50代になっても美人、

という女性は、そこそこいます。

でも、透明感のある美人となると、

数はガクンと減るでしょうね。


昨日、床屋に行ったのですよ。

これまで行っていた、飯能市の床屋を、

鞍替えして、今は東松山市へ。

ビバホームの中に入っている1000円カットへ。

IMG_4588

ビバホームに行ったときは、

必ず、ペットショップにより、

ワンコやニャンコを見たり、

ウサギや魚を見たりして、

隣接する生鮮トップは、寄ったり寄らなかったり。


僕が行く生鮮トップは、入西なので、

東松山の生鮮トップに寄るのは、イレギュラーというか、

他の用事のついでの時だけ。


で、昨日、その生鮮トップで買い物をして、

歩いているときに、Sヨンさんと会いました。

このSヨンさんと、前回会ったのは、

Aさんと、熊谷のイオンシネマに行ったときのこと。


前回、Aさんに誘われて見た映画が「そして、バトンは渡された」で、

これは、ユナイテッドシネマわかば、で見たもの。


その前が、ユナイテッドシネマ新座に行っていると思うので、

熊谷のイオンシネマは、前前前世ならぬ、

前前前回だったような気がします。


で、そのイオンシネマに、

Sヨンさんの娘さん主演の映画を、

見に行ったのですね。


そのときに、会っているので、

まだ記憶に新しかったこともあり、 

昨日また会って、

改めて、その透明感に感銘を受けた次第。


このSヨンさん、僕が35の時に、

幸福の科学に入信したときに会ったのが最初ですが、

当時彼女は20代の独身で、

まあ、当時もかわいらしい女性ではあったのですが、

その後、結婚して、Fさんとなったのですが、

在日韓国人か、在日朝鮮人か、わかりませんが、

あちらの苗字だったので、

Sヨン、というのは、名前のほう。


いつも、名字ではなく、

その、名前のほうで呼んでいたので、

今も、Sヨンさんと呼んでいるのですが、

その彼女も、3人の子供を育て、

いちばん上の長男は、大学を出て社会人だし、

長女は、やはり社会人で女優をしているし、

3番目の子供は、まだ学生でしょうが、

僕が幸福の科学を退会した後に、生まれたようで、

いずれにせよ、彼女は50代には違いなく、

50代であの可憐さと、透明感はすごい、

と、思いました。


まあ、はっきり言って、

女優の娘さんより美人です。

それで、透明感がある。

旦那さんは幸せです。

勿論、旦那さんのFさんも、

彼女に釣り合うような立派な人です。

まさに、絵にかいたようなユートピア家庭。


透明感は、豊かさでもあり、人の心を癒します。


生鮮トップで会って、

僕もびっくりしましたが、

あちらもびっくりしたようで、

だって、彼女は、東松山市民なので、

そのスーパーは日常でしょうが、

何で僕がいるんだ、と、思ったかもしれません。


まあ、挨拶だけして話はしなかったので、

お互いに、ただびっくりして、すれ違い、

会釈したという話でした。