単純なポジティブ思考は危ない、と、

僕は、思っています。

本屋に行くと、

安易な本がいっぱい並んでいますよね。

もう、それはいっぱい。

で、こうすれば、上手く行くよ、とか、

こういう考え方をすれば、成功するよ、とか、

どの本も、それなりにいいことを言っているのですが、

これだけ、そうした類いの本が売れ続けているというのは、

つまりそれだけ、自分の人生はだめだ、とか、

何とかしなくちゃ、と、思っている人が多いのでしょう。

なんか、ダイエット関係の本も一緒。

手を変え品を変え、いろんなダイエット法が出てきますが、

それだけ、ニーズがあるのでしょうね。


あと、占いなんかも、そう。

ベースにあるのは古来からの占いでも、

そこにオリジナリティを加味して、

たとえば、○○術占い、などと、もっともらしい名前を付け、

これまた、何々タイプ、などと、タイプ分けをしたり、

そのネーミングも、それなりにもっともらしかったりして、

ちょっと古い話だと、このやり方で成功したのが、細木数子。

で、このパターンは、今もそれなりに使われているようです。

何日か前、芸能人を占っている人を、偶然テレビで見て、

ああ、またやってるなあ、と、思った次第。


あ、スイマセン、このまま占いの話になってしまうと、

どんどん違うほうに行ってしまうので、戻します。 

で、なんでしたっけ、あ、そうそう、

単純なポジティブ思考は危ないよね、という話でした。


何が言いたいのかというと、

人生は、白黒で判断できるほど単純ではない、ということ。

怒りや不安、嫉妬などの感情は、社会的感情とも呼ばれますが、

こうしたものがなければ、人生は味気ないですよ。

ただ、こうした感情に溺れる、というか、

鷲掴みされたままだと、それもまた苦しくなるばかり。


IMG20210725103939

木のベンチの間に挟まっていた、蝉の抜け殻。

蝉は、短い人生なので、諸行無常そのもの。


人間と同じ哺乳類でも、

犬や猫は、今、の感情に忠実で、

過去を悔いたり、未来を憂いたりはしません。

この辺りは、心の動きを分析した、仏陀釈尊が、

2500年前に説いた教えがありますから、

それなどは、参考になるかと、思います。

ただし、仏教も、初期仏教でないと、

お釈迦様の教えではありませんから、注意が必要。

たとえば、法華経などは、好きな人も多いので、

あまり批判はしたくないのですが、

仏陀釈尊の教えとは何の関係もない、SFのような話。

まあ、でも、それで、救われる人もいるのでしょうから、

それはそれで、一定の市民権を得ているのかもしれません。


話が長くなったので、今日はここまでとします。