介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

2018年04月

住宅ローンの一括返済を求められたら、生活が破綻します

幸い、僕は、住宅ローンの滞納はありません。

分譲マンションで一人暮らしをしていたときも、生活を切り詰めて、繰り上げ返済を2度したくらいですからね。

当時の僕が、いかに節約に励んでいたかを、皆さんにお見せしたいくらいですよ。

一例をあげると、食事。

自炊をモットーにしていましたが、前日作ったチャーハンの残りを会社に持って行き、次の日の夕食にしたのですが、これで食中毒になりました。

夏だったので、作り置いたものを放置していたのが悪かったのでしょう。まあ、そんな、食中毒を2回もやらかしました。

で、たまに外食して、肉が食いたくなるときは、決まって、安楽亭。

今はほとんど行きませんが、当時、ワンコインのランチがあり、割引チケットを使って、ドリンクも無料で飲んだりしていました。

まあ、そんなことはさておき、父の介護が必要になり、マンションを売却し、自宅に戻り、さらにその自宅を建て直したのですが、お世話になったのは、埼玉の地銀、武蔵野銀行。
332488
ここで住宅ローンを無事借りることができ、バリアフリーの自宅で、父の最後の日まで、自宅で介護できたことは、ありがたい話です。

で、その住宅ローンですが、滞納が続くと、一括返済を求められるというようなことを聞いたことがあります。

だから僕は、何はともあれ、住宅ローンだけは、前もって数か月分は、入れてあります。

ただ、今月は、ヒヤリとしました。かなりの金額を入れておいたと思っていた口座に、残があまりなく、株の売却でしのぎました。今は、そのため、2か月分の猶予はあります。

以前は、家賃を払うようなつもりで、毎月納めていたのですが、たとえ一か月であっても、滞納はしたくないのですよ。

家は城、家は石垣、ですよ。

家は、生活の基本です。

これを取り上げられたら、路頭に迷ってしまうのですよ。

で、住宅ローンですが、きちんと支払っていれば、一括返済を求められることはありません。

もし求められたら、我が家は破綻です。

だって、所有する株式と預貯金の総計が、住宅ローン残高以下ですからね。

もっと僕が賢かったならば、将来を見据えて、もう少し、預貯金ができたのですが、自分の馬鹿な態度を反省材料として、今を生きるしかありません。

今日も、母の面会に病院に行ってきました。明日、MRIの検査があるようです。


三つ目のアルバイト面接と母と僕の孤独

今日は、朝の9時に、町役場の下請け会社の面接を受けました。

スーツを着て、面接時間の10分前に到着。やる気満々です。

すぐに面接が始まったのですが、困ったことが判明しました。

それは、今アルバイトをしている弁当の配送の仕事と、5月8日から始まる倉庫の荷下ろしの仕事と、仕事をする日がバッティングしてしまうことがわかったのです。

その仕事というのは、町の水道課の下請けとして、各家庭の水道メーターを検針して歩く、というものです。
653072
仕事を覚えて一人でやれるようになれば、ある程度、自分の都合に合わせて動けるのですが、最初の4か月は、こちらの都合では動けません。

すでに働いているベテラン検針員のスケジュールに合わせる必要があります。その仕事を覚えるためには、月の前半の1週間程度は、どうしても連続して仕事をしなければならないのだそうです。

そうすると、毎週土曜日の弁当の配送の仕事と、毎週火曜日の倉庫の荷下ろしの仕事は、休まざるを得なくなります。

面接では、何とか交渉して、その4か月間だけは、休ませてもらって、水道検針の仕事をしたいというふうに僕のほうでも主張したのですが、また、相手の感触もよかったのですが、先ほど、母の面会に行った後、よくよく考えて、辞退することにしました。

