50年以上も生きていながら、未だに大阪には行っていません。


カラオケに行けば、たまには、「悲しい色やね」とか「大阪で生まれた女」とかも歌うので、けっこう大阪が好きなのだと思います。


宮本輝の小説を若い頃によく読んでいたので、その影響もあり、非常に抒情的な感じがするのですね。


一般的に喧伝されているような、お笑いと食い倒れ、のイメージ以外に、何となく、温かみが感じられるのです。


神戸にも行っていません。

こちらも、たまにはカラオケで、もん た&ブラザーズ のKOBEを歌うことがありますが、まだその神戸に行ったことがないのです。

なかなかすぐに行く予定も立てられないので、いつになるかわかりませんが、格安プランで、大阪と神戸には行きたいと思っています。


ただ、大阪って広いですよね。

昔、吹田市というところに友人がいて、手紙のやり取りをしていたのですが、彼は精神病院に入ってしまい、その後音信不通になってしまいました。

小学校のときに大阪万博があり、お金持ちの子供は、そのとき親に連れて行ってもらったようです。岡本太郎のあのへんてこりんな塔は、まだ建っているのかなあ。


うーん、大阪。

何とか数年以内には行きたいと思っています。