介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

2022年06月

「60歳以降の人生で不安なこと」トップ5



20代の頃の漠とした不安、

30代の頃の定職のない焦燥感、と絶望感、

40代の頃の高揚感、

そして、50代の頃の諦観、

が、僕のざっくりとした精神史。


で、60代の今が、一番幸せなのかもしれない、と。

以下は、PGF生命が今年還暦を迎える1962年生まれの男女2000名に行った「2022年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」からの抜粋。


「60歳以降の人生で不安なこと」トップ5とは


うーん、 人生に、大きな盛り上がりがあった人は、

減少感に苛まれるのかもしれませんが、

僕のように、どちらかというと、

この世的には低値安定型の人は、

減少感そのものがあまりない、と。


年金が少ないのは最初から分かっていたし、

気力体力の衰えも、想定済み。


50肩、腰痛、ばね指、を経て、

今は、小康状態ですが、

少しずつ、

いろんなところが不具合になっていくのでしょう。

IMG20220604135411

そしてやがては、

この世から、

去っていく、と。


まさに人生は旅、そのもの。

良い旅になるか否かは、自分次第です。




楽天モバイルで初めて料金発生その額220円



もう一年半以上、楽天モバイルを使っていて、

ずっと零円行進を続けていたのですが、

初めて料金が発生したので、お知らせします。

IMG_5362

これは、ナビダイヤルにかけたのが原因。

まあ、必要経費というか、求人先の電話がそれだったのですよ。


今、交通誘導の警備の仕事をしている会社に電話するときにかかった料金。

今のご時世、Web3、NFT、メタバース、ってなんだっけ? DAOって?と、

いろいろと騒がしいですが、 

僕の稼ぎは、基本、アナログ。


メーター検針員と交通誘導警備員。


まさにベタの汗かき仕事。

でも、これが、いいんですよね。



老後の住宅ローンの危険性



63歳にもなって未だに住宅ローンを払っているお前が言うな、

と言われそうですが、僕が、介護が必要になって、

マンションを売却し、自宅に戻ったのが53歳で、

そのマンションを買ったのが40歳、35年払いでした。

つまり、完済は、75歳。


今思っても、おそろしさで身震いします。

今日は、そんなかつての自分を彷彿とさせる記事を読んだので、紹介します。


 義男さんは40歳で新築の家を建てた。当時は会社の業績も好調で昇給していた。小学生の娘(=江美さん)もいずれ個室が必要になるだろうと、首都圏郊外の駅から徒歩20分の土地に35年ローンで注文住宅を建てた。総額5000万円で、自己資金は500万円、残り4500万円は住宅ローンを借りた。返済期間は35年で、金利は途中借り換えをして、全期固定金利で現在1.5%、返済月額は13万8000円である。  最初は難なく月々の返済ができた。ちょっとキツくなったのは勤め先の業績が悪化し、給与が大幅に下がった頃からであった。教育費の支出もあり、弘美さんはパートに出て家計を支えた。  それでも義男さんはどうにか60歳の定年を迎えた。退職金は思ったより少なく、家のリフォームなどでほとんど消えた。それでも再雇用の間はどうにかなったが、65歳を過ぎて年金生活に入ると、状況が変わった。年金は手取りで15万円、少ない預金を取り崩す生活となり、その上、弘美さんは膝痛で立ち仕事のパートが続けられなくなった。  住宅ローンが完済する75歳まであと8年、万策尽きて娘にすがるしかない事態となった。


うーん、 35年は長すぎると、改めて思った次第。

僕も、あのまま、あのマンションに住んでいたら、

今頃は、大変なことになっていました。


駅前で、通勤には便利でしたが、

IMG20220520080451

場所がいいだけに、都市計画税まで払っていました。


親の介護が必要になり、売却しましたが、

ギリギリ残債をクリアできたのは、良かったと思っています。


今の住宅ローンは、69歳で終わるし、

マンション時代に比べれば、支払いも3分の2ほど。

一戸建てなので、管理費もかかりませんからね。



貧しい人ほど煙草を吸いたがる



昨日は、伊勢崎市で40.2度、桐生市で39.8度、

そして鳩山町で39.2度と、6月としてはかなりの高温。

やはり、冷房をつけないと、やばいと思ってつけました。


さて、昨日は、無職のドラ息子が月3万のたばこ代、という話をしましたが、

僕もかつては、たばこを吸っていた時期があるので、

吸う人の気持ちは多少はわかります。

珈琲と煙草って、合うんですよね。


若い頃はよく、喫茶店巡りをしていて、

カフェ、じゃなくて、喫茶店、ね。

喫茶店のマッチを集めたりするのが趣味の一つでした。

で、喫茶店で吸う煙草は、一段と美味かったのですよ。


あとは、マージャンをするときは、たばこは必需品でした。


でも、たばこは体調にもよろしくないし、

僕の場合、心臓が苦しくなったりしたので、

最終的にはやめたのですが、

先日、上福岡の後輩が、

金のない奴ほど煙草が離せないんすよね

と言っていたのを思い出しました。


彼曰く、

金のない奴は、たばこ好き、パチンコ好き、酒好き、女好き

だ、そうです。


そこで僕が、女のたばこ好きはどうなるんだ?と訊いたら、

パチンコ好きのパの文字をオに替えて、

女好きの女の文字を男に替えればいいんですよ、と。


なるほど、たばこが一箱いくらなのか知りませんが、

中毒で吸っていたら、万札が飛ぶかもしれません。

そのうえ、パチンコに行っていたらあっという間に金がなくなるし、

それで負けてやけ酒を飲んでいたら体はダメになるし、

たまにパチンコで勝っても女好きで風俗で散財、と。

こりゃあ、負のスパイラル、そのもの。


で、体力がなくなって、

中年期以降は、病気での散財もある、と。

つまり、金が出ていくばっかりの人生です。


タバコ、パチンコ、酒、風俗、と、

見事に、企業、あるいは、国の仕掛けた罠に落とし込まれ、

自分を見失って病気になり、底辺を這いずり回る人生。


え?

