年齢に関係なく、健康が幸福の基本。

ただ、例外的に、非常に悟りの高い人の中には、病になっても幸福を維持できる人がいます。

まあ、こうした人は本当にごく少数なので、僕も含めた大半の凡人は、まずは健康が確保され、そのうえで経済の安定があれば、まずは一安心、なのではないでしょうか。

その基盤があった上で、さらには快適な人間関係があればなお良し。

今回ネットで見たのは、47歳の女性の話。

 0-78

▼相談者

ふあんさん(仮名)
女性/公務員/47歳
奈良県/賃貸住宅

▼家族構成

独身、一人暮らし

▼相談内容

独身で、持ち家もないことを考えると、将来のことがいつも漠然と不安です。精神疾患の持病があり、薬を服用しながら、仕事をしています。

老後に向けて、60歳までに3000万円(貯蓄と個人年金)の貯蓄目標を立てていますが、何かと支出が増え、毎月約2万円の赤字に……。楽しみが減りますが、削れるところは削りたいです。

好きな旅行もあきらめました。保険の見直しもしたいと思っています。お金の問題がある程度クリアになったら、気持ちも楽になるかと思います。



20201130-00027274-argent-001-1-view



退職金は1600万円程度。また、退職を機に1500万円程度の中古マンションを一括払いで購入したいと考えている。購入後、生活費は16万円程度には抑えられるとのこと。

精神疾患を患っているため。ストレスを感じやすく、体力もあるほうではない。ただし、収入がなくなるのは心配。ちなみに、職場には再雇用制度(65歳まで)あり。

母(79歳)とも、同じ市内に住む下の妹とも関係は良好。母は今は元気だが、何かあったら基本的には介護も含め、協力して面倒をみることになる。ただし、自分が母と同居する可能性は低い。


うーん、 公務員だけあって、お給料も高いし、何の問題もないように思うのは僕だけでしょうか。

僕のアルバイト先では、非正規で、手取り15万円くらいで働いている若い人が多いので、この、ふあんさんなどは、経済的には恵まれていると思いますよ。

ただ、ストレスを感じやすいとのことなので、その辺が健康にも影響しているのかもしれません。





好きな旅行もあきらめました、と言っていますが、好きなことや夢はあきらめないでほしいですね。