介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

2018年08月

高齢者の寂しさは家族の中の孤立のほうが大きい

おひとり様は孤独だと思われがちなのですが、果たしてそうなのでしょうか。

個として、生きている事実は変わらないものの、その人が寂しいと感じているか否かは、その人の内面の問題なので、他人がうかがい知ることはできません。

たとえば、僕はかつてよく一人旅をしていましたが、バイキングの食事会場で、家族連れの子供の一人から指をさされたことがあります。

「あ、あの人、一人」とね。

子供に悪気はあるわけはなく、単純に気づいたことを声にしただけでしたが、その親はバツの悪そうな顔をして子供をたしなめていました。

僕はおかしくなって笑っていましたが、もしこれが、普段から強く孤独を感じている人であれば、この一件だけで落ち込んだとしても不思議ではありません。

同じ水を飲んで牛は乳を作り、蛇は毒を作る、と言います。

同じ体験をしても、受け取り方や感じ方はさまざまなのです。

さて、高齢者の寂しさはおひとり様よりも家族の中での孤立のほうが大きい、と改めて思ったのは、ある人生相談を読んだからなのです。

その女性は、息子夫婦と暮らしているのですが、息子夫婦から疎外されているそうなのです。外出も外食も自分だけ外され、話もしてもらえない、とのことでした。

1099458


でも将来自分がさらに高齢になったときのことを考えて、不満も言わずに我慢しているそうです。

僕は、常々、ひとり者の孤独などたかが知れている、と思っています。

本当の孤独は、家族の中の孤独であり、集団の中の孤独です。とりわけ、家族の中の孤独はきついであろうことが想像できます。

家族の中にいることがきつければ、家族から離れる選択肢があってもいい。ただ、そのためにも、まず、個として、独立していなければなりません。

精神的にも、経済的にも、です。

妻が恐ろしくて家庭に居場所がない夫たち

オールアバウトの記事で読んだモラハラ妻を見て、僕が会社員時代の上司や同僚の中にも、それに近い人がいたことを思いだしました。

オール アバウトの記事では、潔癖症の妻と、風俗通いを根に持ちねちねちと嫌味を言い続ける妻が出てきましたが、後者の妻は娘を味方につけて、夫を詰るようで、夫も、妻だけでなく娘からも厭われるとなると、労働意欲も激減でしょう。

まるでそれでは、給料を運ぶロボットですからね。

まあ、昔は、それでも、現金の入った給料袋を手渡すときだけは、妻に対して一時的な優位は保てたのでしょうが、銀行振り込みになってからは、本当に男は惨めなものです。

会社では社畜、家ではいじめの対象では、夫は居場所を求めて外に安らぎを探すしかなくなるでしょう。

まあ、掃除ができない妻よりは、潔癖症の妻のほうがましのような気がしますが、これも行き過ぎると、どうでしょうね。やっぱ、リラックスできないでしょうね。

誰にでも縄張り意識というものはあるらしく、僕の友人の一人の妻は、台所で食器などを変な使い方をしたり、元に戻さなかったりすると、怒るらしいです。

おそらく、彼女の中に、台所はこうあるべきだ、という、彼女なりの流儀があって、それを侵食されると、逆鱗に触れるのではないでしょうか。

人は、なくて七癖、というふうに、少しずつ、他の人とはずれていますから、大変です。

あのギリシャの哲人、ソクラテスも、妻では苦労したそうです。

516992


逆に考えれば、妻で苦労したから哲学者になったのかもしれませんが。


何やら切ない今日この頃です

最近は昔のことを思いだすことが多いのですが、年を食ってきたせいかもしれません。

ジャズもボサノバもプログレもいいけど、歌謡曲の中にもいいものはたくさんありますね。

僕が好きだったのは、ジョニーへの伝言、それと、喝采。

ジョニーへの伝言は、曲も歌詞もいい。

作曲は都倉俊一で、作詞は阿久悠のゴールデンコンビです。





ちあきなおみさんの喝采は、今聞いても泣けます。この一曲にドラマが詰まっています。




それと最近、昔の恋を思いだしたりして、切なくなったりしています。これも年を取ったせいかな。




初恋、というのは今聞いても良い曲ですね。

あと、女性にはいつまでも色付きでいてほしいですね。




子供の頃、タイガース、テンプターズ、スパイダース、オックス、まあ他にもいろいろなグループサウンズがいましたが、やっぱジュリーのいるタイガースが、抜きんでていたかな、と。