やはり、すでに働いているバイト先と、すでに決まっているバイト先に、迷惑をかけるわけにはいかないと思ったのです。

そうそう都合よく、いいとこどりをすることはできない、と思いました。


また、今日は母の面会に行ったとき、廊下で、車いすに乗った老人を、家族でしょうか、4人ほどで囲んで写真を撮っている姿を見ました。

家族に恵まれている老人は、病気になっても、ああして、大勢の身内に支えられているのだな、と思いました。

母には、僕一人しかいないので、面会に行くのも、僕だけです。

母も僕も、孤独には強いほうなのですが、家族写真を撮っている老人は、見ていて幸せそうで、うらやましくもありました。

孤独と言えば、今日は、面接のあとに、町営図書館に、予定よりも早く返した本のタイトルが、「極上の孤独」というものでした。

下重暁子さんの新刊で、僕がリクエスト予約をして購入してもらったものなので、一番手で読むことができましたが、次の予約がある場合は、ピンク色の折り込みメッセージが挟まれています。

「極上の孤独」は、借りたい人の予約が入っていたので、予定よりも早く返してあげたのですね。

人は死ぬときにはひとりなのですが、それまでの経過が、孤独であったり孤独でなかったり、するのかもしれません。

アルバイトを三つ掛け持ちする予定です

今現在働いているのは、一か所なのですが、これは4月7日から働いています。原則、土曜日が仕事で、慣れてきたら、祝日もやります。

仕事内容は、弁当の配達と回収業務です。

その会社がある場所は、家から車で25分ほどです。規定内ですが、交通費も出ると聞いています。

そして昨日、新たに、別の会社にも面接に行きました。こちらは、家から車で15分ほどの隣の市の工場や倉庫が立ち並ぶエリアです。

具体的には、運送会社の倉庫で、荷物の積み下ろし作業になります。

930847

こちらは、時給がいいので、頑張ってみることにしました。

実は、さらに明日も、もう一つ面接があります。

これは地元の町役場の下請けの会社の仕事で、この仕事が決まれば、安定的な収入が得られます。

そうは言っても、三つのアルバイトを、足しても、月収は10万円ほどだと思います。

今後の母のケアのことを考えて、時間が取れる仕事を選びました。

たとえば、倉庫仕事は、週一日から始めますが、午前中の4時間だけなので、在宅で介護する場合を考えても、ちょうど良い労働時間です。

まだまだ、アルバイトについては、書きたいことがたくさんあるのですが、今はいろいろとやることが多く、その合間にこうしてブログなども書いているので、今日のところはここまでとします。

住宅ローンは待ったなし、株売却でしのぐ

武蔵野銀行から借りている住宅ローン。

このところ、仕事探しと、母のケアで忙しく、住宅ローンのことは、あまり考えていませんでした。

それと言うのも、以前まとまったお金を住宅ローン用に預けておいたので、それで安心しきっていました。

ところが、月日が経つのは早いものです。

あっという間に、流れていきます。光陰矢の如し、でしたっけ? まさに、それ。

で、武蔵野銀行の口座を見てびっくり。

やべえ、残高、あまりないじゃん。

ところが、現金の余裕があまりない僕は、株を売るしかありません。

かと言って、何でも売って金に換えればいいというものでもなく、ある程度、利益が出ている銘柄から選ぶことになります。

そうした銘柄の中で、単元株で、3年と少し保有していた株が、買ったときよりも、1.7倍ほどになっているものがあり、それを売りました。

当然、すぐに売れそうな金額で指値をしました。

売却益は7万数千円ですが、そこからしっかり税金を1万5千円ほど引かれ、元金を入れて、15万円ほどが、すぐに、野村ネット&コールの口座に振り込まれました。

が、お金に変えるには、3日ほどのタイムラグがあります。


そして、その翌週である今週、具体的に言えば、昨日ですが、株の口座からゆうちょ銀行の僕の口座に、15万円が振り込まれていることを確認しました。

さらに、そのお金を引き出して、住宅ローンのほぼ2か月分に相当する15万円を、今度は武蔵野銀行に、無事入金することができました。

何とか、住宅ローンの支払い日までに間に合いました。

来月分も入れてあるので、少しは、余裕ができました。

でも、バイトの日数を増やさないと、また、すぐに経済的にきつくなりますから、まだ、余裕があるとまでは言えないのかもしれません。
722889
住宅ローンは、一度くらいの滞納ならば、猶予もされると思いますが、3か月だったか、忘れましたが、滞納が続くと、一括返済を求められるんじゃなかったかな、と、記憶しています。

