ハローワークでは、認定日から次の認定日までの間に、最低2回以上の職業相談というのを受けなければならないという決まりがあります。

 前回は、セミナーに参加し、それを1回とカウントしてもらいましたが、今回は、通常であれば次回の認定日になるはずの日が、ゴールデンウイークに重なるため、一週間繰り上げての認定日となり、期間が短いため、2回とも、ハローワークのパソコンで検索し、印刷した会社を、相談員に見せるという形になりました。

 50代の再就職は、ただでさえ困難を伴いますが、両親の介護があるため、エリア設定は、プライオリティのトップとなります。さらに条件を重ねていくと、はじき出された会社は、見事なまでに少なく、それですら面接に行きたいとは思えない会社となります。

 とりあえず、二つの求人票をもらって、帰ってきました。

 帰ると、数日前導入したエアーマットが不具合ということで、レンタル業者に来てもらい、早ければ、明日、交換ということになりそうです。

 僕の前職は、ビジネスホテルの設備管理で、24時間勤務でした。さらにその前は、本社は神田にあるのですが、、新大久保、小平、浜松町、と3つの現場を経験しています。新大久保は、複合施設、小平は、都の福祉施設、浜松町は、テナントビルでした。
 いずれもすべて、設備管理が、主たる仕事です。
 所有している資格は、ボイラー二級、第三種冷凍機、第二種電気工事士、建築物環境衛生管理技術者などです。
 そうした情報も、ハローワークには申請してあります。

 僕が働いていた現場は、いずれも都内ですが、僕が希望する埼玉西部では、なかなか求人自体がありません。

 職種にこだわらず、全く別の分野に飛び込むことも考え始めています。すべては、介護優先です。