先日、スナックで倒れて救急搬送されたお前が言うなって?

失礼しました。


で、ここからは、僕の意見。


僕は、たばこを吸う権利もあると思うし、

喫煙者がみなダメでもないし、

現に先日一緒に酒を飲んだ金城君も愛煙家で、

1日2箱は吸っていますが、

彼はナイスガイというか、性格はめっちゃいいですしねえ。


また、愛煙家でも、お金持ちはいますからねえ。

一概に、決めつけられないよ、と、後輩に言ったのを覚えています。


ただ、歩きたばこなどは、いかがなものか、と。

0-54

副流煙の問題もあるし、

携帯灰皿に吸い殻を入れる人もいますが、

中にはポイ捨ての人もいて、まあ、愛煙家も人それぞれ。


この辺りは、愛犬家の糞の問題と同じで、

個人個人のモラルに行きつくと思っています。



 

無職で浪費家の子供がいると老後2000万円あっても足りない



昨日あたりから急に暑くなってきて、

今日は、38度予想。

窓を開けていられるのも朝のうちだけかもと思い、

開け放っています。


老後2000万円問題ですが、問題を抱えた家だと、

それだけあっても足りないケースもあります。

問題がなければ、貯金1000万円で楽勝、でしょう。


さて、以下は、問題があるほうのケース。

ネット記事からの一部抜粋。


■収入 父親 69歳 公的年金 月額 約12万5000円 母親 67歳 公的年金 月額 約5万円 ひきこもりの長男 41歳 無収入 収入合計 約17万5000円 ■基本生活費 食費 10万円 水道光熱費 2万5000円 スマホ代およびプロバイダー代 2万3000円 日用品費および雑費 1万円 医療費 1万円 国民健康保険料 1万2000円(両親の年金収入のみで試算) 長男の国民年金保険料 1万6000円 新聞代 4000円 長男 たばこ代 3万円 父親 お小遣いおよび交際費 1万5000円 母親 お小遣いおよび交際費 1万円 支出合計 25万5000円  1カ月の赤字は8万円。基本生活費だけで年間約100万円の赤字になることが分かりました。69歳男性の平均余命を試算すると17年です。仮に父親が17年後の86歳まで生き続け、今と同じような生活を続けた場合、8万円×12カ月×17年=1632万円の貯蓄を取り崩すことになります。  他にも、家電の買い替えや急な入院費などで200万円は別途見積もっておく必要があります。その結果、父親が亡くなるまでに少なくとも1800万円は貯蓄を取り崩してしまうという見通しになりました。その金額を知り、両親はがくぜんとした表情になりました。両親の貯蓄額は約2000万円とのことで、貯蓄がほぼ残らなくなってしまうからです。

 長男は無職で収入がないので、日々のたばこ代は母親が渡しています。たばこ代を渡さないと長男は声を荒らげるので、仕方なくお金を渡しているとのことでした。母親は長男の健康を心配し「もう少したばこを控えたらどうか」とアドバイスをするものの、長男は全く聞き入れてくれないそうです。


うーん、 ニコチン中毒の子供部屋おじさんが声を荒げる、と。

その先には、暴力も懸念されますから、

親も一人息子に遠慮気味なのでしょうか。


しかし、月3万円のたばこ代は、異常。

0-78

おひとり様であれば、月の食費を賄える額。


こうなってくると、

良い子供に恵まれるかどうかも、大きいですね。

ただ、その子供を育てたのは親なので、

やはり、自業自得と言うべきなのかもしれません。




現金手渡しの会社と高菜



僕が交通誘導の警備の仕事をしている会社は、

未だにお給料は現金手渡し。

IMG20220616151550

そのため、電車に乗って、

前の週の分の賃金を貰いに行っています。

IMG20220623112803

昨日は、座席のゆったりした電車に乗れてラッキーでした。

一つ手前の上福岡で下車し、やよい軒へ。

IMG20220623115116

IMG20220623115126

うーん、この高菜が、食べたかったのですよ。

IMG20220623115700

ご飯もお替り自由なので、ご飯の上に高菜をのせて食べる幸せ。

IMG20220623121551


で、お給料を取りに行く際の交通費は自腹、なのですが、 

週一日勤務なので額がそう多くはなく、

毎週、交通費をかけて、取りに行くのも不経済なのですが、

今のところは、街のぶらぶら歩きも兼ねて、

楽しみながら取りに行っています。


それと、新宿勤務時代は、毎週のように行っていたやよい軒に、

久々に行き、ああ、やっぱ、高菜はうめえ、と思った僕は、

給料を取りに行くときは、やよい軒で決定。


ただ、以前は所有していたプレナスの株は、

既に売却しているので、やよい軒では株主優待は使えず。


やよい軒が家の近くにあれば、

長い老後を視野に入れて、

プレナス株を買い戻すのですがねえ。



94歳、夜に5時間、週4日働く



傍を楽にするから働くという、ということを、聞いたことがあります。

頑張って働くことにより、傍、つまり、周りの人が楽になる、と。

介護職などは、まさにその典型。


介護職員の献身的なお世話により、

介護される人、傍、が、楽になるのですからね。


さて、僕は現役時代、長く24時間勤務だったので、

夜働くということの大変さも、それなりにわかっているつもり。


介護離職して思ったことは、これからは、働くにせよ、

夜勤、などの夜に働くのはやめておこう、と。


ところが世の中には、90歳を過ぎて、夜働いている人がいます。

昨年話題になった、あの、マック最高齢の人。

当時93歳ですから、今も働いていれば、94歳。


以下は、その人についての記事からの抜粋。


男性は定年退職までは電気工事士、その後はゲームセンターの深夜スタッフとして働いていました。夜勤の仕事をしていた経験をもとに、マクドナルドでは夜に5時間、週4日という形で働いているということです

