介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

2022年03月

バイト3つ掛け持ち生活はキツ過ぎる



ダブルワークにせよ、副業にせよ、

ある期間踏ん張らねばならないため、 

するのは良いとしても、

それが常態化し、

しかもそれをやめたら生活が立ち行かなくなるようだと、

危険すぎます。


僕がびっくりしたのはSPAで見た人。

46歳の芸人さんの生活。

1442225

まさに、時間に追い立てられる日々。

以下が、その人の典型的な日常。


20220405me032-768x662

そして以下が、その家計内容。

20220405me031-550x842



うーん、以下は、そのspaの記事からの抜粋。


お笑いコンビ・レアレアの桑折正之さんは芸歴23年、46歳。吉本の同期の千鳥、ロバート、インパルスが売れていくのを横目で見ながら、バイトで食い繫ぎ、40歳まで日常のすべてを芸人生活に捧げてきた。  現在は妻と、6歳と2歳の子供の4人暮らし。バイトを掛け持ちしながら芸人をしている人は少なくない。でも彼ほどバイトに忙殺されている人はいないのではないか。80歳まで働き続ける計算で住宅ローンを組んだマンションにお邪魔すると、温かな生活感が漂っていた。 「40歳で結婚して、子供が生まれてからの生活はもう、これまでと全然違います。夢だけ追っていたくても、現実がものすごい勢いで迫ってくるので」

 月に25日、可能な限り働くも、やよい軒だけでは生活が厳しかった。毎朝5時半に起床し、早朝からやよい軒で働き、2年前からランチタイムは「出前館」と「Uber Eats」でデリバリーを始めた。17時になると、またやよい軒に戻り、23時まで働く平均睡眠時間は4時間だ。

「芸人になって、すぐに売れてやるって思っていた頃と比べると、夢は年々サイズダウンしています。周りを見ていると、夢の大きさを変えられない人は辞めていきますね。うちは、コンビを解散しようみたいな話も出たことがない。お互い子供が同じ年に生まれたから、まずは生活を守らないといけない。最低限の収入を得て、お笑いはそれからだっていう価値観が一緒なんです」


うーん、退職金のある正社員でも、

住宅ローンが80歳まで続いたらやばいのに、

この人は、何の保証もないアルバイト暮らしです。

住宅ローンを組めたのが不思議。


奥さんの実家が太いとか、

何かないと、破綻するのは時間の問題。


人間は機械ではないので、老いがある。

機械ですら経年劣化があるのですから、ね。


この日常では、年々厳しくなるし、

追い詰められていきますよ。


今のキャッシュフローは、死ぬほど働いてのもの。

やがてそこまで働けなくなった時、

そのフローは細くなり、

立ち行かなくなります。


まあ、希望があるとすれば、

奥さんが働くこと。

ダブルエンジンで働ければ、

しのげるかもしれませんが、

厳しい道のりには、

なるでしょうね。




新築入居の熱の冷めた10年後に愕然とすること



 僕が親の介護が必要になり、

分譲マンションを売却したのが10年前。

当時のことが、ときどき、走馬灯のようによみがえります。

先の不安を感じる余裕すらなかった、と。

そのときの心境や経済的なことは、過去記事でも書いているので、

今日は別なことを。


僕がマンションを売却した10年前は、ほぼ底値状態。

買いたたかれての売却でしたが、13年住んでいたので、

今ではそのマンションも、築23年ということになります。


今では、マンションの管理費なども当時よりも上がっている、

との記事を読んだので、紹介します。


ここ5年ほどでマンション業界を取り巻く経済環境がさまざまに変化した。その1つが、分譲マンションを所有するランニングコストである。

マンションを所有していると、管理費や修繕積立金といった「維持費」がかかる。10年ほど前は、さほど負担に感じない額だった。標準的なコストは1平方メートル単価で400円ほど。標準的な70平方メートルの3LDKだと3万円弱になる。

しかし、これが最近急激に上昇している。新築マンションなら1平方メートル600円前後も普通になった。10年前なら、大規模物件でプールや大浴場などで維持費がバカ高い「水モノ」施設があるタワマンの水準である。約1・5倍の値上がりだ。

管理費や修繕積立金が上昇した理由は、人件費の高騰である。10年前なら、マンションの管理員は企業の管理職を退職した人の定番再就職先だった。常識があってそれなりにコミュニケーション能力を備えた人向きの仕事だとされてきた。

もちろん、そういう人は今でも管理員になっている。しかし、その絶対数が激減した。

団塊世代の中心が65歳に達したのは2013年。彼らは来年75歳となって後期高齢者入りする。マンションの管理員を勤めるには限界である。

マンションの管理会社はどこも人材不足で悩んでいる。当然、募集する際の給与水準も上昇する。

そもそも、人手不足は建設や運輸業界ではここ10年以上の恒常的な悩みである。職人や運転手の給与も上昇している。

マンションは築10年も過ぎると、日常的にさまざまな補修工事が必要となる。工事費に占める人件費の割合は高いので、修繕コストも上昇する。

そういうことがベースになって、管理費や修繕工事費はここ5年で急激に上がった。管理業務を請け負う管理会社からすると、すでに業務委託を請けている既存のマンションに対してはコスト上昇分を転嫁しにくい。しかし、新たに業務を委託するところからは上昇分をしっかりとオンした報酬を得なければ赤字になってしまう。だから、新築マンションの管理費が急激に値上がりしている。

ただ、新築の場合、管理費や修繕積立金があまりに高いと売れ行きが悪くなる。そこで、小ずるいテクニックを使う。販売時に、管理費は相応の水準に設定するが、修繕積立金は本来あるべき額の3分の1程度に抑えるのだ。そして、5年ごとに修繕積立金を2倍にする案を長期修繕計画に盛り込んでおく。

購入者は、契約時に長期修繕計画を見せられるが、そういうことは気にしない。「マンションを買う」という人生の一大イベントで心が舞い上がって、細かい条件を見逃してしまうのだ。

新築入居の熱の冷めた5年後や10年後に、デベロッパーが巧妙に仕込んだ修繕積立金の値上がり計画を認識して、がくぜんとする。だが、時すでに遅し。修繕積立金の値上げラッシュというスパイラルに絡めとられている。


うーん、ちょうど僕が売却を進めていた頃も、

まさにその時期でした。

つまり、修繕積立金の値上げ時期。

新築で入居したころは、管理費修繕積立金で月2万円。

現役で働いていたこともあり、

さしたる負担ではありませんでした。

しかし、売却するころには、

長い目で見たら、マンション暮らしはやばくね、と、

思い始めていた頃でもあったのですね。


僕は年金見込み額が少なく、満額でも9万円ほど。

管理費修繕積立金は一度値上げがされて

23000円ほどになっていましたが、

いずれは3万円にはなるだろうとの見立てが。

0-40

9万円の年金から、3万円も支払っていたのでは、残りは6万円。

しかも、マンション購入は40歳のときだったので、完済は75歳。

これでは、老後破綻へまっしぐらです。


まあ、そんな10年前のことを思い出し、

やっぱ一戸建てはいいよね、と思った、

僕、なのでした。




自治会の役員が2年早く回ってきた



順番で巡ってくる自治会の役員。

前回は、親が生きていたころで、

僕も親とは別に暮らしており、

親がやったのだと思います。


おそらくそれは、20年も前のことだと思います。

ただ、自治会は脱会する世帯もあり、

また、高齢化で、順番が回ってきても、

できないと言い張ったりで、

予定よりも2年早く、

自治会役員の仕事が回ってきました。


同じ班から2所帯、

つまり2年間はやるようです。

この3月でちょうど63歳になった僕ですが、
 
つまり、65まではやることになりそうです。


ここでやっておけば、次に回ってくるのは、

おそらく、80代。

天涯孤独のおひとり様である、

天涯孤独者の僕としては、

80代の自分が、

次の自治会の役員をやれるか否かは、

健康次第。

IMG20220218122916

まあ、先の心配はしても仕方がないので、

とにかく、今年と来年は、

アルバイト以外には、

自治会の仕事が加わって、

それなりに忙しくなるのかもしれません。




年金は月6万4000円身体も精神もギリギリの状態



昨日は、健康を犠牲にしてまで働くことほど愚かなことはない、という話をしたのですが、

それはまさに、今日取り上げる、シングルマザーの悩み相談を見て、

思ったことなのです。


健康を害してまで働こうとしているので、

そこから逃げる方法もあるのではないかと、

思った次第。


シングルマザーの子育ての大変さは想像するに余りありますが、

育て上げてしまえば、その後は助けにもなるはず。

IMG_0021

相談内容

母子家庭です。60歳で定年退職したく、アドバイスをお願いいたします。子どもたちが小学生の時に離婚し、その後3人で暮らしています。私は子どもたちが中学生のときにパートから正社員になりました。数年前に両親を亡くし両親が住んでいたマンション(持ち家)に引っ越しました。ずっと家計が苦しく(月に約20万円でやりくり)、高校、大学は奨学金を借りました。

