ネット検索をしていると、いろいろな分野の平均値がを知ることができて、興味深いですね。


平成26年に総務省が行った「全国消費実態調査」によると、40代独身女性の平均年収は393万円となっています。

30代独身女性の平均年収は338万円で50代独身女性の平均年収は356万円であり、30代と50代に比べると40代の平均年収が一番高いことがわかります。



僕の率直な感想では、けっこうもらってるじゃん、という感じです。

ただ、年収が高くても、預貯金は少ない人もいますし、年収が少なくても、しっかりため込んでいる人もいます。

だから、一概に、年収だけで、老後の備えができているか否かは、わかりかねますね。

で、僕の年収はどうだったかと言うと、40代の頃は、独身女性の平均年収と大差なかったように思います。若干、自分のほうが多い、という感じでしょうか。

50代になると、明らかに、僕のほうが、100万円くらいは多く貰っていたように思います。まあ、僕自身、男性平均よりだいぶ低いのですが。

ただ、老後の備えについては、年収よりも、その人の意識、つまり、節約とか家計のやりくり力のほうが、モノを言うような気がします。