学生のパート・アルバイトスタッフは貴重な戦力ですが、試験のときなどは一斉に休みを取ることがあります。たとえ勤務時間は短くても、主婦やシニアのパート・アルバイトスタッフは、安定した勤務状況が高く評価されているんですよ。


うーん、 実は、僕が6月1日から始めたアルバイトでも、

76歳の人とペアを組んだのですが、

その人はその現場の担当ではなく、

人員補充のために呼び出されたとのこと。


つまり会社側から見ても、

困ったときの補欠要因は、都合が良い、と。

そうした、スポットで働くという選択肢も、

あってもいいと思った次第。

0-24

70歳を過ぎても、

労働という形で社会とつながりを持ち、

感謝もされるという位置は、

意外に心地よいものかもしれません。




家庭という重荷と、わが身一つの身軽さと



安易に結婚できる人は、

勢いがあるか、

性欲が勝っているか、

後先考えていないか、

超楽天的なのか、

何も考えていないのか、

とにかく、イージーモードなのですよねえ。


多少なりとも自分が見え、

現実が見えていれば、

妻帯などは二の足を踏むもの。


でも、妻子がいたら、頑張るしかない。

でも、頑張ったら死んでしまうような、

ブラック企業もあります。


この女のためなら死んでもいいと思えるほどの女のためならば、

死ぬ覚悟で働きもしますが、

そんな恋は、二十代で終了。


つまりそれが、

最初に言った、勢いってやつ。

僕も、曲がりなりにも勢いがありましたから、

あの、二十代の時に結婚していたら、

とも考えましたが、

ふられて、正解。


結婚していたら、

会社勤めから逃げられず、

0-13

病気になっていたでしょうからね。



ローコスト生活で得られるリターンの大きさ



ローコスト生活は良いことずくめ。

まず、低支出で暮らせるため、そんなに稼ぐ必要がない。

そんなに稼ぐ必要がなければ、あくせく働かなくてよい。 


稼ぎが少なければ、税制面で優遇される。

非課税世帯になれば、お金をもらえることさえある。

最大ネックの国民健康保険税も7割減免で済む。


稼がないことで得られる最大リターンは時間。

時間があるからこそ、

図書館をはじめとした公共サービスを使い倒すことができる。

IMG20220615124234

一方、働き過ぎの会社員は、自分の時間がない。

それでいて、累進課税で重税感が半端ない。

税金を払っている割には、

時間的余裕がないので、図書館にも行けず、

ましてや他の公共サービスを受ける暇もない。


ということで、今日も図書館や公共施設は、

ニートや生活保護受給者、

暇を持て余している高齢者などで、



にぎわっています。




正社員と非正規社員、驚愕の年金格差



僕も、今年の6月から実際に年金をもらうようになって、年金の有難味を実感。

友人たちの半分ほどの額だとは言え、あんなに転職ばかりして、働いていない時期も長かった僕が、人並みに年金をもらえるようになるとは、当時は考えもしませんでした。

ネットで、正社員と非正規の年金についての記事を読みました。

以下は、その一部抜粋。


大卒男性・40代前半・正社員の平均月収は44万6,200円、手取りにすると33万円ほど。賞与も含めた推定年収は684万4,400円と、700万円に迫る水準になります。 次に大卒男性・40代前半・非正規社員の平均月収は28万9,200円、手取りにすると22万円ほど。賞与も含めた推定年収は364万1,000円で、正社員のおよそ1/2程度です。

まず正社員の場合、65歳で受け取れる年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金が11.5万円。月に17.9万円を手にすることができる計算です。 次に非正社員の場合、65歳で受け取れる年金は、老齢基礎年金が6.4万円、老齢厚生年金が6.4万円。月に12.5万円を手にすることができる計算です。 同じ、大卒という学歴でありながら、正社員か、非正規社員かで、給与はおよそ2倍の差が生じ、さらに将来受け取れる年金は月に5.4万円、1年で64万8,000円、仮に20年、老後生活があったとしたら、1,296万円の年金差となります。


