これを書くかどうか、ずいぶん迷ったんですよ。

だって、まじめに働いている人は、きっと面白くないから。


そうです、10万円の給付金の話。


年金を、かなりたっぷりもらっている(僕から見ればの話)高齢者にも、

住民税非課税を理由に、10万円が支払われます。


あるいはまた、住民税非課税の遺族年金をもらっている、

リッチな未亡人にも、はい、10万円。

遺族年金がどれほど税制上恵まれているかは、

調べてもらえばわかります。


で、さらに言うと、資産形成して働いていない、

所謂、FIREした人たちも、

たとえば、資産1億です、みたいな人も、

住民税非課税ですから、ハイ10万円。


一方、1年前の僕のように、

月11万円前後のアルバイト暮らしでも、

住民税非課税とはなりませんので、

10万円は、もらえません。


まあ、僕はいいとしても、

本当に、家賃も払えずに困っている非正規社員でも、

だいたい、11万円くらいはもらっていますから、

彼らも、対象外。


これって、どうよ、という話。

20201218122419

つまり、バカを見るのは労働者だよね、という。

こんなことを言うからって、僕は左翼ではありませんよ。


右翼でもない、自由人の一人、です。


働けど働けど、我が暮らし、



という人が、増えているような気がしています。