21日の退職時に思いがけなくいただいた花を二つに分け、一つは仏前に、そしてもう一つは、2階の廊下に飾ってみました。

IMG_3322

そして、別の角度から見ると、こんな感じです。

IMG_3330

で、花を見ていたら、ラブソングが聴きたくなったのですよ。

ラブソングっていつのよ?

まあ、僕がアップするんですから古いのが多いですよね。




うーん、ハミルトン、ジョーフランク&レイノルズ。 よく、聴いていましたねえ、懐かしい。

お次はもちっと古くなりますけど、よろしく、といういことで、




うーん、この映画の主演は、マーク・レスターとトレーシー・ハイドですね。




歌っているのはエマニエル坊やじゃなくて、ポール・マッカートニーですからね。




うーん、 スティービーワンダーは、ラブソングが多いので、迷いまっせ。




うーん、素顔のままで、は、カラオケで僕が歌う18番。




うーん、シカゴもずいぶん聴きましたけど、これにしてみました。


何だよ、歌ってんのは野郎ばっかりじゃねえかよ、と言う御仁のために、ノラ・ジョーンズなんか、どうよ、ということで、



後半の、ある部分を、ちょっと意訳してみますね。

Out across the endless sea 
I would die in ecstacy
But I'll be a bag of bones
Driving down the road alone
My heart is drenched in wine
But you'll be on my mind forever

果てしない海のかなたで
快楽に溺れることもできたけど
私は一人の人生を選んで骨になるだけ
心をワイン漬けにしても
あなたをいつまでも忘れることはできないわ


うーん、別れのつらさは、誰もが経験しているだけに共感を呼ぶのかもしれません。


 

うーん、まあ、これも、広い意味でのラブソングということで。まあ、僕世代の人には懐かしいかな、と、思って。




うーん、幸せは、自分の物差しで、計らないとねえ。




うーん、なんでボヘミアンラプソディーがラブソングなのよって、声が聞こえてきそうですが、やっぱ、これは深いラブソングだと思いますよ。

Bismillah や Beelzebub などの、馴染みのない言葉が出てきたり、スカラムーシュやファンダンゴ、フィガロなどの、オペラ関係の単語も出てきて、当時高校生だった僕は、何だこの展開と世界観は、と、なったわけです。

確か、1975年の曲なので、僕は16歳で、ツェッペリン、ピンクフロイド、クィーンと、ブリティッシュロックにドハマりしていたころを、いやがうえにも思いださせる曲。


若い人にはわかりづらい選曲ばかりで、すいませんです。