老後生活が長くなる人もいれば、あっさりとあの世に行く人もいます。

で、問題なのは、寿命が、誰にもわからない、ということ。

これさえ分かれば、それに合わせたライフプランも立てられようというモノ。

それがわからないので、平均寿命を頼って見たり、自分の家系、長生きの家系か短命の家系なのか、など、を、参考にしてみたりして、予想したりしているわけです。

以下は、ライフ&マネーの記事からの抜粋。

男女共にお一人様高齢者は増加の一途ですが、例えば1980年では男性が約19万人で女性が約69万人という数字でしたので高齢者が人口に占める割合としては男性4.3%で女性11.2%でした。しかし、内閣府の2016年高齢者の経済・生活環境の調査結果によれば、2010年には男性が約139万人で女性が約341万人となっていますので、ここ30年間で約2倍に増加していることになります。

そこで2017年版高齢社会白書(内閣府)を見ると、家庭にゆとりがあると答えた世帯はわずか8.7%で、ゆとりはないが何とか暮らしているが21.7%で、ゆとりがなく心配と答えた世帯は34.8%となっています。この事から7割近いお一人さま高齢者は苦しい生活を送っている現実がわかります。


で、家庭にゆとりがある、は、家計にゆとりがある、の間違えじゃね、と思うのですが、まあ、直さずにそのまま抜粋しました。

問題は、7割近い人が、生活が苦しい、と言っているのですが、こういうのって、主観で、変わると思うのですよ。


僕なんかだったら、月10万円以下の暮らしでも、たぶん、苦しいとは言わないし、思いもしないと思います。


月20万円の年金をもらっていても、苦しいと文句を言う人もいるので、主観的な言葉は、あまりあてにならないのですね。

それよりも、自分だったら、いくらあれば、生活が成り立つのかを知って、足ることを知って生きれば、今の時代は、ネットもあるし、かなり楽しく暮らせるの思うのですが、楽しいかどうかは、自分が判断することなので、何とも言えませんね。