間違っていたら、すいません。専門家ではないので。

まあ、いずれにせよ、滞納などはしないほうが良いのです。

バイトで疲労困憊し面会に行けなかった昨日を反省

あっという間に過ぎた一日の終わりに、やっと今、こうしてパソコンを開き、ブログに文章をつづることができます。

NHKのクラシック音楽館を聴きながら、書いています。昔は、N響アワーとか、言っていましたね。ロックもジャズもボサノバも沖縄民謡も好きだけど、クラシックも好きなのですよ。

それはそうと、今の現状報告。

まず、一昨日の金曜日の夕方、母と、僕は、担当医の先生から、現状を聞きました。

「まだ確定ではないが、なかなかに厳しい状況」だそうで、今後は、5月1日に予定している、MRIの検査を待つことになりました。

母の血管は、点滴のための注射針が入りにくいようで、両腕がはれ上がっていました。

もう点滴はやめて、口から栄養を取りながら、様子を見ることになりました。

それと並行して、シャワーなども浴びられるようにするそうです。

これは母が、家に帰りたいと言いだし、その理由をよくよく聞いてみると、何日も風呂に入っていないのが耐えられないとのことで、それならば、ということで、病院でシャワーを浴びさせてもらうことになりました。


基本、僕は毎日病院には行っているのですが、昨日は、アルバイトでかなり消耗し、暑さのせいもあるのですが、帰宅後、寝込んでしまい、寝て起きたら、もう面会時間は過ぎていて、行くことができませんでした。

782679


勿論今日は行ったのですが、どうして来なかったのだ、と、母から言われました。

事情を説明してわかってもらい、明日は、入浴のための、リンス入りシャンプーとボディソープ、その他、いくつかのものを持って行きます。

昨日面会に行けていれば、今日、持って行くことができたのですが、その点は反省しています。



汚れたパンツを持ち帰って洗濯しました

4月16日に母が入院して今日で、5日になります。毎日病院には行っていますが、行くたびに、母の表情の変化には気をつけるようにしています。

昨日は、CT検査がありました。

その前日である4月18日には、母の病室のサイドテーブルに、同意書が2通置いてあり、それに、サインしました。

そして昨日、病室に行ったときには、すでにCT検査は終わっていて、同意書は、1通が、残されていました。

朝、たくさんの薬を飲まされて、検査を受けたのだと言っていました。母は太っていて暑がりなので、それが心配でしたが、案の定、暑くてたまらない、という不満をしばらく聞きました。

そして今朝、病院から電話があり、扇風機を持ってきてほしいと言っているということを聞き、僕のほうでもそのつもりだったので、今日は、まずは、面会開始の、13時きっかりに、紙パンツをはじめとした必要品と扇風機をもって病室に行きました。