2人の子どもたちも社会人になり、毎月2万円ずつ入れてくれています。子どもが自分で奨学金の返済をしています。私はここ数年、ダブルワークで働いています。老後の心配があるので、やっと貯金もできるようになり順調だったのですが、さまざまなストレスで病院にも通っています。仕事は辞めるわけもいかず続けていますが、病気で手術をしました。ますます精神的に辛い時があります。

下記には数字を入れておりませんが、通院費や薬代、サプリメント代などで毎月6万円くらいかかります。毎月20万円の給料と子どもが入れてくれる4万円で、いっぱい、いっぱいです。ちなみに保険料の3万円の中の2万円は貯蓄型の保険料なので65歳の時150万円くらいになり満期になります。

しかし、もう私の身体も精神もギリギリの状態なので、60歳になったら会社を辞めたいのです。本当はすぐに辞めたいのですが。退職金は確認したところ70万円くらいだそうです。これは退職したあとの税金などの支払いに消えそうです。

60歳からの年金は、月6万4000円です。体調が悪くなる前にやっていたダブルワークは、今は少し休んでいます。退職したら復活する予定。月に4万~6万円くらいになるかと思います。コロナの影響で不安定です。

この先、病気もかかえているのでとても心配です。お金のことも考えると不安でたまりません。老後の2000万円なんて母子家庭ではむずかしいです。



うーん、 仕事のストレスだけでなく、心配というストレス。

これでは、自分を傷めつけているようなもの。

とにかく、体と心を休めるのが先。

ネットで調べたりして、使える制度は使い倒して、

自分が楽になる道を探ってください、と、

言うしかありません。


ギリギリの状態と言えば、

今のウクライナの人たち。

特に子供は、

トラウマになりますよ。


子供の死者は、現時点で把握されているだけでも、139人。

幼くして未来を奪われる残酷さ。

今は、一般市民すら発信できる時代。

もう、誤魔化しはできない時代なんです。


領土の分捕り合いは、



土の時代の名残。


今は、風の時代。

時代に合わないことをしている人は、

自滅して行きます。




健康を犠牲にして働くことほど愚かなことはない



世の中には、自分の健康を害してまで働こうとする人がいます。

まあ、本人の勝手ですが、頭はあまりよろしくない、と。

そんなこと言ったって、働かなきゃやっていけないのよ、

という声が聞こえてきそうですが、

果たして、そうでしょうか。


僕が結婚をしなかった理由の一つが、

妻子を養う自信がなかったから、です。

職を転々としていた自分が、

他人の責任まで背負い込むのは無理だと、

早々に気づきました。


確かに人生には、踏ん張り時、というのがあります。

僕も仕事をしながら介護をしていた時期があり、

そのときは踏ん張りました。

ただ、人間はロボットではないので、

無理をすれば道理が引っ込むのです。


で、話を元に戻すと、

体を壊すほど働いてはいけないのです。

結局それは、

あとあと無理がたたって、

自分が再起不能の病気になるだけでなく、

周りにも、

多大な迷惑をかけることになります。

費用対効果が、

あまりにも悪すぎます。


経済合理性は、

健康をはじめとした生活全般を見渡して、

考慮すべきなのです。 

でないと、バカ過ぎます。


これは、学歴や偏差値では測れないバカさ加減で、

偏差値が低く、学歴がなくても、

本能的に自己防衛意識が働く人のほうが、

結果的には賢い生き方をしていたりします。

IMG20220218121119

猫を見てください。

決して、自分のペースを崩しませんから。

マイペースで生きている猫からは、学ぶこと大。


今の僕は、月に4日ほど、ゆるーく、

気分転換を兼ねて働いていますが、

このくらいが今の自分にはちょうど良い。


ちょうどよく生きていれば、

ストレスもないし、

健康にもいい、と、

こうなっております。




公務員の平均給与≒大企業の平均給与>中小企業の平均給与



民間企業から見ると、

潰れる心配もなく、

お気楽に働いているイメージのある公務員。


僕もかつては、

都の職員の仕事を見ていて、

楽をして高給取り、

との印象を、

持っていました。


ただ、公務員と言っても、

忙しいところはメチャクチャ忙しそうです。


なので、何にせよ、

一括りで判断するのはよろしくない、と。


僕などは、民間企業を渡り歩いてきましたが、

僕が勤まったくらいだから、

比較的楽な仕事でした。

0-02

給料は安かったですが、

仕事に見合ったもので、

昨今の労働者の平均年収などを見ると、

僕の年収は、そう安くもなかったのではないか、と。

500万円には届きませんでしたが、

400万円台後半は、

維持していましたからね。 


仕事の内容からしたら、

むしろ高給取りだったのかもしれません。




なぜ、彼らはあれほどまでに強固な意志で戦い続けるのか



僕たち日本人にとって、

戦争は、非日常。

でも、今、

ウクライナでは、それが、日常となっている事実。


安易にウクライナに降伏を勧める人がいますが、

なぜ、彼らはあれほどまでに強固な意志で戦い続けるのかも、

考察せねばなりません。

ukrainesindependenceflagdayconstitution2

以下は、その参考になる記事からの抜粋。



18世紀末に、ウクライナはロシア帝国に支配され、1917年にロシア革命が起きると、ソ連の支配下になった。ソ連下で「農業の集団化」をウクライナに進めたものの、大失敗。農業生産が極端に落ち込んだところで飢饉が起こった。しかし、それでもお構いなしに、ロシアはウクライナの食糧をロシア本土へ強制的に送り、100万人が死んだ。

さらに、1932年、スターリンの時代になると、過酷な支配体制は強まって、ウクライナの国力はボロボロになってしまったところで、今度は、「ホロドモール」(大飢饉)が起きた。ホロドモールによってウクライナで350万人が餓死した(出生率の低下なども含めた人口の減少を含めると500万人との話も)。

「ウクライナ南部オデッサで、旧ソ連の独裁者スターリンによる「大粛清」の犠牲者のものとみられる5,000~8,000体分の遺骨が発見された。地元当局が25日、明らかにした」(キエフAFP時事・2021月8月26日)と報じられたが、ウクライナの歴史家の推計によれば、1930年代のスターリンの抑圧によってウクライナ人数十万人が収監されたり、処刑されたりしたという。

ウクライナは他人事ではない。日本人は「シベリア抑留」を経験している。シベリア抑留とは、終戦後、旧日本軍の兵士はシベリアなどに抑留され、過酷な労働を強いられたことを指す。シベリアをはじめとするソ連領内の各地へ連行された日本の軍人・軍属はマイナス30度を下回る厳しい環境で強制労働を強いられた。衛生環境や食料事情も悪く、飢えや病気によっておよそ6万人が命を落としたのだ。

これは日本とロシアが戦争をしていた頃の話ではない。ソ連による旧敵国側の軍人と民間人の抑留は、戦争により大きな損害を被ったソ連における、戦後復興を担う労働力不足を補うための措置として行われたのだ。同じ敗戦国のドイツ人も同様に抑留を受けた。

ロシアの支配下に入るとどうなるか。歴史を少しでも振り返れば「怖さ」がともなうものである。ウクライナ人は、これまでの歴史を振り返って、やはり、降伏し生きながらえても、ロシアの支配下で何をされるのか怖くて仕方がないのではないか。

ロシア軍がウクライナの全土を掌握しても、ゲリラ戦に移行するかもしれないと考える識者も多いのはそのせいだろう。

遠く離れたウクライナの大地で、懸命に奮闘するウクライナ人に対して、「命が大事だから早く降伏しろ」と言うのは、歴史を知らない人の言うことなのであろう。

日本では、政府や軍部が突っ走って戦争を開始した面があるので「戦争を起こさない」というと政府の暴走を止めればいいと考えてしまう。そこに「侵略を企む悪意の隣国」が存在することなどこれまで考えずに済んできた。

