僕は現在、61歳なので、まだ恵まれていた世代、かもしれません。

それでも、僕の先輩たちのように、60歳から、満額の年金がもらえるのではなく、満額もらえるのは、65歳から。

その満額も、10万円に届かないのですが、もうあと何年か早く生まれていれば、少ないとは言え、今はもう年金がもらえていたはずの年齢なのですねえ。

b0098584_17142952

でも、僕は、今の働き盛りの人のほうが、よっぽど気の毒です。

以下は、キャリコネからの抜粋。

都内で派遣社員をする女性の月収は28万円。会社について「昇給もボーナスも退職金もありません」という。また3か月更新のため「いつ派遣切りされるかわかりません」と厳しい現状を綴る。

勤務状況は8時~19時の週5日、週末は「疲れて動けません」という状態だ。女性は「こんな生活を、いつまで続けられるのか不安です」とこぼしている。

広島県の男性は、危険物製造会社に勤務。平均月収は25万円だ。季節によって仕事量が変動し、人員不足の穴埋めで月に80時間以上の残業がある繁忙期では月収35万円となる。一方、閑散期は20万円以下まで減る。会社について「新人を採用しても試用期間に辞めていきます」と切り出す。

勤続年数を重ねていると、入社時より収入が下がるということは考えにくい。ところが長野県の男性(メーカー系/月収18万円)は「ここ20年以上は横ばい」といい、

「高卒で社会人になった頃と比べると年収は下がっている。入社当社はまだ携帯などもなく、そうした出費を含めると実質的に使える額が減少している」

という。



うーん、一番お金が必要な働き盛りの人たちに満足な給料が渡せないようでは、日本はどうなってしまうのでしょう。

これでは、ますます少子化に拍車がかかってしまいますよ。

子供のいないお前が言うな、と言われそうですが、人口が減っても付加価値を生めるような社会になるといいですね。

そのためには、大きなイノベーションが必要なのですが。