介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

やっぱり、早期リタイアは価値があります

  今日は、14時半に、訪問入浴サービスの業者さんが来てくれて、父を、セッティングした浴槽で、洗ってくれたのですが、その間、僕は台所に立ち、その様子を見ていました。

 訪問入浴サービスの浴槽は、業者さんが持ち込んでくれるのですが、かなりスペースを取ります。父と母の共同の居室である一階の部屋の中央で、それも、斜めに置かれるため(そのように置くのが、作業上最も合理的なのですが)、窓際にある父のベッドと、浴槽に追いやられる形で、母が部屋の隅に椅子を移動して座ると、ほぼ、僕の立ち位置はなくなります。

 以前、住宅事情カテゴリーでお話ししたように、1階には一部屋しかなく、14畳の、リビングダイニングとなっていますが、カウンターを挟んで、向こう側のキッチンに、4畳分を取られているため、事実上の居室空間は、10畳ほどです。

 立ち位置のなくなった僕は、必然的に台所に追いやられるのですが、そこで逆転の発想(それほどでもないか)で、カウンター越しに父が気持ちよさそうに体を洗ってもらうのを見ながら、夕食の料理を一品作ることにしたのです。今日は、レンジでチンした二つのジャガイモをつぶし、それに、キュウリのスライスと、残り物のリンゴを入れ、マヨネーズで混ぜるという、簡単な一品を作りました。

 自分の居場所の確保兼、おかずを一品作るという時間の節約にもなります。父の見守りも兼ねて、作るので、のんびりと、一品を作るというのが、ちょうどいいようです。

 早期リタイア生活の利点は、そんなふうにして、ちょこちょこと、気に入ったおかずを自分で作れることも、その一つです。

 父は今年、90になりますし、母はこの3月で、86になりました。もう、いつお迎えが来ても、おかしくない年齢です。だからこそ、僕は、定年まで数年を残しての、早期リタイアは、価値があると思っています。両親と過ごす最後の時間を、こうして、一緒に、充実した形で過ごせるからです。

 働いていた時の僕は疲れ切っていて、気持ちはあっても、体が動きませんでした。だから今ほど、マメに、料理も作れませんでした。

 今日は、訪問入浴サービスの業者さんが帰った後、床を蒸気洗浄しました。掃除も、働いていた時よりも、やる回数が増えました。それも、早期リタイアの利点です。
 

初めて、緊急時訪問看護を利用しました

 今日は、昼近くに出かける予定があったのですが、朝、父の痰を吸引後、しばらくして、階下にいる母の叫び声を聞き、急いで階段を駆け下りてみると、父が、ベッドの上で、蒼白な顔でのたうち回っていました。

 一目見て、危ない状況であることがわかりました。

 すぐに、パルスオキシメーターで、酸素飽和度を見ると、44。
 これは、初めて見る、異常に低い値で、そのような数値以上に、父の、血の気を失った顔を見て、死、という文字が頭に浮かび、すぐさま、酸素吸入の量を増やすとともに、訪問看護ステーションに、電話をしました。

 待機していた看護師さんが、すぐに駆けつけてくれることになりました。

 同時にそのあと、訪問診療をしてくれている医師の携帯にも電話しました。
 看護師さんが今、こちらに向かっていることを告げると、まずはその人に任せ、何かあったら、また電話するように言われました。

 20分ほどで、看護師さんが到着しましたが、その前には、父の酸素飽和度は、正常値にまで、戻っていました。看護師さんに痰の吸引をしてもらい、いくつかの質問をされ、指導も受けました。

 その結果、水分量が不足していたために、痰が出にくくなっていたことがわかりました。
 また、便の詰まりも、それが原因しているようでした。

 45分ほどの看護を受け、父は、今、疲れたのでしょう、眠っています。

 緊急時訪問看護加算という項目が、毎月受け取る請求兼領収書に記載されていますが、普段は気にも留めていませんでした。これは、利用してもしなくても、毎月、540単位が加算されています。
 それ以外にも、訪問看護特別管理加算や、訪問看護体制強化加算などが、それぞれ、500単位、300単位で、加算されて支払っています。
 
 父は、年金額がそう多くはないので、1割負担で済んでいますが、年金を多くもらっている人は、2割負担になったと聞いています。

 今は、本当に、国の制度に助けられているのを、実感しています。
 
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • ライブドアブログ