買いたいものがある、とか、

子供の学費が必要、とか、

そうした目標があって、

節約にいそしむのは良いのですが、 

節約のための節約、になってしまう人が、

ときどき、います。


あと、節約が習い性になってしまって、

お金を使うことに、罪悪感を覚える人がいます。


あるいはまた、十分な資産がありながら、

貯金が減ることを怖れるあまり、

消費を楽しめない人もいます。


はっきり言って、その背後にあるのは、恐怖感。

欠乏することへの恐怖です。

あるいは、エゴが縮小することへの恐怖。


お金に自己を同一化していると、

お金が減ることは、自己が喪失していくこと、なので、

恐怖を、覚えるのです。


つまり、上記のような人は皆、

自分が見えていない、のですね。

IMG20210922141320

一番肝心な自分が見えずして、

お金だけ貯めても、

自由には、なりません。

むしろその、貯めたお金に縛られて、

不自由になる、と。


なので、内省の時間を、

日々の暮らしの中でしっかりと確保して、

自分とは何か、

何をしたいのか、

どこに行こうとしているのか、を、

時折でも、見つめ直すことが、

大切だと、思っています。