で、僕には不動の歌姫がいるのですよ。


浅川マキ、misia、小野リサが、僕の歌姫

この牙城が覆ることはないでしょうが、これからすごい才能が出てくるかもしれず、それを期待もしています。

一か月のアルバイト収入を公開します

7月から始めたアルバイトですが、25日が給料日になります。

で、その25日が土曜日だったために、つまり今日ですが、一日早く、つまり昨日ですが、給料明細をもらいました。

今回は、ほぼ、一か月分働いてのものなので、今後の生活費の目途を立てる意味でも重要です。

IMG_1396


10万円を超えているのが救いです。交通費、つまり通勤のためのガソリン代が、補助としてこの中に含まれています。

今後の通勤のことを考えて、愛車マーチを、スズキアルトに、買い換えました。まとまったお金が出てしまいましたが、今後のランニングコストを考えてのことです。

さて、規定通りに働けば、10万円の収入が確保できることはわかったので、あとは、それ以外の収入も視野に入れ、支出との兼ね合いをつけていきたいと思っています。

そのためにもスマホは、通信料の安いものに変えなければいけないし、さらに、どの支出がカットできるかの見極めも大切です。

まあ、ぼちぼちやっていくことにします。まずは、健康で、パートタイムのアルバイトを継続することが大前提になりますね。


話は変わりますが、今朝がた、霊夢を見ました。

年に1度か2度見る程度だとは思いますが、記憶のあるうちに書き留めておこうと、別ブログではありますが、書いてみました。

こういったことは、興味のない人には全くの無駄かもしれません。興味のある人だけ、その霊夢の内容を読んでもらえたら、と思っています。

  
朝方、霊夢を見る

せっかく霊夢を見ても、すぐに仕事に行くなり、他の用事などに忙殺されれば、朝露のようにその記憶が消えてしまうのが霊夢です。

まあ、霊夢に限らず、夢とはそうしたものですよね。だから、休みである今日の朝に霊夢を見られたことはラッキーでした。

霊夢を見たあとは、この世の風景がどんよりとした頼りないものに見えます。


せっかくスマホの2年縛りから解放されたと思ったら

8月20日に、ソフトバンクの2年縛りが外れて喜んだのもつかの間、母のガラケー、ほとんど未使用なのですが、こちらは3年縛りらしく、使い手がいないまま、機種代金だけを払い続けています。

こちらは、あと1年続きますが、今解約すると解約手数料のほか、機種代金残金一括請求となるため、万札が飛ぶということで、こちらは、あと1年、払い続けるほかはありません。

2年前、自分が情報弱者であったために、すっかりはめられて、高い契約を結ばされていました。

1040819


で、自分のスマホの2年縛りがなくなったので、早速楽天モバイルにでも乗り換えようとしたのですが、今、乗り換えても、1か月分、9042円は、支払うのだそうです。

たとえば、明日乗り換えれば、わずか5日の使用ですが、20日締めなので、9月20まで使っても、料金は同じとのこと。

まあこうやって、痛い目に遭いながらいろいろなことを覚えていくのですが、この機会によく、勉強しようと思いましたね。

株とかそっち系は、詳しくなりましたが、スマホはさっぱりなので、それに、調べたら、5ギガも使っていなくて、やけに高い契約を結ばされていました。

あの代理店のあんちゃん、自分の利益を最大化しやがったなと、改めて、性善説ではこの世はやっていけないと思った次第です。

すべては自己責任なので、そのあんちゃんを恨んでも仕方がないので、今後は、契約にはよくよく気をつけたいと思います。

正社員よりも長い時間働きました(それじゃセミリタイアじゃねえべ)

昨日は、かなり長い時間働きました。

今月は、昼からの勤務なのですが、そのおかげで、ブログも午前中にノンビリ書けたりしていたのですが、午前勤務の人が有休をとった関係で、昨日は、午前午後合わせて10時間の勤務となりました。

間に昼休みが入るので、拘束時間はさらに長くなります。

また、午前にも午後にも社員の送迎業務があり、どちらも、時間外労働が発生しますが、それは時給には含まれません。

まあ、こうした長時間の勤務は、ごくたまにしか発生しないので、昨日はむしろ、弁当業者の昼の弁当を楽しみにしたり、果たして自分が長時間働くとどんな気持ちになるのか、それを楽しみに変えて過ごしました。