僕が病室に着くとすぐに、母はトイレに行きたいと言いだし、トイレに行ったのですが、だいぶ汚してしまったようです。

前回あまりにも汚し過ぎたパンツは廃棄してもらったのですが、今回は、汚れたパンツをビニール袋に入れて持ち帰りました。

母は、通常、普段からパンツは2枚はきます。小さなパンツの上に、デカパンをはきます。おそ松くんに出てきた、あのデカパンがはいているような、パンツです。

家に帰ってから、一度風呂場で、汚物を洗い落とし、その後洗濯機で洗いました。

今日はまた、夕方から、先生が話があるとのことで、病院に行きます。今はその束の間の時間で、このブログを書いています。

明日のバイトの準備もあり、また、今週と来週は、年に一度回ってくる、町内会の、ごみ置き場の清掃当番なので、先ほど、清掃をしてきました。

まだいろいろ、他にも書きたいことがあるのですが、バイトの準備やその他の用事もあるため、今日はこの辺にしておきます。

明日は6時過ぎからバイトに行き、帰ってくるのは14時ごろの予定で、母の見舞いに行けるのは、そのあとになるかと思います。

母の入院生活を支える日々

3月20日ごろから体調を崩していた母が、入院したのは、もう3日前になります。

3日前のその日、埼玉医大の産婦人科に行き、検査結果を知りました。子宮頸がんの疑いがあるとのことで、その日のうちに紹介状を書いてもらい、国際医療センターへ。

その日は、慌ただしい1日でした。

国際医療センターの産婦人科での検査を終えたのは、夕方で、最初は入院を抵抗していた母でしたが、女医先生の説得もあり、その日に入院し、翌朝まで点滴を受けました。

僕は家に帰って、必要な荷物をまとめたり、入院に際しての書類書き、などをしました。

父のときに一度経験しているので、入院がどういうものかはだいたいわかってはいます。

しかし、やはり、書類作成は、僕の得意とするところではありません。

また、書類を書いていて思ったのは、まだまだ日本は、保証人社会であり、天涯孤独の人は、どうなるのだろう、ということも、考えさせられました。

765984


昨日も面会に行きましたが、今日も、午後から面会に行く予定です。

アルバイトも始めたばかりであり、両立ができることを望んでいますが、どうなるのかは、まだわかりません。

いずれにせよ、今日できることを今日やる、それしか、ありませんね。

最近トイレを汚すことが多くなった母

母はもともと便秘症で、2,3日便がでない日も普通にあったようですが、最近は、トイレに行くたびに汚すことが多くなりました。

以前からも、そういった傾向はありましたが、3月後半から体調を崩してからは、寝込む日々が増え、食も細くなり、食べないからますますでないと言っていました。

そして先日、何とか風呂に入れる程度に体調が良くなったときに、風呂に入ったそうです。

そのときに、おなかが温まったせいか、急に便意を催し、急いでトイレに駆け込んだのですが、そのときに、だいぶ汚してしまったと、自分でも自覚していました。

母は、頭のほうはしっかりしているので、それだけでも、僕としては、助かっています。

トイレの汚れなどは、そうじすれば済むことです。

今朝も、便座周りについていた汚れをふき取っていたときに、母がトイレに行きたいと起き出してきました。

便器を汚している自覚はあるようなので、それだけでも、僕としてはありがたい話なのです。

これが、ボケていて、その自覚もなかったり、訳の分からないことを言っているのだとしたら、大変困ります。

体が衰えるのは、誰しものことで、それは問題ではありません。

僕にしても、徐々に衰えていき、死んで行くのですからね。

父を自宅で在宅介護で見送り、今は母の介助をしている僕ですが、二人が、老いというものを僕に見せてくれているのだと、思います。

老いを、間近で見られることは、大いなる勉強でもあります。


昨日はアルバイトに行ってきましたが、このところ、母の介助の記事ばかりで、なかなかそれ以外のことに言及することができないでいます。

アルバイトのことについても、いずれ書いてみようと思っています。

母の晩年に向き合い、自分の老後生活に思いを馳せる

このところめっきり食欲がなくなった母なのですが、今日は、食べたいもののリクエストがあったので、ライフまで買い出しに行ってきました。

バナナとカステラとリンゴジュースと鮭とはちみつ梅干しが、そのリクエストでした。それに加えてぬか漬けのキュウリともやしを買いました。