うーん、 転職の多かった僕は、カラ期間もあり、老齢厚生年金は5万円に届かず、

基礎年金も5万円以下なので、満額でも、9万円。


でも、大丈夫、ローコスト生活で生き抜くスキルがあれば、ね。




少ない年金に縋り付いて生きるだけでなく



昨日は、大宮で金城君と飲んだ話をしたのですが、

彼が興味を持っていたのは老後の年金額と老後生活。

僕は、自分のブログ記事を見せて、

こんな感じだよ、と説明したのですが、

そんな額だと生きられない、とは、彼の弁。


いやいやこれは、特別支給分で、

65歳の満額ならば、

ほぼこれの倍近くにはなると話したのですが、

それでも厳しいよね、と。


彼は、川口市にマンションを買って住んでいたのですが、

途中で支払いがきつくなり、売却。

買ったのは中国人だそうで、

売値のほうがローン残高よりも多かったので、

損はしていない、と。


ただ、その後、賃貸生活となり、

どっちにしろ賃料がかかるので、

少ない年金だとやっていけないのではないか、と。


彼は僕と違い、

ほぼほぼ途切れることなく働いてきたので、

僕よりは間違いなく年金額は多いのですが、

それでも、勤めているのが零細企業なので、

年収は400万円ほどだとか。


たぶん、13万円くらいにはなるんじゃないか、

とは話していたのですが、

それで家賃を払って暮らすのはかなり厳しい、と。 


で、彼がそれ以上に憂いていたのが、

何もすることがない老後生活はどうなるのだろうと。


つまり、彼は、世にいる多くの労働者同様、

暇耐性が、あまりないのですね。


昼間から酒を飲む生活を想像し、

なんだかんだ言って、仕事をしている今がいいのかも、と。


これまで僕が会ってきた人の大半が、暇が苦手な人たち。

暇が好きな僕とは、そこが違うのですが、

老後は一緒に旅行でもしようということに落ち着きました。


ただ、彼も、少ない年金に縋り付いて生きるだけでなく、

0-33
定年後も何らかの仕事は、

暇を潰すうえでも、

していたいようでした。



飲み友だちを紹介します



昨日は久しぶりに大宮まで行って、飲み友達と会ってきました。

その友人、金城君は、沖縄糸満市出身の55歳。

出会ったのは、お互い20代の頃。


彼は、川口市に住んでいるので、

よく行くのは赤羽だったりしますが、

赤羽もディープですが、大宮もなかなかのもの。 

IMG20220618142509

IMG20220618160642

金城君に、今聴いている音楽のことなどを訊く。

定額聴き放題だそうです。

IMG20220618180111

IMG20220618183126

IMG20220618183547

13時に飲み始めて、店を出たのは、19時半でした。

6時間半が、あっという間に過ぎ、

ここでも支払いには株主優待を活用し、

3割引きで飲むことができました。


飲み屋で、いろいろな人の人生模様を知り、

眺めるのもまた、楽しみの一つです。




幸せに生きる方法



幸せに生きる方法は極めて簡単で、

それは、自分主体で生きること。


自分主体と言っても、

わがままに好き勝手に生きて他人の迷惑も顧みない、

ということではありません。


自分主体とは、別の言い方をすると、

他人や環境など、他者の所為にしない生き方のことです。


では、どうすれば、自分主体で生きられるのか?


