64歳と、年齢こそ僕よりも少し上ですが、

貰える年金が10万円と少なく、怯えている男性の相談を見ました。

天涯孤独である点、なども似ているので、興味を持った次第。

0-08

以下は、その相談内容。

今回の相談者は、年金生活に不安を抱えている64歳の独身男性。

年金額が少なくこの先貯蓄が底をついたらという心配もあるとのこと。

▼相談者ドルフィンさん(仮名)

男性/無職/64歳

関東/持ち家(一戸建て)

▼家族構成一人暮らし

▼相談内容  65歳からは年金10万円ですが、あまりに少ないので、切り詰めても貯金をある程度切り崩すことになります。固定資産税、火災保険も年間6万5000円ずつかかります。

長生きすることのリスクがあります。70代前半で死ななければならないかとも思っています。病気にもかかりやすくなって、その出費も増えるかもしれません。貯金を使い果たし、年金のみになった時が恐怖です。年金が少ないのは自業自得ですが、やむをえなかった面もあります(病気などで)。

自宅を維持して自宅で死にたいのですが、いよいよとなったらリバースモーゲージも考えるかもしれません。しかし、いろいろ制約があるらしいので、できれば使いたくありません。70代になったら年金のみで暮らさなければならなくなる可能性が高いです。それは果たして可能なのでしょうか。
AAPjvBo
▼家計収支データ補足(1)住宅について

修繕やリフォームが必要となる可能性はない。また、最終的に誰かに相続する予定なし。

(2)加入保険について

本人/医療保険(終身、入院5000円、がん特約50万円)=毎月の保険料1万1000円

(3)貯蓄の内訳について

普通預金400万円、定期預金1600万円。

(4)健康状態について

メンタルクリニックに病気で10年以上通っていて、現在も通院している。

(5)今後について

65歳以降、働くことは考えていない。

(6)家族について

いざという時に金銭的、人的に援助してくれる親類はいない。



うーん、これに対するFPの回答は以下のもの。

貯蓄を取り崩しても100歳前後まで大丈夫


だよね、と思いました。

年金が少ないと言いつつ、僕よりは多いし、

天涯孤独と言っても、持ち家でローンも無し、

そのうえ、2000万円の貯金があって何を不安がっているのか、と。

みんな、その2000万円が用意できなくて、騒ぎになったわけで。

この人は、経済的には何の問題もないのは明らか。


勿論、体が弱いとか、不安要素はあるし、

富裕層からすれば、たった2000万円で安心できるほうがおかしいとか、

いろいろ意見はあろうかと思いますが、

僕のように、預貯金と株を搔き集めても、おそらく500万円あるかないかで、

そのうえ住宅ローンもあり、

なおかつ年金は、この人、よりも少なく、10万円にも届きません。

それでも、不安も心配もありません。


いったい、不安とか心配って、何なのだろうと思いましたよ。