今でもまだ、多くの会社が60歳が定年なのでしょうか。

まあ僕は、60を待たずして介護離職し、今はその介護も終え、一人暮らしなので、会社員生活から離れて久しいのですよ。 

go toトラベルキャンペーンも、久しぶりに遠出を、とも思ったのですが、何か、近場をうろつくだけで満足している自分がいます。

千里同風。

まあ、どこに行っても、そこには人間がいて、人の暮らしがある、と。

それを、確認しに行くようなものです。

昨日は、隣接する鳩山町で、40度越えをしたと、ニュースでやっていました。

で、昨日は、タクシードライバーのMさんの誘いで、都幾川町の川原に、行きました。

ボストンテリアのマイティとトイプードルのレオンが泳ぐところを、写真に撮りたかったようです。

僕は、Mさんの指示に従って、犬を移動させたりしていました。

ただ、マイティは1歳で元気溌剌ですが、レオンは13歳で、もう壮年犬。

なかなか同じようには泳いでくれません。

濡れてもいい格好で来てくださいと言われていたので、海水パンツになって、川に入りました。

撮影となると、Mさんが、ものすごい集中力を発揮することを知っている僕としては、アシスタントに徹したのですが、良い写真を撮りたい情熱ゆえでしょうか、Mさんも川の中に入ったときに、レオンが流され、それを掬い取ると同時にカメラも持っていたためか、水の中に倒れこんでしまいました。

川から上がって、長い時間、カメラをいろいろ確認していましたが、どうやら、だめになってしまったらしく、その後、カメラのキタムラに行くとかで、午後3時ごろには切り上げました。

カメラとレンズを買い替えることになると、かなりの金額になる、と、言っていました。

犬とカメラが、Mさんの生きがいであることはわかっているので、なるべく壊れていなければよいのに、と思った次第。

さて、僕は、この5月に、アルバイトを辞めて、経済的自粛生活を送っていますが、快適そのものです。

実は、あのままアルバイトをしていたら、昨日、11日は、夏休み明けの初日だったのですよ。

会社が、東京オリンピックに合わせて、例年とは違う日程で、1日から10日までを、夏休みにしていたのです。

すると昨日は夏休み明けの午後勤務ということになり、猛暑の中の作業となったのは必定。

2040022

うーん、辞めてよかったアルバイト。

60歳を過ぎたら、無理をせずに、小さく暮らすことが肝要だと、改めて思いました。