これも極めて簡単で、

自分以外のすべての他人から学ぶこと、です。

我以外、皆師なり、です。

自分の周りにいる人すべてが先生なのですから、学び放題、です。


そして自分に起こる現象のすべてを 、

気づきの縁(よすが)、とすること。

そうすると、自分の環境もまた、先生になります。


つまり、万人万物が先生となるので、

日々、学びながら、気づきながら、成長していけるというわけ。

IMG20220530132324

肉体は衰えていきますが、

精神の成長には限界がありません。


だから、

遊ぶように、

生きていけるのです。




知っとぉ? ○○はお得なんよ



僕が介護離職した時はホテル勤務、

そしてその前職がビル管理会社で、

3つの現場を経験。

で、ときどき補勤というのがあり、

つまり、人手の足りない他所の現場に手伝いに行くのですが、

そこで知り合ったFさんは、

当時から株式投資をしていて、

よく、知っとぉ? と話しかけてきました。


彼は、佐賀県から上京し中央大学を出て、

学生時代から新小岩の同じアパートに住み続けて数十年。

社会人になってからも生活レベルを上げず、お金への執着は人一倍。

それと、偏屈なところがおり、友人はほぼいない、と。


ただ、僕は、彼の良いところを見ていたので、

僕にだけは、ときどき食事をごちそうしてくれたりもしました。

で、そのときに彼が使ったのが、株主優待。


当時僕は株など頭の隅にもなかった40代で、

知っとぉ? と話しかけられるたびに、

知りません、と、答えていました。


そのFさんとも疎遠になったのは、

何と言っても物理的な距離。

その距離を超えて付き合うほどの親しさでも、

ありませんでしたからね。


さて、当時は、株式投資に疎かった僕も、

今はすっかり、投資家の端くれ。


昨日は、ふじみ野に、給料をもらいに行くついでに、

ステーキの宮で、ランチ。 

勿論、株主優待を使って、現金支出はゼロ。

IMG20220616115324

IMG20220616115613

IMG20220616115720

IMG20220616121819

ステーキ宮のサラダバーは、ブロンコビリーよりも数段落ちますが、

パブリカが単独で置いてあり取り放題なのが利点。

サラダだけでおなかがいっぱいになり、

IMG20220616123849

3回目は小盛にしました。

株主優待には期限があり、今月末がそうだったので、

2回、行きました。

以下は、前回行ったときのもの。

IMG20220609110950

IMG20220609111247

IMG20220609112233

ラッキーだったのは、

給料をもらいに行く警備会社の本社に行く途中に、

ステーキ宮に寄れたことです。


しかし、今どき、

給料が銀行振り込みでない会社があったとは。

この件については、また今度話します。




年金額を1円単位まで公開します



昨日は、人生初の年金支給日でした。

喜び勇んで下ろしに行きたかったのですが、

午前も午後もアルバイト。


午前は交通誘導の警備員、

午後は、請負の検針員。 

IMG_5392

一日に、ふたつの貌を持つ男。


そのため、昨日は通帳を見ることはできませんでしたが、

入金額は通知が来ていますので、公開します。

IMG_5391

うーん、2か月でこの金額なので、月にすると5万円弱。

だから当然、アルバイトはマストのわけで。


大丈夫、娯楽は図書館など、

無料で利用できるところを使い倒していますからね。


昨日はよく働いたので、久しぶりに焼酎を飲み、

柳ジョージを聴いた、




僕なのでした。



ウクライナは、欧米諸国の兵器のゴミ捨て場



軍需産業の闇、医療業界の闇、などなど、

実に闇と名の付くものは、

いたるところに存在しているのですが、

今、ウクライナは、古い兵器のごみ捨て場状態。


在庫一掃セールではないですが、

それは、ロシアも同様で、

ただ、違いはと言えば、

倉庫から古い兵器を引っ張り出すことはできても、

戦争ではないとしている以上、

国民皆兵の徴収はできません。

07

そのため、ロシアの兵員不足は、

今後、さらに深刻化していくでしょうね。


また、別の視点に立って見ると、

古くなった兵器のごみ捨て場と化したウクライナは、

同時にアメリカのAI兵器の実験場にもなっています。


さて、今、ロシアによって妨害されている、

ウクライナの穀物輸出ですが、

これは、ルーマニアまで鉄道で輸送できれば、

そこの港からの輸出は可能となるでしょう。


ウクライナもロシアも、世界有数の小麦輸出国。

貧しい国の人たちが、

飢えることのない世界になってほしいものです。




老後も住宅ローンで苦しんでいる人はどのくらいいるのか



僕自身、60歳を過ぎてもなお、住宅ローンを抱えていて、

それが、稼がねばならない理由の一つにもなっているのですが、

世の中には、

身の丈に余る住宅ローンを抱えて老後生活を送っている人も、

一定数いるようです。


ネット記事で、

6000万円で購入した物件が、売却時はその5分の1、

0-50

1200万円になってしまったケースを見たのですが、

そうしたオーバーローンは、身の破滅。

以下は、その記事からの一部抜粋。


高齢者の相談の多くは、「物件の下落」に頭を悩ませている。購入した時がバブル後でまだ物件価格が高かった、金利が高かった、という人はフルローンで買っているとほぼオーバーローンである。金利が高いので、払っていてもほぼ元金が減っていない。そして物件の下落である。早期に借り換えをするか、繰り上げ返済をするなどしないと厳しくなる。

人生100年時代と言われる昨今、定年後は住宅ローンを払い終えても、さらなる支払いが待っているケースも少なくない。定年後30年以上も生きた場合、年金だけでは生活が厳しい、家のリフォームが必要、などお金が必要となってくる。

その場合も、住宅ローンのバランスシートが正常化しているつまりアンダーローンの状況だと借り換えができたり、家に住みながらにして自宅という固定資産を資金化できる「リバースモーゲージ」や、家を売却後も住み続けられる「セール&リースバック」という方法を選ぶことも可能である。また借り上げ制度で賃貸に出せたり、売却し資金化することも可能だ。


うーん、 僕自身も、親の介護で実家に戻る際、

自宅マンションを売却したのですが、

2550万円で購入したマンションが、売却時は1400万円でした。

まあ、当時の民主党政権時で、

最悪のタイミングであったこともありますが、

とりあえずは、残債をゼロにすることはできて、

まったくの無一文になり、そこからの再出発でした。


そして、自宅を建て替えたのが、54歳のとき。

9年経った今は、住宅ローンの折り返し地点。

まあ、家賃程度の支払いなので、何とかなっています。




僕が通っていた風俗店がまだ営業していた



僕は、風俗は、40歳のときに卒業しました。

理由は、マンション購入。

まあ、そのマンションも、親の介護が始まって売却し、

その後実家に戻って、実家を建て直ししたのは、

古くからのこのブログの読者ならば、耳にタコの話。


で、先日、僕がメインに通っていた風俗店を検索してみたら、

なんと、まだ営業していました。 

で、びっくりしたことに、料金も、あんまり変わっていなかった、と。

え、だって、もう20年以上、25年から28年も前の話ですよ。


いかに日本がデフレ社会であるかが、

そんなことからも、わかろうかというもの。


まあ、それはいいとして、

35で、生活が安定してからは、

月の小遣いは、10万円前後。


そりゃあ男ですから、

風俗も行きますよねえ。


新宿がメインで、たまに池袋、渋谷にも行きました。

ソープは、あまり行きませんでした。

理由は、まだ若かったので、受け身が苦手だったし。


で、よく行っていたのは、ヘルスかイメクラ。

イメクラは、自分好みのコスチュームを着せられるので、

勃起度が増すのですよ。


まあ、それは良いとして、

新宿は、ゴールデン街もあるし、

よく飲みもしたし、

泊りは必ず、グリーンプラザ新宿。

カプセルホテルですが、大浴場もあるし、サウナもある、と。

で、そこで、人物観察をするのも、面白かったですね。


月10万円くらい小遣いがあると、それなりに楽しかったし、

多いときは、15万円くらいは使ってたかな、と。


なんか、風俗ばかり行っていたみたいですけど、

ビリヤードもやったし、バッティングセンターにも行きました。

サルサも踊ったし、ウィンドサーフィンにも行っていたしね。

IMG_0186

で、話を戻して、風俗ですが、

未だにその店が、歌舞伎町で営業していたので、

懐かしいのもあり、その店のサイト内の、

女の子の写真を見ていて、

20前後の娘が多く、

当時の僕、30代であれば、

飛びつきたくなるようなかわいい子ばかりですが、

もう、63になった僕からすれば、

孫以上娘未満の子たちばかり。


今は、ローコスト生活ですし、

また、お金があったとしても、

もう、風俗に行くことはないでしょうね。


でも、遊び歩いた思い出は、

ときどき思い出すにはちょどよく、

節約ばかりで、まじめばかりの人生よりも、

豊かなんじゃね、と、思った次第。


いつまでも、

スケベ心だけは失いたくない、



僕なのでした。





地位財の虚しさと「労働で得たお金は大切に使う」という心理



僕は、ゆるゆるとですが、労働をしています。

これによって得られる功徳は、お金を大切に使おうという心理。

以下は、「リチャード・セイラーの理論」からの抜粋。 



自分の力で稼いでいない、いわゆるあぶく銭は、遊びやギャンブルで使い果たしてしまうことが多いという。

 これは、行動経済学の権威リチャード・セイラーの理論だ。人間には誰しも「あぶく銭は散財しても構わない」「労働で得たお金は大切に使う」という心理があり、例え同じ金額でも、どうやって手に入れたかで、使い方が変わるというのだ。

「人間にとって、働いて得たお金とあぶく銭は、本質的な価値が異なるのです。前者は自分の努力の対価のため、大切に使おうという気持ちになる一方、後者は“どうせあぶく銭だから、ムダ遣いしても構わない”という心理が働きます」

コーネル大学の経済学者ロバート・フランクは、所得や社会的地位、車や家など「他人との比較で満足が得られるもの」を「地位財」、愛情や健康など「他人に関係なく、それ自体に価値があるもの」を「非地位財」とした。フランクによれば、地位財で得られる幸せは一時的なものである一方、非地位財で感じる幸せは長続きするという。


