圧倒的な神の公平さ、という記事に対していただいた、寄る辺なき子さんからのコメントを読み、8年前の自分、というものを考え直してみました。

まず、はじめに断っておきますが、その記事は、特定の宗教団体の信者に対して呼びかけたのではなく、所謂新興宗教、おもに、戦後、勃興してきたものですが、新興宗教一般の信者の方を念頭において、呼びかけたものです。

実は、既成のキリスト教会などにこそ、僕は言いたいことが多くあるのですが、それは横に置き、問題のある新興宗教、あるいは、さらに悪質なカルト宗教といったものも、僕は数多く知っており、数か月前も、飯能の駅前で、日蓮系のカルト教団の信者さんからチラシのようなものをもらいました。

そのご婦人は、血走った眼で、日本の危機を訴えていましたが、その攻撃的なまでの熱心さに、かつての自分を見るようでもありました。

さて、コメントから読み取るに、寄る辺なき子さんは、かなり信仰歴の長い女性会員ではないかと、思いました。最初の太陽の法、をきっかけとして入信された、とのことですからね。

僕が、幸福の科学の会員であった年数は18年弱。そのうち、熱心な活動会員だった時期は、その半分ほどの年数かと、思います。 


今でも、思いだすのは、幸福実現党を結党し、最初は、饗庭さんという人が党首でしたが、すぐに、大川氏の夫人、大川きょう子さんが党首となり、そのポスターを貼って回ったことです。

僕の親友のAさんと一緒に、Aさんの車で、いろいろな家や店を個別伺いし、ポスターを貼らせてもらう許可を得て、貼ったのを覚えています。

当時、大川きょう子さんは、僕たち信者にとっては雲の上の人で、過去世は、ナイチンゲール、文殊菩薩、アフロディーテと、されていました。

僕は、そのような偉大な過去世を持つ総裁補佐(きょう子さんのことをそう呼んでいました)が党首であれば、当選は間違いないだろう、とは思いつつも、選挙はまた、そう簡単ではないかもしれない、と、不安も入り混じった心持でした。

僕は、どちらかと言うと、思い込みが激しいほうで、それに対し、Aさんの優れたところは、冷静に状況分析ができるところでした。感情に流されて突っ走るタイプの僕と、沈着冷静なAさんは、良いコンビだったと思います。

このまま書いていると、選挙のことだけで長くなりそうで、キリがないですね。

少し、先を急ぎましょう。

        b0098584_07574682

鳴り物入りで党首になった大川きょう子さんでしたが、その後、また党首が変わるなどして二転三転。

で、いろいろあり、きょう子さんは、その後、教団を追放され、過去世も変更されたのは、寄る辺なき子さんも、ご存知の通りです。

太陽の法の書き換えのことを言っておられましたが、また、最近、新装版になったということでしょうか。

僕の記憶にある太陽の法ですと、文殊よ文殊、と言って、過去世も妻であった、きょう子さんに呼び掛けていた場面があったように思います。

また、古い会員さんであれば知っているかと思いますが、大川さんが、妻のきょう子さんと、古代インド語で、語り合うテープも聞いたことがあります。

映画に目を転じれば、太陽黄金永遠の法、いずれの映画でも、きょう子さんは救世主を支える女神的存在であり、まさに、神の如き霊格を備えた方、と、教えられておりましたね。

それが、離婚と同時に、それらの過去世は間違いであり、裏切りのユダとしての、過去世に変更されると同時に、連日、元妻への悪口雑言の法話を聴かされる日々。

村田堅信さんという幹部職員が支部にまで来て、きょう子さんの日頃の悪行ぶりを暴露していました。そうした幹部の方々は、その少し前までは、きょう子さんを褒めたたえていた人たちです。

その離婚騒動のあたりから、僕の理性は次第に耐えられなくなり、主の深いお考え、という印籠だけでは、自分を納得させられなくなり、生木を裂かれる思いで、大川隆法という人の発言と行い、そして彼の、これまでの書籍だけでなく、テープやDVDなどを、丁寧に、検証していきました。

たとえば、ムーやアトランティス、レムリアなどに代表される古代大陸について、検証するうちに、膨大な物証と科学的見地により、そうしたものは存在する余地がまったくないことがわかりました。

たとえば、映画、太陽の法でムー大陸があったと描かれていたあたりの海底だけでなく、太平洋そのものが、深海堆積物に覆われており、一度たりとも陸化した形跡がないことが、現在では明らかになっています。

検証をさらに進めていくと、大川さんの説くそうした荒唐無稽の話には、そのほとんどに、ベースとなる元ネタがあることも、次第に見えてきました。

当時、まだ、できれば会員でありたかった僕にとって、次々と明らかになる内容は、目をそむけたくなるようなものばかりでした。

しかし、そうした事実とは裏腹に、僕には、まだ、幸福の科学の正当性に縋り付く根拠がありました。

それは、幸福の科学の精舎などで体験する霊的な感覚、や、神秘体験、です。光の感覚、というものですね。

それらの霊的な光を感じる感覚があること、それこそが、僕にとっては、幸福の科学の正当性を示唆するもの、だったのです。

目の前に並べられた数々の矛盾も、自分がじかに体験した神秘体験、光の感覚の前では、太陽に溶かされる氷のように消えていき、やはり主の教え、古代大陸や家族の不和などの矛盾はあるにせよ、心の教えは正しいし、何よりも、自分が体験した光の感覚は、紛れもなく、これが本物だと伝えている、との結論に至り、また、安心感が回復して会員を続ける、などの揺れ戻しを何度か体験しながら、の、3年間でした。

そして、その3年間は、そうした、自分のレゾンデートル喪失の恐れと闘いながらの検証時間であり、勇気をもって、不都合な真実と向き合った時間でした。

すいません、とても、一回の記事で書き切れるものではないようです。

今回は、長くなってしまったので、次回、続きを書きますが、寄る辺なき子さんに言いたいことは、おそらく退会後もしばらくは心が安定しない日々が続くと思いますが、僕自身、自分の理性を押し殺していた日々に比べれば、その100倍も、今のほうが心に安らぎがあります


今回だけで書き切れず、収拾がつかなくなりましたが、まだまだ寄る辺なき子さんに伝えておきたいことがありますので、もうしばらく、お待ちいただければ、と、思っています。