これは、昨年他界した母が、ときどき言っていた言葉です。

稼いでいれば、貧乏にはならない、というシンプルな言葉ですが、稼ぐとはつまり、キャッシュフローのこと。

老後に2000万円必要との、今、独り歩きしている都市伝説は、ストックのこと。

フローとストック、どちらも大事です。

で、年金は、フロー。

このフローが先細りしているとのコンセンサス。

ただ、必要なフローの額は、人それぞれ。

そのフローが先細りならば、ほそいフローで生きられる術を身につけることも、生き残り戦術の一つ。


それには、自分にとっての無駄を省くこと。

何が無駄で何が必要かは、人それぞれ。

それは、自分で決めること。


さて、今月は、午前勤務の月なので、6時過ぎには家を出ます。

アルバイトに行ってきます。

これぞまさに、稼ぐに追いつく貧乏なし、そのもの。


話は変わりますが、6月の外食。

寿司店でのランチが4回、いきなりステーキでのランチ1回、ステーキのどんのランチ1回、ガストのランチ1回、日高屋の中華そばと餃子のセット1回、マックが1回、で、計9回の外食と、相成りました。

まあ、マックは、持ち帰りでしたけどね。


IMG_2275

マックは、楽天ポイントでの支払いなので、現金支出はなし。

では、そろそろ出勤時間が近づいているので、今日は、ここまで。