世の中には、お金の好きな人が多いようで、僕も、好きっちゃ好きですが、そこは、程度の問題。

生活できるだけのお金、さえ確保されていれば、あとは余剰資金。

 b0098584_2032914

今は、働いていないうえに、年金もまだもらっていないので、余剰資金の生れる状況にはありませんが、少ない年金、でも、もらえるようになれば、今のままだと、少しずつ、お金が余りだすのではないか、と思っています。

63歳から、月5万円ほど(正確には4万円台後半)、65歳からは、9万円ほど(正確には9万円台前半)くらいの年金がもらえるのですが、僕は今、61歳なので、もらえるまでは、あと2年弱。

で、それまでは、どうにかこうにか、生き延びられるだけのお金の計算をしておけば、後は野となれ山となれ。

まあ、他人様から見れば、かなり低空飛行の人生ではありますが、僕は、実質を、見ています。

 老後2000万円問題は、実体のないただの数字、です。

その数字幻想にまどわされて右往左往するのは、自分の足元が見えていないから、です。

他人の人生を生きているのではないし、世間の常識を生きているのではないのですよ。

誰しもが、自分の人生を生きているのですよ。

その自分、が、主体となって、いくらあれば足りるのか、は、自分で決定し、知っていればいいだけ、なのですよ。

お金は、使い勝手のいい道具ではありますが、あくまでも、この世を生き抜くツールの一つ。

ツールばっかりそろえて、肝心の自分の足腰が弱い人が大勢いるように思えてなりません。