急に収入が途絶えた時のために、やはり最低でも、

100万円くらいの貯金はあったほうがいい、

という話を以前しましたが、

改めて、現代の若い人の置かれている厳しい環境を知りました。

若い人と言っても、様々ですが、

僕の現役世代に比べて、あまりにも、低収入の人が多い印象。

非正規雇用者や派遣労働者が、皆貧しいわけではありませんが、

今日紹介する人などは、貧しさの典型で、

彼女自身は、一つも悪くない、というか、

時代が悪いと言ってしまうのもあれですが、

この人のような状況でも、人は、生きていかなければならないので、

僕だったらどうするだろうと考えて、以下の記事を読みました。

0-22

▼相談者

みのもさん(仮名)
女性/契約社員/34歳
関西/賃貸住宅

▼家族構成

一人暮らし

▼相談内容

長らく非正規雇用が続き、手取りが少ない中で、このまま暮らしていけるのか不安です。

一時期シェアハウスに暮らしていたのですが、2年前に正社員雇用が決まったタイミングで一人暮らしを始めました。ただ、そちらの会社も半年で解雇になってしまい、契約社員を経て、現在は正社員として働いています。

それまでの貯金は引っ越し費用等で使ってしまい、この1年でようやく数万円ずつ貯金ができるようになりました。以前は生命保険の加入をしておりましたが、転職で手取りが減ったため解約しています。

今後結婚もする予定はないので、このまま1人で生活していくことが可能なのか、不安です。今は生活はできていますが、何かあって働けなくなったらすぐに困窮するのが恐ろしいです。現在健康面での大きな問題は無く、借金もありません。

20210527-00031196-argent-001-1-view
(1)貯蓄について
光熱費が少ない月やイベントごとがなければ、月3万円は貯蓄可能。イベントとしては、両親の誕生日や父母の日のプレゼント(各々約5000円)、会社での歓送迎会(約5000~7000円)、実家への帰省費用(約1万4000円)など。

(2)ボーナスについて
ボーナスは基本的になし。全社の実績がいい場合は、期末に賞与がある場合あり。昨年は10万円で、同じ職種の先輩に聞くところによると過去最高額だったとのこと。

(3)退職金、定年について
退職金制度あり。正社員勤続3年以降、年間12万円。定年は60歳。再雇用制度はなし。

(4)実家について
将来的に実家に戻る可能性はあるが、両親が元気なうちは戻らない。また、田畑や家屋は相談者が相続する予定。

(5)生活の楽しみについて
相談者コメント「週末スポーツのチームに参加していますが、かかるとすればその参加費(数百円~1000円)くらいです。友人とコンサートを開いたりすることもありますが、会場費は参加者で出し合ってこちらも数百円程度です。年に数回地域の奉仕活動で、連休などは子供会のキャンプなどにサポーターとして参加しておりますが、費用は支給されます」

うーん、 月の支出など、僕と被るところもあり、身につまされて読みました。

収入の5割以上が家賃というのが、痛々しい。

生活は、削りようもないほど、質素なもの。

アドバンテージは、実家の家を相続できること。

いずれ実家に戻れば、家賃はなくなります。

週末のスポーツが楽しみとのことなので、

そうした楽しみは、ぜひ、続けてもらいたいと思います。

健康にもいいし、良い仲間に出会えれば、運も向上していきます。

まだ、若いので、素晴らしい男性に巡り合えれば、

そこから、また新たな人生が開けるかもしれません。


で、ここで話が終わったのでは、いまいち。

この女性が劇的に上昇する方法を話します。


まずは、自分を誉めること。

私は、こんなに少ない給料でやりくりして、

貯金までしているのは偉い、と。

事実、この女性は、借金がありません。

これは、彼女に家計管理の能力があることを意味します。

だから、もっと自分を誉める。

そして、こんなけなげに生きている自分が、

幸せになれないのはおかしい、と、自分自身に言い聞かせます。

脳が、そうだ、自分が幸せになれないのはおかしいんだ、と、

本気で思うことができれば、

幸せにならざるを得ない状況を引っ張ってきます。

これには、多少訓練が必要ですが、

この人は、幸せになる権利があるし、

さらに言えば、すべての人が、そうです。





まじめに生きている人が幸せになれないはずがないのですから、

大丈夫ですよ。