うーん、確かにそうだなあ、と思いますね。

僕は軽自動車、

それも一番グレードの低いものに乗っていますが、

車の目的は行きたいところに行くこと。


ましてや、僕の住む地域は、狭い道が多く、

軽自動車の優位は揺るがない。

わざわざ高い金を出して、

税金の高い普通車に乗る必要は、無し。


親の介護をしていた頃や親と一緒に生活していたころは、

親をのせて旅行に行くときのことなどを考えて普通車にしていましたが、

それは、そうした理由があってのこと。

今は、男一人、シンプルに生きるだけなので、軽自動車になるのは必然。


さて、労働の功徳は、お金の使い方が堅実になること、
0-32

そして、地に足の着いた生き方ができるようになること。


労働も、

自家薬籠中の物として飼いならせば、

活用できるよね、

という話でした。



日本株300万円、アメリカ株90万円



こちらのブログでは、

株式投資のことを書くこともほとんどなくなったのですが、

来週15日に初の年金支給があることもあり、

今日は少し、お金の話を。


僕の株式投資額は、わずかなもので、今日のタイトルの通り。

日本株に300万円、アメリカ株に90万円。

そして、現金、つまり預貯金は、50万円前後。

まあ、ざっくり、その450万円ほどが、資産と言えば資産。


一方、負債はと言えば、住宅ローン残高。

こちらは、完済が69歳と言うことで押して知るべしですが、

残高のほうが資産を上回る、と。


なので、これまで、

アルバイトなどをして現金収入を得ながら、

投資でお金に働いてもらいつつ、綱渡りのような生活。 


で、日本株のほうは、一時期100万円以上の損失となり、

3分の2ほどにシュリンクしたのが2年ほど前のこと。


その後、損切や銘柄の組み替え、

ナンピンなどをし、

今は若干のプラスにまで持って行きました。


アメリカ株のほうは、数年前にマネックス証券で初めて、

90万円が、今では150万円近くにまでなっています。

まあ、これは、最近の円安も追い風にはなっているのですが、

当初の予定は10年で、90万円を2倍にしようと思っていました。


ちょうど住宅ローンが終わる69歳ごろに、

自宅の補修が必要になってくるので、

その資金に充てようと思っていたのです。


なので、

アメリカ株のほうから、

お金を引き出すことはしていません。


日本株のほうは、お金が必要な時に売却して現金化し、

みずほ銀行に移動、みたいな感じで、何とかやってきました。


そして今後は、わずかとはいえ、年金が入るので、

ほぼほぼ、株式投資のほうからのお金の引き出しは、

しなくて済む感じ。


で、今後の投資目標ですが、

日本株は500万円を目指します。

アメリカ株は200万円。

合計で、700万円。

IMG20220421123855

69歳の住宅ローン完済時には、

このくらいの資産になっていることを、

設定しています。


投資にも、



春夏秋冬が、あります。




ATM目的で婚活するのもありだけど



6月と言えば、ボーナスの季節。

社畜が、つかの間、喜びを感じる季節。

思ったよりボーナス貰えた
I got a bonus more than I expected.