また、アメリカが日本を占領し、自由を謳歌し経済発展を遂げたので「降伏しても大したことない」と考えてしまう。

しかし、世界史の大部分では、そんなことが重なる可能性は「奇跡」と呼ぶに等しいのだ。日本の防衛力の増大に対して韓国、中国が過剰に神経質になるのは、日本と隣国であるということ以上に、植民地となって受けた屈辱ということがあるのだろう。やはり他国に支配されるというのはいい体験にはなり難い。

果たして、2月24日から開始された、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は3週間を迎えたが、ウクライナは、軍事で圧倒するロシアに対して、勇敢に戦いを続けている。ウクライナ国民の反撃によってロシア軍は前進を阻まれ、戦線は膠着しているようだ。厳しい経済制裁もあって、中長期的展望から考えれば、ロシアの敗色は濃厚と指摘する識者も多い。しかし、目論見を外されたロシア軍は、民間人の犠牲も厭わないミサイル攻撃や空爆を継続しており、事態は悪化の一途を辿っている。北朝鮮がそうであるように、経済制裁で国家が転覆するのかは期待薄だ。ウクライナ・ロシアの外交交渉は行われており、進展を見せているという報道もあるが、「当初の目的を必ず達成する」と話すプーチンがどこまで妥協するかは不透明だ。

「想定されていたより強い抵抗と戦闘の初期段階の比較的高い損失にもかかわらず、ロシアは自身に有利な条件にウクライナ政府が応じるまで、殺傷力のさらに強い兵器を使い攻撃を続ける決意のようにみえる」(米国防総省の情報機関である国防情報局・ベリア局長)と指摘するように、戦況の膠着が、プーチンを核爆弾というオプションに傾かせる可能性は十分にある。

ウクライナ人が隣国へ逃げ出さない理由を、テレビのコメンテーターのように「戦前日本に漂ったような同調圧力だ」という見方もできよう。戦場の勇敢さもムダ死につながることもあろう。たとえば、ロシア軍が日本を侵攻し、根室へ核爆弾を落とすなどと迫ったなら、日本は武装解除して、全面降伏を選ぶのだろうか。ロシアの支配下になるということが、歴史上、どんな恐ろしいことなのかを、今一度確認すべきだ。

うーん、 日本にとって最大の脅威は、

ロシアよりも中国なのですが、

平和ボケ、事なかれ主義の日本は、

アメリカにおんぶに抱っこで、12歳状態。

アメリカは、そんなに信頼できる国ではありませんよ。

日本に原爆を落としたくらいですからね。

アメリカも、ダブルスタンダード。

日本にとって頼れるアメリカの時もあれば、

そうでないときもあり、

共和党になったり、

民主党になったりで、

タラレバを言っても詮無きことですが、

トランプが再選されていたならば、

アフガンでのあれほどだらしのない撤退はなかったでしょうし、

プーチンのウクライナ侵攻も、防げたはず。

弱腰バイデンでは、お話しになりません。


もう本当に、政治的な発言はしたくないのですが、

やむにやまれぬ思いでのことなので、

お許しください。




わずかしか金のない人が貧乏なのではない



今日は、久しぶりにお金の話。

わずかしか金のない人が貧乏なのではない、と、セネカは言いました。

お金をたくさん欲しがる人が貧乏なのだ、とセネカは続けて言いました。

セネカって誰?っていう人はググってみてください。

「人生の短さについて」というのを書いた人です。


昨日は両親と義母、そして弟が眠る墓参りに行ってきました。

連休中は混むと思い、昨日にしたのですが、

僕と同じ考えの人もいたようで、

その若者(僕から見れば)と少し立ち話をして、

しゃぶしゃぶどん亭で、しゃぶしゃぶのランチを食べ、

入間市立図書館の地下駐車場に車を停めて、

入間市を散策。

IMG_5312

入曽経由で帰る途中、

入間基地の周りにカメラを持った大勢の人がいました。

何かを撮っていたのでしょうが、詳細はわからず。


僕の実母は47年前に、

豊岡第一病院というところで亡くなったのですが、

あれこんなところにあったんだっけという場所に。

しかも、それなりに古さを感じる建物。

なるほど、この50年近くの間に、

移転し、さらに移転後もかなり年数が経っていて、

時の流れを感じました。


実母は、爪で拾って箕でこぼすタイプの人生を送った人。

働き者でしたが、稼いだお金以上を、

病院に運んでいました。


実母は欲の深い人ではありませんでしたが、

苦労性でした。

明るい性格でもありましたが、同時に、

心配性でしたね。


「わずかしか金のない人が貧乏なのではない、お金をたくさん欲しがる人が貧乏なのだ」

とのセネカの言葉を、

改めて、

噛み締めています。


また、今日は、

4年前に亡くなった義母の誕生日です。

生きていれば、92歳ですね。





 

嫌いな仕事を50年も続けた揚句、貧乏なまま死ぬ



僕は60代で住宅ローンを支払っている身。

どう見ても、勝ち組では、ありません。

さらに言えば、天涯孤独者。

妻も子も、さらには、兄弟すらいない、と。


だけどいたって幸せで、満ち足りています。

幸せは、他人が判定するものではない。

自分が決めるものです。


さて、話を戻して、

何で幸せなのか。

それは、自由に生きているから。


自由の中の一つに、経済的自由、があります。

おめえ、60過ぎて、住宅ローンまで払ってて、

何が経済的自由だよ、と言われるかもしれませんが、

自分の才覚で収支をコントロールできていれば、

それは、自由の範疇、なのです。


僕は、わずかな資金ですが、

株式投資をしています。 

そちらに持ち金をより多く投入しているので、

預貯金は50万円以下。

全財産をひっかき集めて、

住宅ローンの返済に充てたとしても、

まだ、完済には届きません。


ということは、

有り金をすべて投入しても、

住宅ローンの残債は残る、と。

であるならば、

長期に構え、

幸い金利も安いので、

手持ち資金を上手く回しながら生きていると、

こうなっております。


そこで、ロバート・アレンの言葉が、生きてきます。

裕福な人が裕福であるゆえんは、彼らがより多くのお金を持っているからではなく「自由になる時間」をより多く持っているからです。彼らの収入の流れは一度の労働に対し何度も支払われるタイプの収入であるため、やりたいことをやる時間がたっぷりあるのです。

「それきり型収入」は一度働いて一度収入を得るという意味。「一生型収入」は一度働いて、何千回も収入を得ることだ。眠っている間にお金を稼げなければ、決して金持ちにはなれない。

自分が現場から離れていても得られる収入の流れを目指すべきです。家族経営の零細ビジネスや街角の食品雑貨店をやろうというのではありません。手にしたいのは朝起きようが起きまいが、仕事しようがしまいが、確実に入ってくる収入の流れなのです。

医者やトップセールスマン、弁護士など、彼らのほとんどは一回の労働に対し一回の報酬しか得られません。彼らはお金持ちに見えるかもしれませんが、多くの人と同じように回転ドラムのなかをひたすら走っているにすぎないのです。

成功している人たちは、常に複数の収入源を持つ必要性を知っていました。一つの収入源が枯れても、他のたくさんの収入の流れで補うことができます。一方、普通の人たちはとても危険な立場にあります。一つの収入源を失うと、破滅してしまうということになりかねません。そして再起するのに何年もかかることになります。


うーん、豊かになりたい人には、どれも刺さる内容。

そして、考えさせられるのが、以下の言葉。


私が考える『クレイジーの定義』とは『わずかなお金を得るために嫌いな仕事を50年も続けた揚句、貧乏なまま死ぬこと』

うーん、刺さるなあ。

僕は豊かさの研究をするようになってから、

少ない資金でも株式投資で回しながら、

労働だけに頼らないお金の流れを作りました。

投入資金が少ないので、

そのフローはわずかですが、

できる範囲で、

行動することが肝要。


たとえば、ですが、

僕の外食の8割は、株主優待利用でのもの。

IMG_4645

IMG_4667

これだけでも、家計には大助かり、です。


そして年金が入るようになれば、

それは、死ぬまで入ってくるキャッシュフローですから、

さらに自由度は、増していきます。


ということで、

労働という名の「それきり型収入」だけに頼った生き方からの脱却が、

人生を生き易くするキモ、だと思っている、

僕なのでした。




収入に合わせてダウンサイジングして行かないと苦しくなるのは自分



昨日紹介した深海魚さんの他にも、 

ローコスト暮らしの達人はたくさんいます。

0-08

冬の寒さを我慢しながら古家で暮らす僕の友人Kは、

月の生活費は4万円。

年間、50万円ほどの暮らし。


世の中にはさらに上手がいて、

ma3さんなどは、家賃込みで年間支出60万円以下ですし、

ミクさんは持ち家ですからさらにお安く生活していて、

以下のように仰っています。

  • 月5万円:贅沢品が買える
  • 月4万円:うるおいある生活が送れる
  • 月3万円:ふつうの生活が送れる
  • 月2万円:かなりハード。できなくはない
  • 月1万円:神々の領域

