今月は午前勤務なので、家を出るのは6時ちょっと過ぎ。まだ、外は暗く、車のフロントガラスも、霜が降りています。

で、職場に着くのは6時35分から40分。

その時タイムカードを押すのですが、時給がカウントされるのは、7時10分から。

これには理由があり、最寄り駅に向かってキャラバンを出発させるのが、7時10分と決まっているからです。

つまり、キャラバンを発車させる時間が、勤務時間のスタートなのです。

ただですね、この時期、車のフロントガラスは霜が張って、それを取るのに時間がかかるし、車に乗る前には、事前点検が義務付けられています。

そのため、時給が発生する30分前には出勤し、霜取りをしたり、エンジンを温めたりしているのですね。

だからこの30分は、サービス残業ならぬ、サービス出勤。

最寄り駅で、社員さんを車に乗せ、無事会社まで届けるのが最初の仕事。

そのあとは、工場から出た廃棄物の仕分けや、北風に吹かれながらの営業車の洗車や、諸々の雑用をします。

12月に腰が痛いときがあり、そのときは作業も辛かったのですが、腰痛もなくなった今は、強い北風さえ吹かなければ、外での作業も辛くはありません。


で、12時20分が作業終了時間で、これ以降にタイムカードを押して帰宅となります。

7時10分始まりで12時20分終了なので、5時間10分ですが、作業中に各自、休み時間をとるように言われています。まあ、その辺はアバウトなのですよ。

今の仕事がいいのは、僕を含めたアルバイトがいずれも高齢者で、無理なことは強要されないところです。

それと、特別なスキルも要りません。

廃棄物の仕分けと言っても、ノルマがあるわけではなく、自分のペースでやればよいのが、助かっています。

まあ、この仕事、長く続けられればいいのですがねえ。

何しろ、一か月ごとの契約なので、毎月雇用契約書にサインと印鑑をします。

まあ、午前勤務のときは朝は早いのですが、午後には家に帰れて、こうしてブログなどもノンビリ書けるので、ありがたい仕事だなあ、と思って感謝しています。