僕が韓国に行ったのは、いずれの時も、1990年代。

なので、もう長いこと行ってはいないのですが、

当時びっくりしたのは、小学生が、

夜遅い時間に歩いていたこと。

塾の帰りだと知って、

韓国の受験競争の過酷さを知りました。


で、あれから、20年以上も経ち、

韓国の激しい受験戦争、

そして、就活戦争。

そして、厳しい住宅事情、などを、

昨日、テレビ朝日の昼の番組で見て、

その過酷な状況に、切なくなりましたよ。


僕が、当時見た小学生たちも、

もう30代くらいにはなっているはず。 

あんなに夜遅くまで勉強していたのに、

その後の就職状況によっては、

今も、きつい状況かも。


大企業に入れれば、

初任給は、日本よりいいんだそうです。

でも、その後も、競争が大変。


また、韓国は、老後の貧困も、

日本の比ではないそうです。


イカゲームは見ていませんが、

昨日のテレビでは、一獲千金を夢見る若者が、

ギャンブルに走っているのだとか。

015

でも、カイジのように、一発逆転できるのは、

一握りというか、ないに等しい。


地道に生きる。

そして、その中に幸せを見つける。

そうした生き方が、

安全だと、思っています。