私の生活費の認識はこんなん。

インフレ、株安、どんとこい。

私はノーダメです。

生活保護より安いから……🤣


うーん、30代の若さで、生き抜く達人。

また、そのミクさんのブログのコメント欄にも、

以下のような書き込みがありました。


ミクさんと同じように節約をして
とえば、しんしんならば
住宅(月4万円)
食費(月1万円)
水道代(2000円)
電気代(3000円)
通信費(8000円)
娯楽費(10000円)
で7万円くらいで生活しています
将来的には都営団地(1万円)
に引っ越す予定です
私のマンションから通勤する社蓄たちが
満員電車で運ばれて行くのが見えます
その光景を眺めながら私はラジオ体操をしています
好きで働きに行く人は良いですが
辛いならば逃げ出し節約や福祉を利用しながら
自分の心がふるえる人生を送った方が良いですね

うーん、この方は、家賃込みで7万円生活。

ご本人が仰るように、都営団地に首尾よく引っ越せれば、

さらに生活費は安くなり、5万円でおつりがくる、と。


総じて、若い人のほうが、節約志向が強く、

一方、ダメダメなのは、贅沢が染みついているバブル世代。


一度いい思いをした人間は、

生活費を下げるのが難しいのかもしれません。


でも、人生は、山あり谷あり。

収入に合わせてダウンサイジングして行かないと、

苦しくなるのは自分だよね、



という話でした。




持ち家で月2万5千円の暮らし



僕は、ローコストで生活している人に、

シンパシーを感じていて、

たとえば、深海魚さんなどは、

持ち家で家賃がかからないため、

以下のような暮らしぶり。 


食費     10000円位
電気代    2000円 月平均
水道代    2000円 上下水道合わせて1カ月
固定電話  1700円  基本料金
ネット代   2000円  YAHOO  BB 12Mバリュープラン(2年縛り自動更新)
国保     2500円  月平均
心療内科  1700円  月平均
固定資産税 2000円 月平均
火災保険  1300円  月平均  年一括払い
ーーーーーーーーーーーーー  
合計    25000円くらい

●食費  一日の食費は、二食で200円くらいです。インスタントコーヒー、お菓子、調味料、カセットコンロのボンベ4本、日用品の代金も含んでいます。

自炊は電気コンロを主体に使っているので、ボンベの消費量はこれくらいです。

●水道代  基本料金です。

●固定電話  話す相手がいないので、毎月基本料金です。ネットをするので仕方なく持っています。IP電話も標準装備だが、当然使った事がありません。

●国民健康保険 七割減免で、ありがたい事です。

●心療内科 自立支援法の適用で一割負担。月の上限2500円。上限まで行く事はあまりありません。

●火災保険 昔は損保に入っていたが、 保険なんて要するに家が燃えた時、新しい家を建てる金をくれればいいだけです。特約なんてどうでもいい。それで掛け金の安い共済にしています。

●衣料費 私の家計に衣料費はないといってもいいです。昔衣類が安い時に、買いだめしているのがあります。買わないといけないものは下着くらいです。

110653

うーん、かなり共感できる部分は、あります。

たとえば、僕も衣料費などは、ないに等しい。

下着、靴下、靴などは、

擦り切れて履けなくなるまで使用し、

買うのは、それからでも遅くない、と。


深海魚さんに比べれば、

月6万円も生活費に使っている僕などは、

まだまだ甘ちゃんだと、

言わざるを得ません。




忙し過ぎて心が迷子になっていない?



忙し過ぎて心が迷子になっていない?

と、ターシャは訊きます。


幸せは自分で創りだすもの、

と、ターシャは言います。


昨日は、散歩の達人、友人Oと、川べりの道を散策。

午前の遅い時間から午後の早い時間にかけて、

ちょうど午後から曇ってくる前の数時間。


橋の下には、自由に生きる老人。

IMG20220319122852

家がないからと言って、

不幸とは限らないし、

橋の下とは言え、

彼にとっては家と言えば家。


人の数だけ幸せもあれば、

人の数だけ不幸もある。


幸不幸を分けるのは、

当人の気持ち一つ。


ターシャに見習って、

僕も好きなように、

幸福を、



創り出しています。





 

持ち家ローコスト生活は最強の要塞ライフ



僕の生れた家は家賃2000円前後の市営住宅でした。

2万円ではありませんよ、2千円。

6畳と4畳半に、父と母との3人暮らし。

風呂はないため、父が自力で建てました。

風呂と一緒に物置も建て、その物置小屋で、

夜遅くまで、母が機織りをしていました。


機を織ることで、

なにがしかの賃金を得ていたのだと思います。

その市営住宅は、今でもありますが、

今は家賃はいくらなのでしょうねえ。


もう何度も言っていることではありますが、 

基本的には人間も動物と同じで、

生きるための必需品は、ねぐらと食料。


で、動物との違いは、精神性。

そしてこの精神性は、

ありがたいことに、

お金がかからない。


ということはですよ、

ねぐらと食料さえあれば、

あとは、それほど、

あくせくする必要も無し、と。


この絶対的事実がわかれば、

生きるのは、超簡単。

IMG20220218122526

普通に生きられるだけのお金があれば、

それ以上あくせくする必要もなくなります。


持ち家というねぐら、

自炊という食料調達、

まあ、僕は、たまに外食もしますが、

これだけを確保して、

あとは、精神を遊ばせる。


ということで、

持ち家ローコスト生活は、

最強の要塞ライフだと、



僕は、思っています。




「ストレス解消=お金を使うこと」ではないよね



今は付き合いがありませんが、

ストレス解消に風俗に行くという奴がいました。

一回行けば万札が飛ぶ場所に、

ストレスの解消を求めると、

お金などはたまるはずもありません。

勿論、それ以上に稼いでいれば、別ですが。


さて、そのことについて、

ひろゆきがいいことを言っていたので、紹介します。


「ストレス解消」と言われて、最初に何を思い浮かべるかが大事です。

 大前提として、「お金をかけない方法」を持っているでしょうか。

 もし、「ストレス解消=お金を使うこと」しか思い浮かばないようなら、危険です。

 それを当たり前だと思っていると、今度は「お金を使わないと満足できない」という体質になってしまいます

 そうなってしまうと、依存症に陥ったり、借金の入り口になったりするのです。

そうならないためには、お金をかけないストレス解消法を1つは持っておくことです。

「目覚ましをかけずにひたすら寝る」とか、「坂道を思いっきり走る」とか、「子どもと思いきり遊ぶ」とか。

 タダでできることを1つは持っておきましょう。

 それがあると、たとえお金がなくても、働いていなくても、いつでもストレス解消をすることができます。

お金を使うのは、それをやった後です。

 それも、高いお金を使うのではなく、「1000円以内で考えよう」とか「2000円は好きに使おう」とか、低い金額で考えるようにすべきです。

 そうしないと、あっという間にエスカレートして、「100万円の時計を買った」とか「ギャンブルで10万円が消えた」ということになってしまいます。

 その入り口を作らないためにも、「0円でできること」を手段として1つ持っておきましょう。


うーん、 まさに、ひろゆきが普段言っていることそのもの。

子供の頃、赤羽の桐ヶ丘団地などで、

人物観察してきただけのことはあります。


僕の場合、街歩き、川沿い歩きなどの散策と、

図書館巡りが趣味なので、

それがストレス解消にもなっているのでしょうが、

そもそもゆるく暮らしている日常では、

ストレスを感じることも、稀。


先日、請負アルバイトの仕事で歩いているときに、

犬に吠えられたときは、少しストレスを感じましたが。

中型犬以上の大きさの犬が、いきなり吠え掛かってくると、

びっくりするし、心臓もどきんとしますからね。

その日は、3匹ぐらいの犬に吠えられたので、

そのときは、確かにストレスでした。


で、何の話でしたっけ?

