今は、70歳定年制への移行期ですが、

これは、まだ、踏み台。

国は、いずれは75歳定年制へと考えているようなのです。

IMG20210707130059

その背後に横たわるのが、人生100年時代。

確かに100年というスパンで人生を見ると、

60歳などは中年後期。

昔は60歳で定年だったんだよね、

なんていう会話が聞こえてきそうです。


それより前は、55歳で定年となった人もいました。

国鉄に勤めていた人などは、55歳で定年となり、

今で言えば、アーリーリタイアですが、

そのまま、100歳まで生きたら、

この人の自由時間は45年。

もう本当に、人生を2度生きる感じ。

しかも後半の人生は、

ゆるぎないベーシックインカム付き。


話を戻すと、60歳などは中年後期となるので、

ああ、まだ定年まではあと15年もあるのか、

なんていう感じになるのかもしれません。


で、75歳で定年を迎えた人には、

その後5年間はさらに働く意思があれば雇用継続。 

そして、年金は、80歳から支給。

まあ、さすがにそれではというので、

年金は75歳から貰えるのではないでしょうかね。


で、なんでこんなことを政府が考えているのかというと、

みんなが75歳まで働けば、

日本の労働人口が維持できるからなのですよ。

ただ、この施策の弱点は、

よろよろの労働者の占める割合が多くなること。

軍隊で言えば、動きのわるい老兵ばかりなので、

動きが鈍いこと。

機動力もないので、

頭数だけを揃えたよわっちい軍隊、

ということになりますね。



昔の年寄りと今の年寄りを比べても、詮無きこと。

そして未来の年寄りは、どうなるのでしょうね。