ぶ場所に、

ストレスの解消を求めると、

お金などはたまるはずもありません。

勿論、それ以上に稼いでいれば、別ですが。


さて、そのことについて、

ひろゆきがいいことを言っていたので、紹介します。


「ストレス解消」と言われて、最初に何を思い浮かべるかが大事です。

 大前提として、「お金をかけない方法」を持っているでしょうか。

 もし、「ストレス解消=お金を使うこと」しか思い浮かばないようなら、危険です。

 それを当たり前だと思っていると、今度は「お金を使わないと満足できない」という体質になってしまいます

 そうなってしまうと、依存症に陥ったり、借金の入り口になったりするのです。

そうならないためには、お金をかけないストレス解消法を1つは持っておくことです。

「目覚ましをかけずにひたすら寝る」とか、「坂道を思いっきり走る」とか、「子どもと思いきり遊ぶ」とか。

 タダでできることを1つは持っておきましょう。

 それがあると、たとえお金がなくても、働いていなくても、いつでもストレス解消をすることができます。

お金を使うのは、それをやった後です。

 それも、高いお金を使うのではなく、「1000円以内で考えよう」とか「2000円は好きに使おう」とか、低い金額で考えるようにすべきです。

 そうしないと、あっという間にエスカレートして、「100万円の時計を買った」とか「ギャンブルで10万円が消えた」ということになってしまいます。

 その入り口を作らないためにも、「0円でできること」を手段として1つ持っておきましょう。


うーん、 まさに、ひろゆきが普段言っていることそのもの。

子供の頃、赤羽の桐ヶ丘団地などで、

人物観察してきただけのことはあります。


僕の場合、街歩き、川沿い歩きなどの散策と、

図書館巡りが趣味なので、

それがストレス解消にもなっているのでしょうが、

そもそもゆるく暮らしている日常では、

ストレスを感じることも、稀。


先日、請負アルバイトの仕事で歩いているときに、

犬に吠えられたときは、少しストレスを感じましたが。

中型犬以上の大きさの犬が、いきなり吠え掛かってくると、

びっくりするし、心臓もどきんとしますからね。

その日は、3匹ぐらいの犬に吠えられたので、

そのときは、確かにストレスでした。


で、何の話でしたっけ?

ああ、そうそう、ストレス解消も、

お金をかけずに工夫しようよね、という、

話でした。


あ、お金のかからないストレス解消法であり、

趣味にもなるのが、瞑想。

KAGAYA018

心には、

時空間の制限がありません。