ああ、そうそう、ストレス解消も、

お金をかけずに工夫しようよね、という、

話でした。


あ、お金のかからないストレス解消法であり、

趣味にもなるのが、瞑想。

KAGAYA018

心には、

時空間の制限がありません。




年金生活者の国民健康保険料



年金見込み額が平均より少ない僕の場合、

国民健康保険料の支払いは、気になるところ。


そうした中、タイムリーな記事を見つけました。


国民健康保険料は、住んでいる自治体や所得金額・世帯人数などで違います。今回は、新宿区に住み年金をもらっている夫婦2人をモデルケースとして、夫の年金は月額13万円、妻は6万5000円で計算したいと思います。

新宿区の国民健康保険料は、基礎賦課額(医療分)と後期高齢者支援金等賦課額(支援金分)と40~64歳まで支払う介護納付金賦課額(介護分)があり、それぞれに均等割額と所得割額があります。これら全てをあわせて国民健康保険料としています。

モデルケース世帯2人の所得額(雑所得)を計算します(年金収入のみ)。

●夫65歳:年金月額13万円×12カ月=156万円
公的年金等控除額:110万円、控除後の雑所得:46万円

●妻65歳:年金月額6万5000円×12カ月=78万円
公的年金等控除額:110万円、控除後の雑所得:0円

【均等割額の計算】
・医療分:3万8800円×2人=7万7600円(a)
・支援金分:1万3200円×2人=2万6400円(b)
・合計:(a)+(b)=10万4000円……(ア)

【所得割額の計算】
●夫:雑所得46万円-基礎控除額43万円=算定基礎額3万円
●妻:雑所得は0円ですので、所得割額の負担はなし

・夫の医療分3万円×7.13%=2139円(A)
・夫の支援金分3万円×2.41%=723円(B)
・合計(A)+(B)=2862円……(イ)

【年間の国民健康保険料の合計額】
・10万4000円(ア)+2862円(イ)=10万6862円

1カ月あたり保険料は8905円となり、偶数月に支給される年金額からおよそ2カ月分ずつ引かれることになります。

うーん、 僕の場合、天涯孤独者であり、

貰える年金も、10万円以下なので、

おそらく、月数千円くらいなのかなあ。

muro11.2

まあ、もらう段になれば、わかるので、

そのときを、

待つと、いたしましょう。


「国は一人によって興り、一人によって滅ぶ」

という言葉があります。

今のロシアがまさにそれ。

プーチンは、ロシアを繫栄させもしましたが、

今は、国民を困窮に追い込んでいます。


以下は、日本周辺でのロシアの動きのわかるニュース。

防衛省統合幕僚監部は16日、ロシアの揚陸艦4隻が津軽海峡を通過したと発表した。4隻は同日、青森県の尻屋崎沖から津軽海峡を通って、日本海に航行したのが確認された。

 揚陸艦は大量の兵力を輸送できる。日本政府はカムチャツカ半島などの極東に展開する部隊をウラジオストクに運び、シベリア鉄道や空路などでウクライナ方面に移動させる可能性があるとみている。

 ロシアのウクライナ侵攻は計画より遅れているとされる。防衛省幹部は「極東の部隊まで投入するのであれば、ロシアの苦戦は明らかだ」と分析している。

 ロシア軍は10〜11日にも駆逐艦など10隻が津軽海峡を航行するなど、日本周辺の活動を活発化させている。



「国は一人によって興り、一人によって滅ぶ」は、

中国北宋の文人、蘇洵の言葉。

プーチンには、この言葉の意味を、

嚙み締めてもらいたいところです。



孤独と貧乏は精神の足腰を強くする



僕は、天涯孤独者で、お金もあまりない、と。

カテゴリー的には弱者かと思いますが、

幸せです。


老後不安の記事をよく見かけますが、

それ、世界標準で見たらどうよ、という話。


たとえば、先日、爆撃を受けたウクライナの通りを、

老婆が泣きながら歩いている映像を見ましたが、

僕が彼女の立場だったら、同様に嘆き悲しみます。


でも、日本で不安を煽っている老後って、

全然不安じゃない老後。

生活保護という、セーフティーネットもあるし、

インフラも整っているし、

福祉もある、と。


それで不安不安て、そっちの心根のほうが不安を呼び込むよね、と。

IMG_1730

健康で住むところがあって、飯が食えたら、ハッピーなんです。

もうそれだけで、満たされているんです。


で、図書館に行けば本も読める、と。

古今東西の賢者が、人生について教えてくれます。

本当に、学ぶ気さえあれば、無制限で学べるんです。


自由に散歩もできるし、

爆弾を落とされることもない、と。

これで不平不満を言っていたら、

自分の精神状態を疑ったほうがいい、と。


マスコミも不安ばかり煽っていますけど、

また、商品を売るほうも不安を煽って買わせようとしますけど、

そんな、セルサイドの思惑に乗ってはいけません。


で、何が言いたいのかというと、

孤独と貧乏は、

精神の足腰を強くする、ということ。

「人間が貧乏からのがれるには、
 ふたつの方法がある。
 ひとつは、自分の富をふやすことであり、
 他のひとつは、わずかなもので満足するように
 自分を慣らすことである」

と、トルストイも言っているように、

ローコスト生活で満足できるようになれば、

幸せは、手の内にあるようなもの。


自分には何が必要なのか、

自分は、何に価値を置いて生きているのか、

それさえわかっていれば、

怖いものはないんです。


 

