今週は火曜日に発生した腰痛の影響から、いつもよりも一週間が長く感じました。

二足歩行がままならないという初めての事態で、少なくとも割り当てられた労働はこなさねばならず、まるで類人猿のような格好で、のろのろと歩きながら仕事をこなしました。

そこは半日勤務のありがたさで、今月は午後勤務なので、寒い午前中は日当たりの良い部屋でのんびり過ごし、英気を養ってから出勤。

帰りは夜になりますが、風呂に入り、夕食を食べたら、自分次第で好きなときに寝られるところがおひとり様の利点。

できる範囲でストレッチなどもしながら、とにかく自分第一に静養しました。

とは言え、アルバイトは休めませんから夜は早く寝てたっぷり睡眠。

幸い、腰が痛くて眠れないとか、そこまでの状態ではなかったので、眠ることに支障はありませんでした。

そして、腰の状態も薄紙を剥ぐようによくなっていき、水曜日、木曜日と日が進むにつれ、徐々に回復。

で、昨日金曜日は、多少足を引きずりながらも類人猿からは脱出。

そして、今日、土曜日の休日の朝、これを書いています。

倒れ込むようにして辿り着いた休日なので、有難味もひとしお。

また、腰の状態もだいぶ良くなっているので、普通に歩けることの喜びを改めて感じ直しています。


今日はこれから、9時半に予約してある歯医者に行き、そのあとはライフで買い物、あとはゆっくり自宅でくつろぎます。

明日の日曜日美術館は先日回顧展に行ってきた相原求一朗の特集なので、今から楽しみです。NHKは批判も多いのですが、民放にはない良い番組も多いので、受信料の払い甲斐があります。

その少し前の日曜美術館では、松本竣介もやっていました。

松本竣介の絵が見られるのは、群馬県桐生市にある大川美術館なので、僕の家からだと少し距離がありますが、来年あたりは訪れてみたいと思ています。