昨日の記事で、

本当の自由時間はリタイアした後にしかない、

と言ったのですが、それは、

まったく働かない暮らしのことを、

言ったものではありません。

現に僕も、

自分に合った良いアルバイトがあれば、

したいと思っています。

そうした仕事であれば、

むしろ気分転換にもなり、

同時に多少なりともお金も入るし、

いいことだらけ。

正社員の頃と違い、アルバイトを離れたら、

サクッと私生活に入れます。

つまり、自由時間が侵食されない、ということ。


さて、今日は、

そうしたアルバイトもうまく取り入れながら、

いかに経済的に枯渇せずに楽しく生き抜くかを、

考えてみたいと思います。


その際、定年退職後の平均余命、というのが、

老後を乗り切るうえでの参考になると、思っています。

あとは、家系的な病気や、

体質、寿命、なども参考になるでしょうね。

僕の場合だと、実母は早くに無くしましたが、

父は、89歳まで生き、

最後は、老衰で、自宅で息を引き取りました。

僕は、父の寿命を参考にして、

自分が、90歳まで生きた場合を想定して、

老後生活を考えています。

そうした中、ネットで見た記事が以下のもの。


「老い先短いのでリスクを取った運用はせずに、安全な預貯金で大事な資産を守ることに専念したほうがよい」というのがこれまでの通説だったように思います。この考えは昭和ならば通用したかもしれませんが、令和のいまは全く異なる状況になっています。 なぜならば、寿命が延びて老後の人生が長くなっているにもかかわらず、公的年金の給付額は減少しているからです。 まず、長寿化についてみると、約40年前の昭和55年では65歳時点の男性の平均余命が14.56年、女性が17.68年でしたので老後は20年にも満たなかったのです。それが令和元年になると、65歳時点の平均余命は男性が19.83年、女性が24.68年となり、男性は5年、女性はなんと7年も伸びました。 そして幸か不幸か、寿命は将来もどんどん長くなっていきます。当たり前ですが老後が長くなれば、その分のお金が必要になります。 一方、公的年金の給付額については、2004年に導入された「マクロ経済スライド」により、実質的な給付額は徐々に引き下げられる予定です。


例によって、長くなるので、一部抜粋にとどめますが、

記事は、お決まりのように、

だから資産運用をしましょう、と言っています。

まあ、その記事は、

何か特定の金融商品に誘導するようなものではなく、

ある程度投資の知識があれば当たり前のような内容でした。

IMG20210528104637

で、自分のことに話を戻すと、

年金支給まではまだ間があり、

なおかつ、住宅ローンを抱えているので、

何とか低空飛行で落下しない程度に、

生きて行ければと、思っています。


あとは、孤独に強くなることがキモ。

孤独に弱い人は、

散財へと絡め取られるリスクが、

高くなりますからね。



みんな、死ぬときは、一人ですからね。