昨日は、ピオニウォークに行く途中、餃子の満州に、立ち寄って、モヤシそばを食べました。

ほぼ、11時の開店直後に行ったのですが、満席。

新宿で働いていたころは、24時間の勤務明けに、良く、都内をぶらぶらしたり、時には、横浜のほうまで行きましたが、中華街も、ずいぶん食べ歩きしましたが、結局僕は、麺類では、餃子の満州の、素朴なもやしソバが一番好きかもしれないなあ、と、思いました。

作っている人も、別に、普通の若者や主婦みたいな、人。

でも、彼らが作るもやしソバが、なぜか一番うまい、と感じます。

さて、それはそうと、ピオニウォークに行ったのは久しぶり。

別段、何の用事があるわけでもなかったのですが、 昨年の、台風19号で水没して以来、初めて。

また、元の活気を取り戻し、普通に営業していました。

ただ、コロナの影響で、いくつかの飲食店は閉まっていました。


台風もあれば、地震もあり、今は、感染症の被害が広がっていますが、絶えず、諸々の事象というのは起こり、去っていきます。


僕は、もうすぐアルバイトを辞める予定ですが、あ、アルバイトと言えば、今月から、また午前勤務。

朝、早く起きねば、という緊張からか、5時に起きてしまい、そのため、今、こうしてブログを書いているのですが、まあ、大体いつごろ、辞表を出すかは、自分の中では決めています。

もう、退きたいの、です。

いろいろなものから、退いて、いきたい。

退くことで、見えてくるものが、ある、と、思っているから。

幸い、少ない生活費でやりくりできるから、まあ、辞めることも可能なのですが、いい時代に生まれたと、思っています。


時間に縛られない生活になれば、時間を気にせず、本が読めるし、野山を歩くこともできます。

昨日も、別段、ピオニウォークに何かの用事があったわけではなく、突然、行こうと思い立ったのですが、それは一つには、母が生きていたころ、高坂の気功整体に送り届けて、その待ち時間に、だいたいピオニウォークに行くか、ケーズデンキに行くか、していたからなのですね。

で、ピオニウォークをぶらついた後は、蔦屋書店に行き、椅子に座って読書。

その後カインズで買い物をし、もう一か所、行く予定にしていた場所があったのですが、何やら疲れが出て、そのまま、鳩山方面に回り込みながら、遠回りになりますが、ライフで買い物をして帰りました。

この世界から、可能な限り退いて、諸々の事象を眺めていきたいと、思っています。