厚生労働省年金局が公表しているデータがあり、

それは、誰でも、見ることができます。

それを見れば、

自分の年金受給額が、

どのあたりに位置するのかを、

知ることができます。


以下は、その一部抜粋。


厚生労働年金局「令和元年度厚生年金国民年金事業の概況」

男子

  • ~5万円未満:15万977人
  • 5~10万円未満:97万6724人
  • 10~15万円未満:261万3866人
  • 15~20万円未満:436万9884人
  • 20~25万円未満:224万9128人
  • 25~30万円未満:28万8776人
  • 30万円~:1万7626人

女子

  • ~5万円未満:31万5100人
  • 5~10万円未満:234万1321人
  • 10~15万円未満:218万2510人
  • 15~20万円未満:41万2963人
  • 20~25万円未満:6万3539人
  • 25~30万円未満:4166人
  • 30万円~:379人

平均年金月額

  • 男子16万4770円
  • 女子10万3159円

男女平均額:14万4268円



うーん、 これを見ると、

僕の受け取る年金見込み額は、

満額でも9万円ほどなので、

男子グループの下から2番目。


男子の平均には遠く及ばず、

女子の平均にすら、届きません。


まあ、これは、納得済み。

それゆえの、

ローコスト生活、

なのですよ。

IMG_5298

図書館で借りる本はただだし、

散歩も、タダでできること。

そうした、タダ案件にタダ乗りして、

ローコストでも楽しく生きる、ってね。