僕は介護離職するまで、新宿で働いていたので、しかも24時間勤務で、朝仕事を終える勤務だったので、その朝帰りに、ときどきホストを見かけました。

日本駆け込み寺代表の玄秀盛さんをテレビで見たのは、ずいぶん前のことになりますが、その彼の言。

「この街はおかしなっとるんや。ホストもホスト通いも自由やけど、甘い文句に釣られてこき使われるホストもある意味の被害者かもしれん。その被害者が客を追い込み、新たな被害者を生む。それが今、この街で起きとることなんちゃうかな」


どの世界もそうですが、ホストもピンキリです。

歌舞伎町では、10月になってから、飛び降り自殺が頻発しているようです。

「200万円の掛け(ホストクラブへのツケ)がある」と話していた女性が、飛び降り自殺をした記事を読んだのですが、ホストも、羽振りがいいのは上位数パーセントでしょう。

お笑いの世界で生き残れるのも、数パーセント、いや、それ以下かもしれません。

競争嫌いの僕は、今日も質素に生きています。