独裁者とカルト教祖は人間をモノのように扱う



 押しなべて、すべての人間は、未熟です。

その未熟な人間が、長らく絶対的な地位にいると、

一人の例外もなく、裸の王様になっていきます。


なぜ、裸の王様になるか。

自分の周りに、意見を言ってくれる人がいなくなるからです。

なぜ、いなくなるのか。

独裁者であれ、カルト教祖であれ、

その地位が絶対的なものになればなるほど、

周りの人間は、彼の言動に矛盾を感じながらも、

唯々諾々と従うようになってくるからです。

なぜ、そうなるのか。

意識的に、あるいは無意識のうちに、

独裁者やカルト教祖の機嫌を損ねたくないという気持ちが、

働くようになるからです。

こんな報告をしたら、機嫌を損ねるのではないかと危惧し、

言いたいことはオブラートで包み、

その絶対者の耳に心地よいことばかりを報告するようになる、と。


カルト教祖はその宗教団体、

あるいはそれ未満の小さなコミュニティであっても、

その組織内では絶対者で、神に等しい存在。

そしてプーチンのような独裁者は、

ロシアにおいては絶対者であり、

その集団が国家であるために、

さらにその被害は甚大となります。


で、その独裁者とカルト教祖の共通点は、

人間をモノのように扱う、ということ。

プーチンを見ていれば、説明の必要はないと思いますが、

カルト教祖であれば、自分を神の位置に置き、

言うことを聴かなければ人類を10億人単位で減らすような発言をする、と。

信仰のない(服従しない)人間は、人間ではない、と。

そんな輩は粛清の対象である、と。

カルト教祖には、プーチンのような実態的武力はありませんが、

言葉の暴力を振るいます。

一般の人には全く無力な言葉も、

カルト信者にとっては身の竦む言葉。


人間をモノのように扱う、という共通点に重複しますが、

脅しによって人を動かそうとする点も、同じ。

カルト教祖の脅しは、武力ではなく、

死後の霊界での行先であったり、

天変地異の予言であったり、

心の中に植え付ける恐怖ではありますが、

妄信する信者への効き目は絶大。


それ以外の共通点は、敵対する者に対する異常なまでの憎悪

これは、常軌を逸した執拗さで相手を叩きます。

大人の目から見れば、その執拗さは子供じみています。


他の共通点を上げるとすると、知能が高い点

独裁者が務まる人間は押しなべて頭がいいし、

その点は、カルト教祖も一緒。

ただ、ここで言う頭の良さとは、

頭の回転の速さだったり、驚くべき知識量だったりということで、

人間的に賢い、ということでは、ありません。


それ以外の共通点としては、本人は無自覚なことが多いのですが、

その心の中は疑心暗鬼と恐怖心が渦巻いている点

それと、友人がいない点、でしょうか。

絶対者になればなるほど、他人が信じられなくなっていきます。

IMG20210129180502

しかしそれは、すべて、自分が蒔いた種。

自分が蒔いた種は、自分が、刈り取らねばなりません。







裸の王様とウクライナの子供たち



ロシアのウクライナ侵略で苦しんでいるのは、

ウクライナ国民だけでなく、大半のロシア人も一緒。

そしてまた、ロシア兵の大半も、

苦しみと葛藤の中にいるのではないでしょうか。


裸の王様プーチンは、今、世界で一番孤独な人間。


因果の理法という宇宙法則があります。

また、天網恢恢疎にして漏らさず、という言葉があります。

プーチンは、自らの行いに対する反作用を、

免れることはできません。

他者を脅しで屈服させることができたとしても、

宇宙法則が、彼に反作用を与えます。


「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる」
ローマ12:19



ここで言う私とは、神である宇宙法則のこと。 

宇宙法則であるがゆえに、

天網恢恢疎にして漏らさず、で、

万人に作用します。


もし、神に依怙贔屓があるならば、

僕たちは、そのような神を信頼することはできません。

分け隔てなく、法則として働くから、神、なのです。


その神をシルバーバーチは大霊と呼んでいます。

その大霊が、宇宙法則として、

この宇宙を統べているという事実。

だからこそぼくたちは、安心していられるのです。

430804

信仰というものがあるとすれば、

それは誰か特定の個人を神としてあがめることではなく、

大霊が統べる宇宙法則を信頼し、

因果の理法を道理としてわきまえて、

道に則った生き方をすること、

それ以外の信仰を、

僕は知りません。


その信仰であれば、

宗派の違いを乗り越えて、

人類が、互いに進化向上をしていけると、

思っています。


ウクライナでは、この戦時下でも、

子供が生まれています。

そうした子らが、

すこやかに育つように願い、

歌を送ります。



大霊は依怙贔屓しません。

自分自身を信じてください。




頭のわるい人の典型例



僕自身、かつては相当頭が悪かったので、言えるのですが、

実は今も、そう頭が良いほうではないのですが、

他人との比較、というよりも、

過去の自分よりも、

一ミリでもいいから賢くなっていれば、良い、と。 


ひろゆきがいいことを言っていたので、紹介します。

あ、ちなみに、当然ですが、ひろゆきも、

的を射たことを言う場合もあれば、

それ間違ってんじゃね、みたいな、

ずれたことを言うこともあり、

それが人間というものなので、

この世に完璧な人間はいないし、

間違えたり、反省したり、して、生きている、と。

IMG_5313

で、以下は、そのひろゆきの発言からの抜粋。


日々、たくさんの質問を受けていて、やめたほうがいいと思うことがあります。  それは、特定の個人を信じてしまうことです。つまり、「信者」になること。信者になってしまうと、どんなに間違った意見を言っていても理解者であろうとしてしまいます。  ただ、1人の人間の信者になることは、とても頭の悪いことなので、やめたほうがいい。その理由について述べていきましょう。

よく、「尊敬する人はいますか?」という質問をされます。できるだけ答えたくないのですが、強いて言えば、すでに死んでいる人を挙げます。  どんな人にも「いいところ」と「悪いところ」があります。つまり、「尊敬できる部分」と「尊敬できない部分」がある。  仕事上ですごい成果を出して尊敬できる人でも、プライベートではクソ野郎かもしれません。それは、どんな偉人でも凡人でも同じです。  「この人は信じていい」「この人は信じてはダメだ」というように、1人の人間を丸ごと判断してしまうのは、とても危険なことなのです。  「信者」になってしまうと、その人の「悪い部分」が見えなくなります。もし、差別的で攻撃的な発言をしたとしても、「本当は深いワケがあるんだろう」とか「本当は優しい人なのに、疲れているのかな……」と自分勝手に解釈してしまいます。

なぜか、世の中には、「正しい人」と「間違った人」に分かれているように思ってしまいます。  それは、学校教育で先生が絶対的な存在だったり、親に反抗しなかったりする人に、特に見られる特徴です。  もしくは、メディアのニュースを通して、「犯罪をおかす敵」を見せつけられてきたからかもしれません。  しかし、現実はもっと複雑です。わかりやすい敵なんていません。100%信用できる人だっていません。  そんな中で、つねに自分が判断して決めていかないといけない世の中です。つい、人は弱ったときに、有名人や占いを信じてしまいます。理由や根拠がなんであれ、「この人が言っているから間違いない」と盲信してしまうのです。  ただ、特定の個人を100%信じきってしまうのは、非常に頭が悪い特徴なので、絶対にやめるようにしましょう。僕の言うことも同じです。ひろゆき信者ほど、頭の悪い人はいないと思いますよ(笑)。


うーん、ひろゆき信者もいれば、ホリエモン信者も、いるのでしょうが、

僕なども、かつては、斎藤一人さんを尊敬していて、

もしかしたら、一人さん信者に見えたかもしれません。


ただ、僕は、複数のカルト宗教での経験を通して、

個人崇拝の危険性を、身を持って体験しているので、

一人さん、いいこと言っているな、とは思っても、

信者にはなりませんでした(笑)


オウム真理教などでも、

高学歴の信者がたくさんいて、

その中には、サリン事件に関係した人もいましたが、

一人の人を妄信し、人生をゆだねてしまう危険性は、

他山の石としてはいけないのです。


僕は、渋沢栄一を尊敬していますが、

実際にその人を見れば、

いやな部分もきっとあると思います。

それは、人間である以上、当たり前なんです。

僕だって、他人様から見れば、

きっと嫌なところがいくつもあるでしょう。

まあ、人間なんて、そんなもの。

未熟者同士が肩を寄せ合って生きているんですから。


だからきっと、あなたが心酔するその人も、

ありのままに見れば、未熟な人間の一人。


だから誰か一人に心酔するよりも、

複数の人たちの、それぞれこの部分は尊敬できるよね、

みたいな感じで、リスク分散したほうが、

安全なように思います。


その辺のさじ加減は、

株式投資と、

同じかもしれません。




僕の町の生活保護費を計算してみた



生活保護費は、住む場所によって、

あるいはまた、属性によって、

微妙に、違ったりします。


そこで、60代前半、単身者という属性で、

自分の町の生活保護費を調べてみました。


今は、記入するだけで、自動計算できるのですね。

その結果を公開します。

生活扶助基準額68430

68430
住宅扶助基準額37000

37000

うーん、 僕の生活費は、概ね月6万円。

冬などは、暖房費が上がって、7万円くらいかかったりします。

住環境は、一戸建てに住んでいるので、僕のほうが良いです。

ただ、生活保護受給者は、

医療費をはじめとしたサービスが無料で受けられるうえ、

税金を払う必要がありません。

その点を考慮すると、

15万円ほどの収入で賃貸生活を送る人と、

ほぼ同等の生活レベルではないか、と。

0-22

手取り15万円前後で生活している人は、

かなりいますからねえ。


まあ、

のんびり、



行きましょう。






人生とは配られたカードで生きること



ウクライナでは、この戦時下でも、新生児がいます。

つまり、この戦火の中で生まれたということ。


僕は、戦争も知らず、大した苦労もせず、60代に。

それは、たまたま、

生まれ合わせた時代が良かったから、

だけなのかもしれません。

IMG20220128131140

人生とは、配られたカードで生きることだと、

最近強く、思います。

麻雀で言えば、

最初の配牌が、生まれた時の状況。

役満に近い手もあれば、

どう足掻いても、テンパりそうもない手もあります。

でも、その配牌で、進めるしかない、と。


また、過酷な配牌にある人達に思いを馳せ、

祈ることも、人としての在り方。

5506867910589313the_mass_of_fleeing_civi

こうした避難民の苦しみを想うとき、

自分がこの群衆の中の一人であったとしても、

何の不思議もない、と。


過酷な状況を憂い、

涙しながら祈っている僕のクリスチャンの友人と、

電話で話しました。


主イエスに祈り、神に祈っている、と。

僕はクリスチャンではありませんが、

僕も、彼とともに祈りました。


すべてのキリスト教会がそうではないかもしれませんが、

多くの教会で、兄弟姉妹のために祈る、

ということを、していますね。

あれは、とても良い、と、思っています。

苦しみの時、苦難の時は、ともに祈り、支え合う。

そうした習慣ができているからこそ、

遠い異国にあって、苦難の中にある人のことも、

自然に祈れるのでしょう。


勿論、クリスチャンに限らず、

何ら宗教を持たない多くの人も、

ウクライナの人たちのことを気にかけ、

募金をしたり、祈ったりしていると思います。


プーチンに、どれだけの大義があるのか、

僕は、知りません。

ただ、こうしている今も、

ウクライナの人たちは、老いも若きも、

また、善人悪人を問わず、

死んで行っています。

それが、戦争というもの、です。


インフラが断たれ、

脱水症状で死んだ幼い女の子。

氷点下の気温の中、

震えながら歩く子供たち。


77年前、東京大空襲がありました。

21世紀の今この時に、

また、暴力に晒されている幼い命たち。


改めて、

自分の宗教遍歴と、

精神の足跡を振り返りました。


そして、

今できる、

今日の一手を、

考えています。


残された寿命を、

頭の中で、

推測しながら。



 

