ネットを徘徊していたら、将来貰える年金額が、僕とほぼ同じ額の50代の女性の記事を見つけました。

この女性が65歳から貰える年金額は、年額で117万円。

僕の場合は、118万円。

その差、わずかに1万円。

 b0098584_1923831

さらに言うと、一人暮らしである点、預貯金の額も同じようなもの、で、興味深く眺めましたよ。


相談者

うさぎさん
女性/会社員/56歳
持ち家(一戸建て)

家族構成

ひとり暮らし

相談内容

ひとり暮らしなので老後の生活が心配です。平日はフルタイムの仕事をして、土日は短時間ですがアルバイトをしています。持病がありますので定年の61歳まではフルタイムで働くつもりですが、再雇用されても65歳までフルタイムで働く自信がありません

アルバイトは長く続けたいと思っています。ペットは高齢なので病院代など出費がかさみます。半年前からつみたてNISAを毎月1万円しています。貯金は国債を購入しています。毎月3万円の貯金を目標にして、ボーナスと合わせて年末に国債を購入しようと計画しています。

貯蓄と投資のバランスはこのままで大丈夫でしょうか? あまり贅沢はしていないつもりですが、毎月の貯蓄額をもう少し増やす努力をした方がいいでしょうか?


 unnamed

家計収支データの補足

(1)収入について
フルタイム収入13万円、アルバイト収入2万円。正社員ですが、月によって多少増減があります。アルバイトも多少増減有りです。

(2)ボーナスの使い道について
昨年は、お気に入りのブランド洋服代5万円、暖房器具2台購入10万円、友達との忘年会1万円、貯蓄5万円

(3)家計収支について
収支の差額は、NHK受信料や貯金、交際費、化粧品代、洋服・靴代、美容院代などです。固定資産税年4期支払い、火災保険料年1回支払いもあります。

(4)住居費について
固定資産税は年間1万6000円ほどなので、4期にわけて支払い。

(5)自動車について
車両費の内訳は、ガソリン代7000円、車検用積立4000円(2年間積立て支払い)、自動車保険2700円。車の買い換えは65歳を予定しています。軽自動車で250万円程度と考えています(退職金を車の購入費の一部にしようと考えています)。

(6)加入保険について
本人/生命保険(掛け捨てタイプ、死亡保障50万円、入院日額6000円、通院日額2000円)=毎月の保険料1600円

(7)退職金、公的年金について
退職金の金額はハッキリわかりませんが150万円程度だと思います。公的年金は63歳から年額36万2000円65歳から年額117万4000円


うーん、 これに対するFPのアドバイスは以下の3つ。

アドバイス1:報酬比例部分の年金が受給できる63歳まで働く
アドバイス2:バイトを長く続けるのはGOOD。月5万円の収入があれば安心
アドバイス3:資産に占める国債の割合を減らし、5年間は定期預金などで貯める

うーん、報酬比例部分の年金が受給できる年齢まで、僕と同じ。

これは、男女差によるもので、僕の同級生の女子は、すでに60歳から貰っています。

男女で、5年のズレがあるのですね。

僕はだいたい月6万円ほどで暮らしているのに対し、この女性は10万円ほど。

ペット費の2万円は、ワンコかニャンコでしょうか。

56歳と言うと、体力の衰えを感じ始めているのでしょうね。

それで、65歳までフルタイムで働くことに不安を覚えているのでしょう。

持ち家で、固定資産税も安いので、この堅実な暮らしぶりであれば、老後は十分乗り切れるのではないでしょうか。

ただ、少し心配があるとすれば、働き過ぎじゃね、と、いうこと。

平日はフルタイムで働き、土日もアルバイト、そのうえ持病があるというのですから、無理は禁物ですよ。

お金よりも、健康、ですよ。

年金受給予想額にせよ、預貯金などにせよ、僕と、状況がよく似ているので、びっくりした次第。

ただ、違いがあるのは、僕はまだ住宅ローンを支払い中であることと、僕のほうが、生活費が低く済んでいる点。

家計の状況が自分と似ている人のものを見ると、応援したくなります。