以前、僕のアルバイト先を、映像付きで紹介しましたが、この時期、蒸し暑い倉庫の中は、要注意。

昨日は、30度で気温はさほどでもなかったのですが、湿度が高く蒸し暑い中での作業。

廃棄物を、黙々と処理しながら、幸福について、考えました。

一か月更新のアルバイトですが、この仕事のおかげで、つつがなく、暮らすことができます。

まずは、そのことへの感謝。

そして、健康で働けていることへの感謝。

天涯孤独のおひとり様は、保証人もおらず、病気をしたら、入院が大変。

まずは、健康が第一。

昨年、一時期、腰痛に悩まされたものの、今は、元気です。

細かいことを言えば、加齢による劣化は、体のどこかしらに出ており、たとえば、両手の中指は、関節が固くなってまっすぐに伸ばすことができません。

つまり、正拳が握れない状態。

正拳を使った空手技はできない状態。

まあ、そもそも、空手を使うことはありませんが。

で、話を戻して、この時期の重大事は、熱中症対策。

今年から、アルバイトにも、塩飴が配給されることになりました。


1516778


昨年は、自分で、梅干を一つか二つ持って行っていました。

まあ、ずっと倉庫内の風の吹かない湿度の高い場所に居続けるわけではなく、苦しくなったら、倉庫からも出られますし、車の運転の仕事もあるので、上手く自分でバランスを取りながら、働いています。

何よりもアルバイトは、しかも僕のような還暦のアルバイトは、正社員に課せられるようなプレッシャーもなく、気楽なものです。これが、最大のアドバンテージ。

そうは言っても、仕事である以上、きついこともあるので、そこは明るく乗り越えることにしています。