本来であれば、5月3日が認定日のはずですが、ゴールデンウイークに当たるため、1週間と1日、早い認定日でした。

 ハローワークに着いたのは、お昼過ぎでしたが、閑散としていました。職業相談の職員も、半数ぐらいは暇そうにしていました。

 今回は、認定日が早くなった関係で、支給該当日数は20日です。金額は、11万円ほどになります。今の我が家にとって、この失業給付金は、命綱でもあります。

 両親の年金と、僕が受け取る給付金が、生活費であり、住宅ローン返済の費用でもあります。

 今回は、20日で、11万円ですが、通常支給の、28日分であれば、15万円にはなりますから、正確に言えば、我が家のひと月の家計は、両親の年金、19万円と、僕の失業手当、15万円を合わせた、34万円になります。これだけあれば、住宅ローンを払い、父の介護費用を払っても、生活に困ることはありません。

 ただ、僕の失業手当には、期限があります。自己都合退職なので、タイムリミットは4か月です。

 会社都合であれば、9か月なので、その差は、5か月。今更どうにもなりませんが、会社都合の退職にしてくれていれば、と思わないでもありません。

 一度ハローワークを出て、武蔵野銀行に、住宅ローンを入金しに行き、少し街をぶらついて、再び、ハローワークに戻ってみると、先ほどとはがらりと変わって、ずいぶん人が大勢いました。

 雇用保険受給資格者証とは別に、ハローワークカードというのを、持たされているのですが、そこに、職業分類の欄に、697という数字が打たれています。それは、設備管理という職に割り振られた番号らしく、その番号を入力すると、ピンポイントで、設備管理の求人だけを表示させることができます。今日ヒットしたのは、7件。しかしいずれも、介護と両立できる条件ではありませんでした。

 次の認定日は、5月31日になります。