すると、不思議な充実感が。

基本的に労働は好きではないと思っているのですが、事故なく社員を送迎することも、メール便を間違いなく届けることも、廃棄物の仕分け作業も、少しは世の中の役に立っているよなあ、と思うと、充実感のようなものが出てきたのですね。

722641

働いているのは、もちろん、第一義的にはお金のためなのですが、お金のため、という動機だと、力がでないのですよ。

辛いときは、修行だ、と思うと、何とか乗り切れます。僕の場合はね。

ただ昨日は、それとも少し違う。何と言うか、やりがいに近い感覚でしょうか。

勿論、このやりがいも、10時間勤務が毎日続けば自分の時間が侵食され、たちまちやりがいどころではなくなっていくことも知っています。たまに、だから良いのです。

ということで、今日は平常に戻って昼からの勤務なので、こうして、午前の自由な時間に、ブログを書くことができました。

フルタイムで働きながら、毎日ブログを更新している人がいますが、尊敬します。

人生の晩年に必要なのは、お金よりも精神的自由

僕は50歳までの人生で、お金をあまりにも粗雑に扱ってきました。そのツケが今、出ているわけで、世間一般の同年代よりも持ち金は少ないのです。

猛省すると同時にカルト宗教も退会し、お金を大切に扱うようになっていきました。大事に扱うようになってから、お金も少しずつですが僕になつくようになりました。

お金は、確かにこの人生を過不足なく乗り切るためには必要不可欠なものです。

しかし同時に、あまりにも多くの人々が、お金信仰に陥っていることも事実です。信仰する相手が神ではなく、お金なのです。それでも、かつての僕よりはかなり賢い。僕はと言えば、神を騙る男に、大金を貢いでいたのですからね。

多くのカルト宗教の信者がそうであるように、実はお布施、あるいは献金、と言ったものは、それはそれで快感があるものなのですよ。手放してすっきりする感覚です。この辺りは、断捨離に似ているかもしれません。

で、いつもお金がない、貯金ゼロが当たり前で、いい年まで来てしまい、少しずつ経済の勉強なども始め、今に至っているわけですが、お金があまりなくても生きられることを知っているし、耐性が付いているので、根本において、お金に対しては楽観的になれるのです。

決して貧乏を肯定しているわけではないのですが、老後に必要なお金は3000万とか1億などという話を聞くと、違和感が甚だしいのです。

ここでちょっと逆説的な話をします。

お金は、持ちすぎると苦しみを生みます。

減らしたくない、という執着の苦しみ。

お金信仰に陥っていると、例えば旅行に行って楽しいはずなのに、それはお金が減るという苦しみを伴うので、心から楽しめなかったりします。これなどは、お金信仰信者の特徴ですね。

さて、いくらお金を持っていても、死というゴールは確実にやってきます。
1043131

そのときに、心安らかに死ねるのは、実はあまりお金を持っていない人だったりします。

これは、容易に想像がつくのではないでしょうか。ありすぎるお金が執着となって余計な苦しみを生みます。紀州のドンファンも、仲の悪い兄弟に一円たりとも渡すまいと、執着したらしいです。

何が言いたいのかというと、人は死というゴールが決まっており、その死すら、いつ訪れるかわからないので、あまりお金を貯めても意味がないというか、むしろ苦しみの原因にすらなりかねないということなのです。

しかし同時に、この砂漠のような世をひと様に迷惑をかけずに生き抜いて行く程度のお金は持っていなければいけません。それと、多少は人生を楽しむ程度の余裕があるくらいのお金を持っていればなお良いでしょう。

お金に関しては、その程度の執着でとどめておいたほうが良いように思っています。

ただ僕の場合は、あまりにもお金に頓着しない生活を送りすぎていたために、自戒の意味を込めて、お金に関する話を結構書いていますが、多くの賢い人には釈迦に説法でしょうから、聞き流してもらえれば幸いです。

