僕は、年金受給まではまだ少しありますが、日々、老後生活のシミュレーションをしています。

そうした中、年金を月に28万円ももらっていながら生活が苦しいという人の記事を見つけました。

そして、内容を見て、確かに、それでは大変だろうと思ったのですね。


東京都内在住の男性会社員Dさん(44歳)には、特別養護老人ホーム(特養)で暮らす要介護5の母親(80歳)がいます。費用の安い特別養護老人ホームに入所するために、2010年から4年も待機し、2014年にようやく入所できました。

 

しかし2015年4月の介護保険制度の改正をきっかけに、特別養護老人ホームからの請求額が食事や部屋代、介護保険の自己負担分を含めて、月額約8万円から約17万円へと突然跳ね上がったのです。

 

両親の年金収入は月額約28万円ありますが、実家の借地料(月8万円)と、その実家でひとり暮らしをする父親の生活費や医療費などの支払いがあるので到底足りず、Dさんが毎月4万円の仕送りをしているものの、状況は厳しくなったそうです。


Dさん自身も住宅ローンや子どもの教育費を抱えており、仕送りだけでも大変です。自治体の生活相談窓口に相談したところ、「国にはもう財源がないから」と担当職員から在宅介護を勧められました。



うーん、 これは確かに大変だと思うのは、下手に年金が多いために、自己負担分が跳ね上がったこと。

このように、一方的な法改正というルール変更により、窮地に立たされる高齢者は、今後も、増えるかもしれません。


さらにもう一点、僕が気になったのは、借地権の8万円の出費。

土地を借りているだけで、こんな金額が年金から差っ引かれたら、それは、苦しいですよね。


28万円から8万円と、17万円を引いたら、残りは3万円。

0-07

息子の仕送りを足しても、7万円。

これで、東京で生きていくのは、大変です。


うーん、上っ面の年金額だけでは、単純な比較はできない、と、いうことですね。