閉塞感というと、風通しのわるい環境が思い浮かびませんか。

僕は、転職が多かったのですが、その理由は、閉塞感。

一つのところで働きだすと、

そこの人間関係や仕事内容に、息苦しさを感じるのが常でした。

たとえば、ずっとこの上司の下にいるのか、

と思っただけで息が詰まったし、

ずっとこの仕事をやり続けるのかと、

思っただけでめまいがしました。

120851r
幸い、時代が良かったのか、辞めてもすぐに転職できました。

転職以外では、カルト教団での集団生活。

2年ほど、統一教会で集団生活をしましたが、

やはりここでも、次第に閉塞感を感じるように。

ただ、教義の縛りがあったので、逃げ出すときは大変でした。


事程左様に、行き詰ると逃げ、

息苦しくなると逃げ、

閉塞感を感じると逃げ、

しながら年だけを重ね、

33歳のときに、自分探しのためにイギリスへ。

海外でしばらく暮らせば変われるかも、とも思ったのですが、

むしろ不安は、つのるばかり。

だって、先が見えなかったんですから。


友人たちは大半が結婚し、家庭も仕事も順調。

自分だけは、先が見えず、息苦しい、と。

まあ、この辺りのことは、

自己紹介カテゴリーで述べているので、

繰り返しませんが、

つまり、閉塞感、こそが、

どうも自分を行動へと駆り立てていた要因に思えるのですね。


結婚しなくて良かったと思えるのは、

おそらくこんな僕であれば、

伴侶との暮らしにも閉塞感を覚えただろうから。

相手がいると、自分だけの問題では済まなくなるし、

ましてや子供でも出来たら、なおのこと、逃げられません。

だから、一人で良かったと、冷静に思えます。




閉塞感を感じながらも、

逃げることができずに働いている人って、

どのくらいいるのでしょうねえ。