僕自身、お金への配慮はほどほどにして、精神的自由を謳歌する生活へと意識を切り替えていきたいと思っています。

東京砂漠を生き抜く知恵

お金の話が多くて、ごめんなさい。

ただ僕は思うのですよ。カルト教団に、2500万円もむしり取られた男だからこそ、語れることがあるのではないかと、ね。

でも、今日は、カルトの話ではありません。

残酷な東京で生き抜いている僕の知人の話です。友人というほどは、親しくないんだよなあ。

14日に東京に行ったときに、荻窪に行き、その人に電話したのですよ。でも、あっさり、却下。

まあ、それは良いとして、一人で酒を飲みました。その人のことは、以下の記事で書いています。


月収は残業代込みで15万円男の逆襲

最近、アメリカ株が調子が良いということは聞いていたのですが、14日は、最近できた彼女と、コンチネンタル東京ベイだそうです。

で、一人で、14日は酒を飲みましたが、その男、かつてはしがない工場労働者だったわけですよ。してやられました。

まあ、幸せなら、良しとしましょう。他人の幸せを喜べないようでは、先がありません。

まあ僕は、男には興味はありません。男は、どうでも良いのですよ。まあ、頑張れとはっぱをかけるぐらいですね。

それは、かつて、極真空手で鍛えられたせいもあるかと思います。

で、女性には頑張ってほしい。東京で生きるのは過酷ですが、どうか、幸せになってください。

アラフォー非正規未婚、東京砂漠

1047330

女性は、数々の不利益をこうむりながらもけなげに生きているのですよ。

女性の場合は、セキュリティーを考えたら、あまり安いアパートに住むわけにも行きませんからね。その分、男よりもお金がかかります。


失敗の多かった僕がアドバイスできることは、そんなに多くありません。ただ、これだけは言えます。

カルト宗教にだけは嵌まってはいけません。僕がお金を貢いだカルト宗教は、このブログでもたびたび書いていますが、統一協会と幸福の科学です。

今では、その2つの団体が、いかに間違っているかを、10時間でも話をすることができますが、このブログで、詳しく書くことはできません。

しかし、上記2つ以外にも、カルト宗教だけでなく怪しいセミナーや霊能者がうようよいます。

はっきり言います。神ごとに、お金は1円もかかりません。お金を要求してきた段階で、却下しましょう。

自分の身は、自分で守るしかないんです。まだ言いたいことはたくさんありますが、今日はここまでといたしましょう。


金持ちの天国貧乏人の地獄、東京で、吹き溜まる人々

お盆休みの14日と15日、東京に行ったのですが、14日の昼頃に行って、15日の昼過ぎに帰ってきたので、実質の滞在時間は24時間ほど。

営団地下鉄の24時間券は、日をまたいで使用できるので、それを使いました。

この時期の東京は比較的閑散としていて、宿代も安かったりします。たとえ楽天ポイントでタダで泊まるにしろ、使うポイントも少ないに越したことはありません。

さて、夜は、少し散策しましたが、無料で高いところに登れる都庁に行きました。


IMG_1379
エレベーター待ちの行列

IMG_1384
どうしても人が映ってしまうので遠慮気味にシャッターを押す

IMG_1386
ライトアップされた都庁

その後、新宿を歩いているときに、地方出身者の東京滞在について考えました。旅行者の滞在ではなく、上京してきて、東京に住み着き、帰るきっかけも帰る理由もなく、東京にとどまり続けている人たちです。

