今日の読売新聞を見ていたら、首都圏マンション高根の花という見出しで、記事が出ていました。

東京23区の新築平均が、6629万円。


これに、神奈川、埼玉、千葉を合わせた首都圏の新築平均のほうは5490万円。

どっちにしろ、たけえんじゃね、ってことです。


で、平均的なマンションて、そんなに広いわけじゃないし、まあ、利便性が売りなんでしょうけど。

頭金を1000万円支払ってもかなりの額の住宅ローンになります。

今は金利が安いとはいえ、変動などで借りたら、35年の間に金利が上昇したらえらいことになりまっせ。

まあ、現金で買える人は問題ありませんが、大半はローンを組んでいるでしょうから。


たまにスウモの記事なんかも見るんですけど、マイホーム志向の強い人は、こんなご時世でも、家やマンションを買っちゃうんですよね。

金利が安くても、今は、様子見の時期だと思うんですが。

でも人は、あまり遠くを見られないんですね。

まあ、近視眼的というか、大半の人はそうです。

僕だって、そうでしたし、今だって、いくらかましになっているとは言え、そんなに遠くが見えるわけではありません。

ただ、いくらか、昔よりはましになっているというだけで。

それも、自分がただそう自己評価しているだけで、賢い人から見たら、未だに危なっかしいんですけど。


東京だけじゃなく、大阪も名古屋も福岡も仙台も札幌も、だいたい大都市のマンションは高いのでしょうが、ちょっとずれるだけで安くなるし、どうしても通勤のある人はやむを得ないにせよ、そうでない人は、都市部にすむ意味はないんじゃないかと思うのですよ。

別に都会に住んだからって、生産性が上がるわけじゃないし。

まあ、自由業であれば、たとえば漫画家とか、どこに住んでたって、関係ないわけで。


そういう意味では、やっぱサラリーマンは、会社に縛り付けられているから、住むところも制約があるのか。

まあ、サラリーマンは、会社の駒ですね。

早いとこリタイアして、自分の好きなところに住みましょう。