3月末にアルバイトを辞めてから、自由時間が増え、

その必然として、自宅で過ごす時間が増えました。


そして思ったのは、住空間の大切さ。
 0-06
まあ、男の独り身にしては、

よく片付けられている家だとは思うのですが、

もっと断捨離したくなり、

さらに何か捨てられるものはないかと物色中。

モノを減らせば減らすほど、

自宅での事故のリスクが減りますからね。


知ってます?

年を取ってからの事故は、

自宅で起こるのが多いのだとか。

僕も一度階段で転び、

危うくけがをしそうになったこともあります。

で、何が言いたいのかというと、

床にいろいろなものが置いてあると、

蹴躓く可能性が高くなる、と。 

モノを持たない暮らしは、

精神衛生上いいだけでなく、

家庭内事故が起きにくくなるのです。


それと、僕は数年前から、

家具などはキャスター付きのものに買い替えています。

これは、家具の移動も、年を取るほどに大変になるから。

キャスター付きだと、その辺が楽だし、

気分転換もしやすい、と。


今、このブログ記事も、

そうしたキャスター付きの家具の上で、立ったまま書いています。

座ってばかりだと、腰に来るのですよ。

家の中であっても、工夫しながら暮らさないと、ね。



おうちが大好きな、僕なのでスタ。