新宿を歩いていると、いろんな人を見かけますからね。どうしてもそういうことを、考えてしまうのですよ。

で、この日、夜なのに観光客を数多く目にしました。特に外国人。

そして、そうした観光客をどこか遠い目で見る、東京に住み着いた人たち。たとえば、ホームレスとか。

あるいは、安アパートで暮らし、日々生きることにいっぱいで、自分は旅行などできない人たち。

東京は、貧乏人にとっては、暮らすのに不向きな場所です。生活コストが高すぎます。旅行者にとっては、魅力的な街なのでしょうがね。

東京に住み着いた、あるいは、吹きだまった人たちというのは、もう故郷に帰る理由がないのかもしれません。もう親は死んでいるし、帰っても居場所なんかないし、みたいな。

それに東京は、生活コストは高いけど、うずもれてしまえば、精神的には楽に生きられる場所です。誰も、自分のことなど気に掛けないから、何をしても自由でいられます。

ただ、金持ちの天国貧乏人の地獄、の側面は強くあります。

翌日は、終戦記念日でもあるので、靖国神社に行きました。


IMG_1388

IMG_1392

九段下駅を出て、靖国神社に行く途中、実に様々な団体のパンフレットやら、雑誌やらを受け取りました。

いろいろな団体が、自分たちの主張を訴えていました。

参拝の帰り、鈴木邦男さんとすれ違いました。実際に目の前で見ると、ずいぶん小さい人に見えました。まあ、高齢というのもあるでしょうが。

「私は愛国者」と声高に言う人は偽物、と鈴木邦男さんは言っていますが、わかるような気がします。


投資信託で600万円の損失

今日はちょっと、投資の話。

いきなりステーキならいいものを、いきなり銀行なり、証券会社なりに言われるままに、投資信託を始める人がいます。

夫が証券会社の口車に乗り、勧められるままに投資信託をスタート。そして、たちまち600万円の損失、だそうです。妻としては、気が気ではありませんね。

そんな相談コーナーを、今ネットで見ていたのですが、まるで、ナニワ金融道の世界です。


でも、いるんですよ。にわか投資家が、損して、退場。

ちなみに、僕も、かなりの所有銘柄がマイナス計上ですが、それは自己責任。

投資信託と違い、自分で選んだ銘柄ですから、損をしても納得。

ま、売らない限りは損失ではなく、長期保有で挽回する戦略です。

僕が、投資信託が好きではないのは、自分で銘柄を選べないところです。

さて、退職金を狙われて、にわか投資家になって、いきなり600万円の損失をして、妻に呆れられた人は、中立的な第三者に相談。

基本的に営業マンのやることは、自分、あるいは自分が所属する会社の利益が最大になるように行動する、という事です」というアドバイスに従い、解約したそうです。

やるならネット証券、そして自分で判断する。それしか、ありません。

退職金が振り込まれたという情報は、瞬く間に出回るそうで、用心しなければいけませんね。

孤独を楽しめる才能は、幸せになるためのスキルの一つ

仕事を辞めた途端にシュリンクするタイプの人間がいます。

シュリンク、つまり、萎んでしまう、ということですね。

でも、セミリタイアを若い頃から目指しているタイプの人は、何もしないことにこそ、価値を置いているので、萎むことはありません。

ましてや、暇を持て余すなんてことはないんです。

まあこれは、資質というほかはなく、斎藤一人さん曰く、「怠け者を働かせると病気になるし、働き者を働かせないと病気になる」そうです。

怠け者がいやいや会社勤めをしているのは悲劇で、一刻も早く、逃げ出したほうがいいのですが、人生、何もしないでごろごろしているのも、それはまた、幸せとは言えないのかもしれません。ただ、過労死よりはましですよ。

さて、リタイア後のもう一つの問題は、孤独、です。

ときどき、孤独を訴える人を見かけますが、これも資質によるところが多く、何とも言えませんが、孤独を楽しめる才能のある人は、強いと思います。

僕も、どちらかというと、孤独を楽しめるタイプです。

だから、一人旅に行って、家族連れに囲まれていても、平気でいられるのです。

944854
             一人で、どこへでも行くよ


まあもう、一人が、慣れっこになっていますからね。

ということで、貴重な夏休みの真ん中の二日、一泊で都内に行ってきます。勿論、現金支出を抑えて楽天ポイントの支払いで無料で泊まります。食事は主に株主優待を使います。

では、行ってきます。

老後の手取り年収108万円からの考察

僕が年金を繰り上げも繰り下げもせずにもらった場合の年間の受取額が、108万円。

これは、月9万円として計算したものです。

108って言う数字、どこかで聞いたことがあります。そうです、除夜の鐘、すなわち、人間の煩悩の数。

まあ、それはいいとして、ぶっちゃけ、108万円でやっていけるかどうかが、カギなのですよ。

僕は、やっていけると思っています。ただし、それには条件があります。

それは、住宅ローンが終わっていれば、ということです。

で、その住宅ローンが終わるのは、繰り上げ返済をしなければ、69歳です。

セミリタイアブログで、中古の一戸建てを購入して、ローコスト生活をしている人が何人かいますが、賢いと思っています。
145509

僕の場合は、両親の介護での実家の建て替えだったので、後悔はないのですが、一人だったら、小さな家で十分です。固定資産税も安いし。

とにかく、住居費が占める割合が、半端ない。とりわけ、老後は、住居費がネックです。


ひろゆきも、言っていますが、大都会赤羽で、7万円の家賃を払うよりも、群馬に住めとね。別に群馬でなくても、地方都市ならどこでもいいんじゃね、とね。


さて、月9万円の年金でやっていけるかどうかですが、これに長生きリスクが加わると、もう少し年金の上乗せが欲しいところです。

僕の今のアルバイト収入は、住宅ローンの支払いにその大半が消えていきますが、頼みの株もその半分の銘柄が値を下げている今、生活に余裕はまったくありませんですね。

最近は節約でカラオケにも行かず、youtubeで、歌っている僕なのでした。

最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