という人ばかりなら良いのですが、

そうでもない人はがっかりしたりして、

事程左様に、お金で一喜一憂するのが凡人。


ネットサーフィンをしていて、

ATM目的で婚活する高齢女性も多いと知り、

それも、生存戦略の一つだなあ、と思いました。


人間とて生物である以上、

まずは自分が生き抜くことを考えます。

その選択の一つが婚活と言うのは、ある意味合理的。

運良く、winwinの関係を持てる相手と巡り合えれば、

双方にとって幸せ。


ただ、互いに打算が胸の奥にあるだけだと、

悲劇を生むことにも。

いずれにせよ、相手に依存して生きることになるので、

相手次第の人生になりがち。


僕がたとえば60代の女性で年金が少なくて、

一人で生きる経済力がなくて婚活するなら、

狙う相手は80代の男性ですね。

0-07

80代でお金を持っている人か、

あるいは、年金をたっぷりもらっている人。


先がそう長くはないと思うので、

しっかりと妻の座に座った後は、

可能な限り仲良く暮らし、

介護が必要になったらそれなりに頑張り、

寿命が来て死んだあとは、

たっぷりもらえる遺族年金で悠々自適の生活。


男性が持ち家であれば、その家に住み続け、

再婚はせず、旅行をしたり、

趣味を楽しんだりして老後を謳歌する、と。


まあ、これは、一例ですが、

これが上手く行くかどうかは、

相手男性のカテゴリー次第、でしょうね。


口煩い娘でもいたら、



拗れますからね。




アルバイト先での危険なこと



6月1日から始めたアルバイトですが、

昨日が3回目の勤務でした。

メインでやっている請負アルバイトよりも、

1か月の稼ぎはこちらのほうが多いのですが、

危険もあります。


昨日は、

現場近くの解体中のビルの足場の囲いの一つが落下。

アスベストの飛散防止だとかで、

足場だけでなく囲いが必要なのだそうです。

長方形の薄い鉄板の板の一つが、

5階ほどの高さから落ちてきてびっくり。


そこは僕の現場ではなく、

隣接する建物の敷地内でしたが、

その敷地内にも警備員がいるはずで、

何か、さほど広くもないエリアに、

4社ほどの警備会社が仕事を分け合っている感じ。 


そして、警備をしている人は、大半が高齢者。

動きも鈍くなっており、敏捷さには欠けます。

299342

僕がやっているのは、主に歩行者の誘導、

いわゆる交通警備員です。

半日勤務で、週一日でも可、

というのに惹かれてやっている次第。


何にせよ立ち仕事なので、

脊柱管狭窄症などを患っている人には、

できないとのこと。


僕は、今のところ、

そうした病気はありませんが、

年々立ち仕事はつらくなるだろうなあ、

とは思っています。



地上生活の儚さについて



親の介護が必要になり、

実家を建て直して、この6月で9年になります。

9年前はまだ正社員として働いており、

往復4時間のサラリーマン生活をしながらのダブル介護。

忙しいなどとは言っていられないほど、必死だった日々。


あれから、もう9年が経ったのかと思い、

いつしか自分も63歳。

今月の15日には、

晴れて年金も支払われる予定。


まだ、振り込みを確認していないので、

何とも言えませんが、

よくぞ年金をもらえる年まで生き延びてきたと思います。


今後、いつまで生きるのか。


一応、父の寿命を参考に、

生活設計をしていますが、

先のことはわかりません。


今は、住宅ローン完済を目標に、

日々、倹しいながらも、

その中に楽しみを見つけて生きています。

IMG20220302133609

そして思うのは、この地上生活の儚さ。


こうしてブログに書き記すことも、

一瞬にして過去のものとなり、

流れ過ぎていきます。


執着することの虚しさを、



実感する日々でもあります。



 

カードローン3万円が返済できない



 お金に困ったときの最終兵器がカードローン。

僕も会社員時代、

業者から作るように勧められたことがあります。

断る僕に、彼らは、お守り替わりですよ、と。


一昔前は、ギャンブルや風俗などで散財し、

カードローンへという話が多かったのですが、

今は、生活費が足りないケースがほとんど。


以下は、SPAの記事からの抜粋。


 石川県で妻と8歳の娘と暮らす佐藤義則さん(仮名・44歳)の年収は、ギリギリ“中間層”と言えた300万円。インフレで、貧困転落の瀬戸際に立たされている。 「現在の月の手取りは20万円ほど。工場に勤めているのですが、飲み物は持参し、職場では缶コーヒーひとつ買いません。業務スーパーで買った冷凍の特大プリンを2週間かけて家でちびちび食べるのが唯一の楽しみですね」

 慎ましく暮らす佐藤さん一家だが、昨年娘の小学校入学の準備費用がかさんだことがきっかけで、生活費全般はクレジットカード頼みに。家計は自転車操業だという。 「しかも、今年3月電気代が1万5000円、ガス代が6000円と値上がりの影響で出費がかさんで、4月の引き落とし額が口座の残高を上回ったんです。それで、カードローンから3万円ほど借り入れし、足りない分を補塡しました。5月も引き落としがあるし、返済する見通しが立たず困っています」


うーん、このところの値上げもあり、

日本全国ではこうした家庭も少なくないか、と。

子育て世代は本当に大変だと思います。

IMG20220523130148

その点、

自分の才覚でコントロール可能な一人暮らしは、

値上げにも強い。


値上げに音を上げず、

頑張っている人たちの中の、

僕もそのうちの一人。



目覚めた時にはすでに疲れており



....The paradox of our time in history is that
歴史の中で、私たちが今いる時代の矛盾。それは、

we have taller buildings but shorter tempers,
ビルは高くなったけれど 人の気は短くなり、

wider Freeways, but narrower viewpoints.
高速道路は広くなったけれど 視野は狭くなったこと。

We spend more, but have less,
お金をたくさん使っているけれど 得るものは少なく、

we buy more, but enjoy less.
多くの物を買っているけれど 楽しみは少なくなった。

We have bigger houses and smaller families,
大きな家を持っているが 家庭は小さくなり、

more conveniences, but less time.
より便利になったけれど 時間は少なくなった。

We have more degrees but less sense,
多くの学位を持ってはいるが 知恵は少なくなり、

more knowledge, but less judgment,
多くの知識を持ってはいるが 判断することは少なく、

more experts, yet more problems,
多くの専門家がいるが 未だ多くの問題が残っており、

more medicine, but less wellness.
多くの薬があるが 元気な者は減った。

We drink too much, smoke too much, spend too recklessly,
我々は 飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費し過ぎるが、

laugh too little, drive too fast, get too angry,
笑顔は少なくなり、スピードは出し過ぎるし、よく怒る。

stay up too late, get up to tired,
夜更かしをするため、目覚めた時にはすでに疲れており、

read too little, watch TV too much, and pray too seldom.
本を読まなくなり TVばかり観て、そして祈ることは滅多にしない。

We have multiplied our possessions, but reduced our values.
我々は多くの物を所有しているが、我々の価値は減った。

We talk too much, love too seldom, and hate too often.
たくさん喋りすぎるが 愛することは滅多にせず、たびたび人を憎む。

We've learned how to make a living, but not a life.
我々は どのように生計を立てていくかは学んだが、人生については学んでいない。

