そもそも、僕は、大学に行ったことがなく、

あ、もちろん、文化祭とかには行ったことはありますよ。

で、そうではなく、大学生という身分だったことがない、という意味。

そのため、アカデミックなことはわからないのですよ。

 IMG20201213130601


で、今日、話題にしたいのが、

助教というのは、食えるのかどうか、ということ。

食える、、つまり、生活していけるのか、ということ。

ときどき、高学歴でありながらプアな人がいるというのを聞き、

せっかく大学まで行き、さらには、大学院にまで行ったりしながら、

食えないんじゃ、コスパ悪すぎじゃね、と。


で、なんで、こんなことを言い出したかというと、

僕が昔知り合いだった人が、助教だとかで、

そもそも、僕は助教が何かを知らず、

一応ググっては見たのですが、いまひとつわからず。

だいたい、そもそも大学に行っていないので、

大学の仕組み自体が、リアルにはわからないのですよ。

何かの研究に没頭したりするというのは、

それなりに幸せなのだとは思いますが、

人間は食べて行かないといけないわけで、

まあ、その辺のことが気になった、

というだけの話でした。


ただ、学歴がどうであろうと、

今の仕事が何であろうと、

今、自分がいる場所こそが、

自分の選択の結果。


今自分の置かれている状況を、

そのすべてを、自己責任として、

自覚し、感じられる人だけが、

どんどん発展し、伸びていくのが、風の時代。


 まあ、放浪していると、

いろいろな人と知り合いになったりしますが、





今は、風の時代なので、

助教になったその人にも、

いい風が吹くといいな、と、思っています。