僕は、60歳を過ぎた今も、住宅ローンを支払い中なので、

どうしても、自分と似た属性の人の人生相談には、目が行きます。

今日言及する人は、属性的にはそう近くもないのですが、

住宅ローンがかなり深刻なので、他人事ながら、心配した次第。

◇相談者
「きみりん」さん(仮名)
男性/59歳/会社員
東京都/持ち家・マンション



◇家族構成
妻(55歳/主婦)、長女(18歳)


◇相談内容

毎月3万円ほど赤字です。これまで貯金でまかなっていたのですが、長女の大学資金でそれもなくなります。


先日、携帯料金とクレジットの支払い分が残高不足で引き落とされず、滞納通知が届きました。マンションのローンは2000万円も残っています。最近は、残業がなくなりました。



私は今年10月に定年です。再雇用で5年間働きたいと考えていますが、それでも今後、どうやって暮らしていけばよいか、途方にくれています。また、退職金と企業年金の一括取得で、住宅ローンの繰上返済も考えていますが、どの程度すればいでしょうか。



うーん、 僕も人のことは言えないのですが、59歳で、残債が、2000万円はきつい。

大学に入った長女も、今だとおそらくコロナで、ろくに大学にも通えていない可能性もあり、

そもそも、大学へ行くリターンも未知数。

ただ、この後、よく見ると、

定年と定年後の収入
退職金/1570万円(今年11月支給)、企業年金/978万円(一括支給の場合)、再雇用後の給与・ボーナス/現在の60%程度


と、あり、ダイジョブじゃね、と思いましたよ。

今時、退職金がそれだけもらえて、

さらに企業年金の一括支給をゲットすれば、

それで、残債は全部クリアになるじゃん、と。

何だよ、心配して損したな、と。

これだから、よく、

相談内容は、見て見ないとわからないよね、

という話でした。


話は変わりますが、

昨日、たまたま嵐の大野君の映画を見たのですが、

忍者ものでした。



忍びの国、という映画で、カムイではないのですが、

なかなか見事な剣捌きでした。