僕自身も、花粉症で体調は万全ではなく、アルバイトを始めたため、生活も少し変化し、それ以外は、母を見守りながら介助するという、静かな日々です。

静かな日々は嫌いではありませんが、父を自宅で看取った僕は、今は母の晩年に向き合いながら、自身の老後生活にも、思いを馳せています。


母の救急外来付き添いと僕のアルバイト初日

3月から体調のすぐれなかった母ですが、昨日の夜は、特に苦しかったようです。

ようです、と言うのは、僕は昨日がアルバイトの初日で、疲れて寝ていたためです。

今日、どうにも苦しいので、ということで、僕がいくら勧めても、断っていた検査を、やっと受ける気になってくれました。

しかし、今日は日曜日。

ケアマネに電話してもつながらず、何度か試みて、昼頃に話ができたので、ケアマネのアドバイスも受けて、母を連れて救急外来に行ってきました。

少し待たされましたが、CTを撮って、子宮筋腫がどうのこうのという話になり、明日、産婦人科に行くことになりました。

やっと原因がわかって、僕も少しホッとしました。

まあ、明日の病院は、明日考えるとして、今日はまず、一息つきました。


今日見てくれた先生が、緊急性はないと言ってくれたことが、安心材料になりました。


さて、僕のほうも、アルバイトが決まり、昨日が初日でしたが、これについては、後日、書きたいと思います。


何分にも、母の健康と言うか、母の世話が優先ですからね。

今日は、泣かせてください

吉祥寺に、赤毛とソバカスという、ロック喫茶がありました。ジャズ喫茶も同時にやっていましたけどね。

高校時代、授業をふけて、友達の車で、吉祥寺に行き、赤毛とソバカスで、ジェフ・ベックとか、聴いていました。

そんな、40年以上前の出来事を思い浮かべ、今日、不覚にも泣いてしまいました。

さとう宗幸の青葉城恋唄の歌詞で、「瀬音ゆかしき杜の都 あの人はもういない」というのがありますが、あんな心境でしょうか。


あの頃、ロックばかり聴いていました。もう、アノ日々は戻りません。

あの頃、何にでもなれると信じていたあの頃。青かったあの頃。

友だちとバカばかりやっていたあの頃。

でも、好き勝手に生きたおかげで、後悔はありません。

忌野清志郎が死んで、何年になるのでしょう。

RCサクセションの「トランジスタラジオ」ではありませんが、僕も、御多分にもれず、授業をさぼって、友達の家で、麻雀をしたり、ツェッペリンを聴いたり、していました。

あの、赤毛とソバカス、吉祥寺の日々。

友だちのGTRで、吉祥寺に行き、埼玉県民からすれば、吉祥寺は、カッケー のですよ。

で、友達の、シャコタンの車で、吉祥寺に行って、飯を食って、赤毛とソバカスへ。

泣けます。

で、当時は、ハイライトを吸っていたのですよ。

ハイライトを吸いながらコーヒーを飲んで、何時間も粘ったなあ。

ちなみに、今は、たばこは吸いません。

1384960985

地下にあった、ロック喫茶と、ジャス喫茶。赤毛とソバカス。

今は、もうない。

今は、もう、どこにも、無い。

まあ、高校時代は、ジャスは聴いていませんでしたが、その後、マイルスとか、コルトレーンなんかも聴くようにはなりましたけど、それはだいぶ後の話。

高校時代は、ロック一色。

今度、吉祥寺に行ってきます。もう、赤毛とソバカスはないけど。近鉄デパートも、もうないんでしょうね。


今月の母のデイケアは全休になりそうです

毎週月曜日は、母のデイケアの日なのですが、今週の月曜日は、体調不良で休みました。

どうも、今月は、デイケアには行きたくないようです。

そして、母の希望で、気功整体に急遽連れて行きました。

高坂の気功整体は毎週金曜日なのですが、今週は、週2回となりました。

食欲がなく、腹が張る、ということで、まずは医者に連れて行き、薬などをもらってきて、寝込む日々が続いています。

父は、要介護度が5だったのですが、はじめは、2から始まりました。

今のところ、母は、要介護ではありません。要支援、ということのようです。

しかし寝たきり状態なのです。

食が細くなり、お粥とそうめんぐらいしか食べられません。

でも、自分のこと、お風呂とかトイレは、自分で行けるので、要介護というほどではないのかもしれませんね。

僕自身も花粉症で体調が思わしくなり、今はひたすら、静かな時間を過ごしています。

最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