少子高齢化や、

赤字国債の増大など、

不安材料の多い日本。


そのためか、

若い頃から、

老後生活への不安を、

漠然と抱いている人が、

多いようです。


今日は、そうした人の一人でもある、

50代女性の相談を目にしたので、紹介します。


▼相談者msさん(仮名)

女性/契約社員/54歳

賃貸住宅

▼家族構成一人暮らし

▼相談内容一人暮らしで、老後が不安です。今回、あらためて老齢年金の額を調べ、ますます不安になりました。今後、どのくらい貯金しておけばよいのかと、運用方法を教えてほしいです。

契約社員としてフルタイムで働いていますが、月収手取りが14万円程度です。外食などはほとんどしないで、かなり質素に暮らしていると思います。

月給の他に障害年金を受給しているので、年金分は手を付けずに貯金してきました。一部運用に回して、ほとんどは投資信託です。株も買った時よりは、株価は上がっているので、そのまま持ち続けています。

一方で、投資信託を売るタイミングがうまくつかめなくて、欧州関連の投信でかなり損をしました。とあるリートファンドは、相殺されて何とか損はしていない状況ですが、リスクの少ない運用方法に切り替えた方が良いのかも迷っています。

また、最近勤務がきつくなってきたのですが、出勤日を減らすと収入が減って、年金を使わざるを得なくなる、そうすると、退職金や保険金は一切入る予定はないので、老後の生活資金が不足するのではと、不安です。年金の等級も来年見直されて下がるような気がするので、年収は激減することになると思います。

さらに、できれば長く勤めたいとは思いますが、就業してから数年たっていますが、勤務先には障害者であるとは申告していません。この先新しく仕事を見つけるのは、年齢からかなり難しいと思っています。

公的年金について

63歳支給で、月額8万6223円。

1530716

うーん、 これは、なかなかに厳しい相談。

ただ、63歳から貰える8万円台の年金は、

特別支給のものなので、

65歳からは、

それに基礎年金も加わるので、

もっと多くなるのでは、

との疑問を持ちました。


さらに言うと、

なーんだ、大丈夫じゃん

と思ったのは、

この人の、

金融資産を見た時、

AASkOCU
うーん、3000万円近くあるので、問題なし。

障害者年金の分を、そっくり貯めている堅実さもあって、

この人の老後は、経済的には大丈夫な感じがします。


FPも、以下のように回答していました。


老後資金的については、やや条件付きではありますが、ほぼ大丈夫だと考えます。家計に対して考えがしっかりされていますし、これまで貯めやすい環境だったとは言え、よくこれだけ金融資産を増やしたと思います。実に立派です。


うーん、僕も同意見で、

心配し過ぎるのもどうなのかな、

と、思ったくらい、です。


世の中には、

預貯金すらない人が、

かなりいるのですからね。