確定申告会場は持ってる人ほど眉間に皴が寄っている



3月の初めに、確定申告に行ってきました。

2月にも、指定された日があったのですが、

その日は、請負アルバイトの仕事があり、スキップ。


月の中旬、4日間ほどは、自分の仕事があり、

月の初めと終わりのほうは、比較的自由。


で、申告会場で気づいたこと。

財産を持っているというか、

お金のありそうな人ほど、

申告会場で、深刻な顔をしていました。

あ、わかると思うけど、一応シャレ、ね。


顔つきも、眉間に皴を寄せて、幸せそうでもない。

いろんな書類とか、なんだか持参して、時間もかかる、と。 

いっぽう僕は、2枚の源泉徴収を出せば終わり。

それと、国境なき医師団の証明書も出しましたが、

あ、あなたの場合は寄付金控除をする必要もないくらい、

(収入が少ないので)
相手の心の声

これは出す必要がないですと、返される。


で、サクサクと進み、

僕よりも前に並んでいた人をごぼう抜きして、

申告会場を後にしました。


いろんなものを所有している人ほど、

なんか気苦労というか、

034

脱税、節税対策って言うんですか、

メンドクサイ人生を生きているなあと、思い、

ご苦労様です。


メンドクサイ人生の代表が独裁者とカルト教祖。

エゴに突き動かされて、他人を巻き込み振り回し、

どんだけ、他人様に迷惑かけてんだよ、と。


以下は、ブナガヤさんのブログからの抜粋。

プーチンの「特別作戦」のために、ウクライナの民間人死者は増える一方で、既に2千人を超えているとウクライナは発表しています。
このように民間人被害が激増したのは、ロシア軍が官庁街や住宅地域、果ては病院までも標的にしているからです。
いうまでもありませんが戦時国際法違反で、既に国際刑事裁判所は調査に乗り出しています。
遠からずプーチンには、戦争犯罪の容疑者として召還状が送られるはずです。


プーチンよ、お前は幼い子供たちを、

ukrainesindependenceflagdayconstitution2

どれだけ殺したら気が済むのか。


独裁者もカルト教祖も、

宮殿のようなところに住んでいますが、

その心に平安はありません。

天に唾して生きているのですから、

当然のことです。




自分が死ぬなら、道連れにする



人生に行き詰まり、

もう死んでもいいと思っている人間の中には、 

どうせ死ぬのなら道連れにする、という考えの人が、

一定程度、います。


記憶に新しいところでは、

大阪のクリニックの事件や、

東京の電車内での放火殺傷、

僕の住む埼玉県でも、

訪問介護の医師を猟銃で殺害する事件が、

ありました。


で、視点を変えて、プーチン。

プーチンは、この戦争で負けると、

クーデターで殺される恐怖心があり、

それゆえ、意地でも戦争をやり抜こうとするでしょう。

ウクライナへの補給は、ポーランド経由が大半なので、

プーチンは、この補給を止めるために、

戦術核ミサイルを使う可能性があります。


何が言いたいのかというと、

今のプーチンの心理状態が、

きわめてやばい状態ではないか、と。


戦争が長引くほど、ロシア国民の不満は高まり、

プーチンの焦りと苛立ちは冷静さを失わせ、

膠着状態からロシアの負けが見え始めた頃、

自分の将来が真っ暗になったと思った彼が、

0-80
もう自分は終わりだから道連れだ、と、

思わないとも、限りません。


未来が塞がれたように思いこみ、

道連れにした3つの事件を、

最初に例にあげましたが、

プーチンも、同じ人間。


権力者であるか、

その辺にいる名もなきおやじかの違いはあっても、

もう先がない、と思った人間の中には、

道連れという選択肢を望む者もいることを、

知っておいたほうがいいよ、と。


すでにロシア人の中でも富裕層の人たちは、

かなりの割合で、フィンランドに脱出しています。

取り残されるのは、庶民や貧困層。

被害を受けるのは、いつも庶民、特に貧困層。


僕も介護の経験があるのでわかるのですが、

ウクライナでも、在宅で介護をしている人もいれば、

老人ホームのようなところで暮らしている人もいます。

また、透析が必要な人もいれば、

重病で入院中の人、手術が必要な人、

出産間近の人、妊娠中の人、

身体に障害のある人、

そうした、人の助けがなければ、

自分では逃げられない人が多数いるでしょう。

彼ら弱者の身の安全は、

どのようにして保障されるというのでしょう。


独裁者やカルト教祖などの、

エゴの突出した人間は、

自滅していくのが、

風の時代。


ただ、その巻き添えを食って被害に遭うのは、

普通に生きている名もなき庶民たち。


何ともやり切れない、

話ではあります。




楽天モバイルのデータ消費量が爆上げでやばいことに



楽天モバイルは、 これまで無料で使えていたので、

それと言うのも、1ギガには遠く及ばず、

だったのですが、3月に入ってみて、

びっくり。

まだ月初めだというのに、

もう、0.5ギガを超えていました。


先月などは、一か月で、0.29ギガでしたから、

疑問だらけ。


そこで、ネットで調べてみました。

以下は、調べた中で、なるほどと思った記事からの抜粋。


毎月データ0円で推移してたのですが、2021年12月分が1GBを超えました。

問題なのは12/20に急に0.4GBも使っていたことです。

1GB超えたところで1,000円程度なので問題ではありませんが、なぜ急に0.4GBも消費したのか、不思議で仕方ありません。

12/20に私が何をしていたかと言うと、外出もせず1日中自宅にいてwifiに接続してました。モバイルデータ通信は使っていません。税務署あてにRakutenLINKで20分ほど通話しましたが、LINK通話ではモバイルデータ通信は消費されません。

また、私の自宅は、着信があったときは音が鳴らずにそのままSMSで不在着信の通知が入るほど電波が悪いです。なので、知らないうちにwifiからモバイル通信に切替わっていたら、通信速度が遅すぎてすぐに気づきます。寝ている間は機内モードにしているので、寝ている間に何かが起きたことはあり得ません。

となると、楽天モバイル側の操作か、前日12/19或いはもっと前のデータ使用分が遅れて反映されたかの可能性しか考えられません。さすがに操作したとは思えないので、遅れた反映されたのでしょうか。12/19は午後から昼食~家電屋~家具屋~銭湯と外出していたので、その間に消費したことはあり得ます。そんなに使っていたつもりはありませんが。。しかも12/19も普段より消費量多めだったので、すでに反映されていたようにも感じました。

そこで楽天モバイルのサポートに、使用データの反映は遅れることがあるのか問い合わせしました。HPにも即時反映されないことは記載されていますが、その時間差が数時間なのか1日程度或いはそれ以上遅れることがあるのか分かりません。その点を問い合わせしたのですが、「ご案内できません」の1点張りでした。数日遅れる可能性があるのなら、極端に言えば嵌め込みとも言えます。

しかし自分で確認したところで、数日の時間差で表示されているとしたら、非常に気を付けなければいけません。見た時点であと0.2GBは余裕があると思っていても、次の瞬間にでも遅れて反映されてオーバーすることがあり得るという話になります。

せめて反映される時間差が数時間なのか数日の可能性があるのかだけでも分かれば良かったのですが、回答が得られないので仕方ありません。

1GB未満で0円を目指したい人は、使用量を確認した時点で全て反映されているか分からないので、限度ギリギリではなく余裕をもったデータ使用ができるように注意した方がよさそうです。

