50代「1,325万円」

 これが、50代の平均の貯蓄額なのだそうです。
 
「家計の金融行動に関する世論調査」を、実施した金融広報中央委員会の公表によるものです。

 我が家の貯蓄額ですが、恥ずかしくて言えません。
 実は、上記の金額と同じくらいの住宅ローンを抱えています。そのうえ、介護離職したため、現在無職です。ハローワークに通い、今は、失業給付金を得ています。しかし、それも、4か月で打ち切られます。

 うーん、かなりやばい状況ではあります。

 幸いなことに、親の年金収入があるので、生活だけは、ぎりぎりできています。ただ、それだけです。貯蓄などはできない相談です。

 ただし、慰めになる情報もあります。
 それは、中央値という、別の指標です。、
 貯蓄額での「中央値」は「400万台」となります。
 中央値とは、データを小さい順に並べたとき中央に位置する値のことです。
 だから、こちらのほうが、本当の意味での、平均額になるのかもしれません。ほんの気休めにすぎませんが、トホホ。

 では、我が家はどうか。うーん、中央値にも、届きません。
 ともあれ、お金については、これからも、思索を重ねていきたいと思います。