人生は基本的には、自分で面白くしない限り、おもしろくならないと思っています。

これは、60年近く生きてきた僕の、現時点での見解です。

だから、他者をあてにしたり、他者に依存して喜びを得るということは、極力排除しています。

そうすれば、被害者意識を持たずに済みますしね。

で、可能であれば、付き合う相手を多少でも尊敬できたらよい、と思っています。

あまり尊敬し過ぎると、別の意味で危ないので。

で、僕がいつも世話になっているAさんなどは、人格的にも尊敬できる部分が多々あり、これはまさに理想的な友人関係です。

長年の付き合いになる友人Oも、尊敬できる部分があり、なかなか大したものだと思っています。

それ以外にも今も付き合いのある人たちというのは、人間的に律儀であったり、視野が広かったりと、それぞれ良い資質を持っている人たちです。

僕は一人でいることが全然寂しいとは思わないので、たぶん友人が一人もいなくても、やっていけると思います。

ただ、自然に知り合いになった人たちというのは、縁のある人たちなので、そのような人たちとの付き合いは、大切にしています。

さて、高杉晋作が言ったように思うのですが、「おもしろきこともなき世をおもしろく」でしたか、まさに僕もそう思います。

何も工夫しなければ、基本、人生はそうおもしろいものではありません。

いや、それどころか、苦しみの連続でしょう。

だからこそ、知恵を使っておもしろくするのです。