僕の場合、ローコスト生活でも、

みじめな気持ちにならないのは、

居住空間が快適だから。


僕は、親の介護のために建て替えた家に住んでいますが、

在宅介護で親を見送った後は、

その家が、そのまま、自分の老後の住処となります。


人生の流れのままに建て替えた自宅ですが、

間取りが大変気に入っているため、快適。


一戸建ての良さは、すべての部屋が二面採光。

僕の家で言えば、2階にある12畳の居間などは、

3面採光。

つまり、東と南と西に、窓があります。

3方面に窓があると、換気は最高。

日当たりも最高。


2階にあるもう一つの部屋は寝室で、

ここも2面採光ですが、

寝室なので、居間ほどの明るさはむしろないほうが良い、と。


で、一階にもリビングがあるので、

一人で住むには、十分な広さ。

これだけの空間があれば、

家の中にずっといても、ストレスになりません。

031

何が言いたいのかというと、

老後生活は、

必然的に、家にいる時間が長くなる、と。

だからこそ、

居住空間がもたらすリターンは大きいのですよ。

快適な居住空間があれば、

老後生活の幸福の半分は確保できているようなもの。

あとの半分は、各自、それぞれだと思います。


豪邸である必要はさらさらありませんが、

各自必要な居住空間の広さはそれぞれ。

また、マンションのほうが好きだとか、

家の好みは様々ですが、

自分が気に入った居住空間で暮らす快適さは、

年を取るほど、



大切になってくるような気がしてなりません。