We've added years to life not life to years.
長生きをするようにはなったが 今を生きてはいない。


上記は、ジョージ・カーリンの、名言の一部。

0-58

お金をたくさん使っても得るものは少なく、 

多くのものを買っても楽しみは少なく、

大きな家に住んでいても家庭は小さい、

より便利になったはずなのに自由時間は少なくなり、

学歴はあっても知恵ある者は少なく、

薬は増えたが元気な者は減り、

たくさん喋るが愛はなく人を憎み、

金を稼ぐ方法は学んだが人生については無知であり、

寿命は延びたが今を生きている人は数えるほどだ、と。


そして、目覚めた時には、すでに疲れている、と。


うーん、言い得て妙❕

座布団3枚。


今朝がた見た夢は、

職を求めて右往左往していた20代の頃、

目覚めた時にはすでに疲れていて、

先が見えなかったあのころ。


でも、その暗闇を抜け、

何とか、年金をもらえる年齢にまで、

辿り着きました。


いくらもらえるかは、今度、公開します。


今日は、雨。



物思いに耽るには、最適です。



貧乏リタイアでも社畜よりははるかに幸福



僕が継続的に読んでいるブログは、

労働に疲れて逃げるようにリタイアし、

その後、節約生活で生き延びる的なものが多いのですが、

ikinobiyou194さんのブログもその一つ。 


社会生活並びに会社生活に馴染めず、

リタイア後は極貧とも呼べる生活ながら、穏やかな日々。

IMG20220522100908

心の平安こそが、幸福の上位にある僕にとっても、

彼のブログは共感すること多し。

ただ、更新回数が少ないので、そこが残念なところ。


以下は、そのブログからの引用。


仕事を辞めてから6年経過しましたが、
その間の国民年金保険料は全額免除を受けています。
全額免除でも年金額は毎年1万円くらいは増加します。

そして現状を続けた場合、
将来の年金額は月8万円くらいです。

普通に考えれば生活が厳しいように思いますが、
現在の生活費は月3万円以内に抑えているので、
年金生活に入ると使えるお金は増えます。

かなり節約生活に慣れてきたので、
将来の年金は少ないですが、
どうにか生きていると思っています。

ですから、この先も無職生活を継続するつもりです。

無職生活も長くなってくると、
精神が社会についていけないと思っています。
仕事の事を考えるだけで精神が硬直します。

それにブラックな会社も多いので、
そんな会社に出くわしたら最悪です。

そのほか、もともと
働く前から社会には向いていないと思っていました。

それでも20年以上も働いたので、
自分的には上出来だと思っています。

超貧乏な生活ですが気楽なので、
案外、今の生活に満足しています。


うーん、倹しい生活の中にも平安を感じられる暮らし。

会社員生活で傷ついた心を癒しながらの質素な生活。

また、以下のように、買った食品なども公開しています。

買い出しは4回で
64点購入して
合計6233円でした

202205241105531e3s


一か月の食費が1万円以下というのは、

節約力の高さの証明ですね。


千葉県在住のようですが、

家が近ければ、

会って話したい人の一人です。




社畜生活は「仕事が中心」だから過労死することもあり得る



ゆるーく働く予定がいきなりの連勤で、

これはオーバーワークだと認識した僕は、

すぐに軌道修正。


一応仕事も覚えたし、

もう、会社の要請で連勤することはありません。

週1日勤務も可、と言うから、応募したのですからね。


さて、ゼンショーホールディングスが、

また、やらかしました。

そうです、あのすき家のワンオペ。

以下は、その記事。


 牛丼チェーン最大手の「すき家」で1月、女性従業員が「ワンオペ」と呼ばれる1人勤務中に倒れ、その後に死亡していたことが2日、分かった。すき家は再発防止のため、月内に午前5時から午前9時までの早朝時間帯に行っている1人勤務を複数体制に変更する方針。

 すき家は2014年に深夜のワンオペによる過重労働が問題視され、午前0時から午前5時までの時間帯は複数体制にするなど労働環境の改善を進めていたが、早朝時間帯は一部店舗で1人勤務が残っていた。


うーん、詳細は不明ですが、女性です。 

もう、本当に、過労ほど、割の合わないものはありません。

過労は、生活を棄損し、人生を棄損します。

23993436_s

会社員生活から解放された後のリタイア生活は、

生活の質が上がりますが、

社畜生活に染まりすぎた人は、

管理されていないことの不安から鬱になる人もいます。


社畜やめますか、人間やめますか、ではないですが、

習慣ほど人を染め上げていくものはありません。


どうせなら、人間として、

良い習慣の人生を送りたいものです。




自分を幸せにする方法は孤独になること



一昨日の6月1日が、新しいアルバイトの初日、でした。

まあ、半日勤務なので、緊張の中、

何とか勤め上げたのですが、

その日の午後に会社から電話が。


急遽2日の木曜日も出てくれませんか、と。


まあ、仕事も早く覚えたいし、

ちょうど予定もないし、

ということで承諾したため、いきなりの連勤に。


半日勤務とは言え、外での立ちっぱなしの仕事。

気温もかなり上昇し、汗をかきながらの労働。

やっぱり、当初予定していた週1日勤務が最適解かな、

と思った次第。


さて、今日は、孤独について。

孤独には、ネガティブなイメージがありますが、

果たしてそうでしょうか。

実は、孤独、こそが、幸福への道。


その孤独について、

ショーペンハウアーが語っています。




うーん、 仏陀釈尊も、王子として生まれながらも、ペシミストでした。

だからこそ、出家したのです。

大半の哲学者、宗教家は、ペシミストです。

ae2efba0

所謂、根暗、です。


でも、根が暗いからこそ、

救いを求める気持ちも強くなるのですよ。


そしてその先にこそ、

軽薄でない、

本当の明るさが、

あるのです。



「繰り下げ受給」と長く働くことで老後を生き延びる



今日から6月。

そして今日は、新しいアルバイトの初日。

緊張からか、朝早く目が覚めてしまい、

出勤前にこれを書いています。


今現在は、僕はまだ年金をもらっていませんが、

もうすぐ、厚生年金の特別支給があるので、

今後のことを考えてみました。


63歳から貰える特別支給分は、

繰り下げが、できません。

なので、これは、もらうという一択。


65歳からは、基礎年金部分だけ繰り下げ、

を、考えています。


それと言うのも、

僕の場合は、女性の平均年金受給額よりも少ないから。


基礎年金部分だけでも、70歳まで繰り下げることができれば、

70歳からは、年金の手取りが10万円を超えてきます。


ついでに言うと、

僕の住宅ローン返済は、69歳まで。

つまり、住宅ローンがない状態で、

その10万円が、丸まる使えるということ。


70歳からは、 余裕の生活が、待っています。


問題は、そこまでどうやって生き延びるか。


そうです。

タイトルにもある通り、

できるだけ、長く働く、です。

0-26

ということで、

少なくとも70歳までは働きたいと思っている、

僕なのでした。


そんな老後を乗り切る力は、



ロックだべ。






最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • ライブドアブログ