関東地方は、今日は朝から冷たい雨。

そして今日は、勤労感謝の日。

休みの人も、多いのではないでしょうか。


週の真ん中の水曜日。

この辺りに休日があると楽になるよね、

と思っている人も多いはず。


こんな冷たい雨の日に出勤せずに済んでよかった、

そんな勤労感謝の日ですが、

正規非正規を問わず、

会社員生活は長い、と。


世の中は、

いろいろなコンテンツであふれていますが、

実は、

自分の生き方こそが、

最大のコンテンツ。


人生で、

最大にもったいないことは、

自分に与えられたギフトを活かさないこと。 


そして、

誰にでも例外なく与えられている最大のギフト、

それは、時間、です。


以下は、深沢七郎のエッセイ「かけすぎる生活費」からの抜粋。


私は、人間は三日くらい働いて、あと十日くらいはぼーっとしているのがいいと思う。そのためには、生活程度を下げなければならない。贅沢をしてはだめだ。五万円する立派な背広を着るか、それとも二千五百円のジャンパーにするか、というとき、私なら五万円の背広など肩が張って仕方がないから、そんなものを買うためにゼニをかせごうという気が起きないから、ジャンパーにする。

(中略)そんなことを言うけど、生活費がかかるんだ、だから働かなければならぬのだ、とぐち混じりに言う人が居る。かかるのではなく、かけるのでは、という気がする。

日本人は働き過ぎだ。そして、働いてばかをみているのが日本人である。楽しむのを忘れ、また蒸しされて働いてきた。忙しく働くのがあたりまえ、という考えがつづいてきた。遊ぶことは悪いこと、働く以外のことをしていると悪いこと、と白い目で見られる風潮の中で育ってきた。ばかばかしことである。

働かぬ人間を、「怠け者だ、けしからん」ときめつけることは出来ない。生活の程度を低くして働かぬ、ということはきびしいことなのだ。働くものを、「えらいやつだ」ときめこむことも出来ない。生活程度を上げるために働くならばかばかしいことだ。


うーん、1967年に書かれたエッセイにしては、

今の時代にも通用するかも。


あの中国ですら、

寝そべり族が出現しているのですから、

時代は、今、働いたら負け、なのかも。


以下は、吉田兼好の徒然草から。

ありごとくに集まりて、東西にいそぎ、南北にわしる人、高きあり、いやしきあり。老いたるあり、若きあり。行く所あり、帰る家あり。ゆふべねて、あしたに起く。いとなむ所何事ぞや。しやうむさぼり、利をもとめて、む時なし。


うーん、まさに、現代サラリーマンにも通じる言葉。

b5710da1

皆さん、何をそんなに、

あくせくしているのでしょう。


わかります。

生きるため、

ですよね。


でも、

そもそも生きるとは何なのか、

ここで、

立ち止まって、

考えて、



みませんか?