0-68

うーん、まったく僕と同じような状況なので、

参考になりました。

これからは、中華スマホは電話のみの使用とし、

様子を見ることとします。


それで、勝手に使用量が増えるならば、

これは何か、カラクリがあるのかもしれません。




無料で楽しめることがいっぱい



昨日は、隣の市の図書館で、落語の独演会がありました。

先着順ということで、2月のうちに申し込んでいました。


久しぶりに、生で落語を聞きました。

三遊亭鳳志さんという人で、

2009年に、真打になっています。


コンサートにせよ、演芸にせよ、

やっぱ生で見る、聴く、臨場感は特別。

しかも、昨日は無料でしたからね。


90分ほど、生落語を堪能し、

帰りに買い物をして帰宅。


僕の買い物は、9割が食べ物。

あとの1割が、日用雑貨などの消耗品。


そして、エンタメは無料で楽しむ、と。

本当に図書館をはじめとした公共施設を、

使い倒しているなあ、と感じます。


前回無料で演芸を見たのはいつだったのか振り返ると、

川越で、とろサーモンや、exitや、はんにゃ、を見たとき。

そのときのことは、以下の記事で書いています。

 

お笑いライブを見に行ってきました


うーん、無料で楽しめるエンタメは、最高だよね、

という話でした。

ただ、大道芸などを見た時は、

0-92

多少なりとも、集金袋の中に、

お金を入れるようにしています。

彼らはそれで、生きているのですから、ね。



 

人を裁くと自分が損をする理由



他者との意見交換が必要な理由は、

過去記事でも何度も触れていますが、

たとえば、僕は友人のIさんからは、

寛容さの効用、を学びました。


Iさんは結婚経験があり、

僕から見れば、たくさんのことを相手にしてあげたのに、

離婚後は、実にあっさりとしています。

こういうあっさりとした、さっぱりとした性格の人には、

悪霊なども憑き難いのですよ。


そうは言っても、

人間はやはり感情の動物。

世の大半の悲劇は、 

感情の暴走から、

起こったりしています。


なので、視点を変えて、

損得で考える、という方法があります。

一見打算的なようですが、

理性を呼び覚ますのには効果的。


他人も、社会も、世界情勢も、

自分の望むようには動きません。

ならば、そのことを考えるのは良いとしても、

悩むのは、損でしかない、と。


昨日は、わずかな時間ですが、

ウクライナへの支援を呼びかけるデモに行ってきました。

世界情勢のことも、

考えることはするけれど、

悩むことはしない、と。

僕が悩んでも、一ミリも良くなることはないし、

自分の波動が、下がるだけ。

だから、考えることはしても、悩むことはしない、と。

IMG_5305

他人を裁き、世の中を裁き、していると、

たとえば、政治家の誰それはけしからん、

などと言ったところで、

それで血圧が上がり、心臓にも悪いのは自分のほう。

批判されているほうの政治家は面の皮が厚く、

こちらが悩んでいるときに高鼾で寝ている、なんてことも。


つまり、ばかばかしいことはやめようよ、ということ。

これは、どこかの他人に言っているのではなく、

僕自身に、言っていること、言い聞かせていること、です。


かつてはすごく、感情的な人間、でしたからね。




図書館こそが最良のサブスク



サブスクは、上手に活用すれば、

生活の質の向上に役立つと思いますが、

まったく利用しない月であっても料金が発生したりと、

マイナス面も、ないとは言えません。


その点、図書館などは最良のサブスク。 

IMG_5315

話題の新刊は置いてあることが多いし、

なければ、リクエストをすることもできます。


僕は、合計6枚の図書カードを所有していますが、

作ろうと思えば、もう一枚作る権利があります。

しかし、現在所有の6枚のカードも、

今現在使っているのは4枚。


6枚全部を使って、

6カ所から借りていたこともありますが、

間違えやすくなるということもあり、

4枚くらいが最適解かなあ、と。


とにかく、いろんな図書館に行くこと自体が楽しいだけでなく、

その違いも、気づきがあって、面白い、と。

図書館は、延滞しても、延滞料金はないし、

だけど、無料に甘えて延滞するのも気が引けるので、

なるべく、期日前には、返すようにしています。




吊るし雛と峠道



昨日は、散歩の達人の友人Oと、

川沿い歩き。


そののち、

IMG20220303105822

古民家に立ち寄り、

IMG20220303105953

吊るし雛を見て、

さらに歩き、

IMG20220303111734

峠道へ。

IMG20220303115652

さらに歩けば、

IMG20220303115701

天覧山ですが、

そこで引き返して、

早春の道を歩く。


友人Oも僕も、

ともに3月生まれ。

春の男、

なのですよ。



 

女性の年金受取額は10万円未満が約48%



女性の48%、つまり約半数が、年金受取額が10万円未満。

ただ、女性の皆さん、安心してください。

僕は、9万円ですから、

男でも、10万円以下の人がいる、と。


以下は、リーモノ、ライフアンドマネーからの抜粋。


女性は、パートナーがいてもいなくても最後はおひとりさまになる可能性が高いもの。老後のマネープランは「自分ごと」として考える必要があります。

厚生労働省年金局の「令和2年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によれば、女性の厚生年金の受給額は平均「月額10万3808円」です。

内訳をみると、女性の年金の受取額は10万円未満が約48%です。 5万円ごとに集計すると、女性は15万円未満までが約89%。1万円ごとに細かく集計してみると、実に女性の約70%が12万円未満となっています。


うーん、 で、記事ではお決まりのように、

これでは足りないから、

何とかしましょうとの話になるのですが、

ちょっと待った、と言いたいのですよ。

足りない足りないと騒ぐ前に、

その年金内でやりくりできないかを考えるべき。

やりくりできれば、

老骨に鞭打って働く必要もなくなるわけで。


まずは何よりも生活費の見直しでしょ、と。

たとえば、コンビニでは買い物をしない、とか、

ペットボトル飲料を買うのはやめて、
0-78

水筒持参にする、とか。


これ、自分では気づかなかったりするのですよ。

当たり前のように思っていた細目が、

別の人の視点から見たら、

全然要らなくね、と、



なったりします。




ダブルワークと母の愛



ングルマザーが子育てをする大変さは、

今も昔も同じ。

テレ玉で、ときどき見る、グッと地球便で、また泣きました。


母親が二人の子供を育てるのに、

夜も昼も働いてのダブルワーク。

小さな子供は、不安の中、家にいる、と。

兄弟がいるので、多少は良いのですが、

母親からすれば、寂しい思いをさせる申し訳なさと、

でも、稼がなければ生きていけない切なさ、と。

0-08

で、そうして育て上げた息子は、今はニューヨークで、

世界的なパーカッショニストになっている、と。


育てるだけでも大変なのに、

海外留学までさせる母の根性。



脱帽です。





北海道が日本ではなくなる日



あれは確か、新海誠監督の映画で、

「雲の向こう、約束の場所」だったと思いますが、

北海道は別の国になっているという設定でした。


今回のウクライナ侵略で、

ロシアという国の恐ろしさを、

多少理解できた人も多いと思いますが、

樺太1945年夏 氷雪の門という映画があります。 

戦争が終わったにもかかわらず、

樺太を南下し、逃げ残った日本人を殺害していくソ連兵。

ソ連が卑劣なのは、

日ソ不可侵条約を破ったことと、

終戦後に一方的な侵略を行ったこと。


昨日、テレビニュースで、

ウクライナで6歳の女の子が息を引き取り、

少女を助けられなかった医者が、

プーチン、お前が殺したんだ、と。


1945年夏、樺太でも、ソ連兵に殺された婦女子は、数知れず。

子供だろうが年寄りだろうが手当たり次第に殺していった、と。


2022年現在も、オホーツク海には、

核ミサイルを搭載した潜水艦が。


北方領土を返す気など、毛頭ありません。

それどころか、あわよくば北海道を取りたい、と。


ロシア以上の侵略の意図が明らかなのが中国。

日本の国土そのものが、かなりの部分、買い漁られています。


多くの日本人が平和ボケで、

骨抜きにされているうちに・・・

いや、もうやめておきましょう。


こういうことを書いていることが、

空しくなってきました。


北海道が日本でなくなるときは、

本州も無事では済みません。


今、習近平は、
0-39

ウクライナの情勢を、

計算高い、

冷ややかな目で、

見つめているでしょう。


台湾侵攻を、

その脳裏に描きながら、ね。




最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • ライブドアブログ