介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

理想の「老後ライフ」に必要なもの



僕は、もうすでに、

理想の老後ライフを送っているのかもしれません。

その理由は、毎日が幸せの連続、だから。


好きな時間に起き、

好きなものを食べ、

好きな本を読み、

好きな音楽を聴き、

好きな友人と会い、

好きな野山や街を散策し、

憂いもなく、

流れるように、

生きています。


さて、明るい老後についての、

婦人公論の記事を読みました。

以下は、その抜粋。

「頑張ってきた分、最後はのんびり過ごしたい」という人もいれば、「自由になる時間が増えるのだから、人生これから」と考える人も。

Q1 理想の「老後ライフ」を教えてください(複数回答可) 1位 健康的な暮らしができる(104人) 2位 十分な貯蓄があり、経済的に困らない(91人) 3位 趣味や勉強、ボランティア活動などに打ち込む(73人) 4位 終の棲家がある(50人) 5位 両親・義父母を見送る(42人) 6位 これまでできなかったことに挑戦する(38人) 7位 子どもの養育にお金がかからない(27人) 8位 友人と頻繁に連絡を取り合う(26人)

うーん、 上記からもわかるように、

老後の快適生活の肝は、

健康、お金、友人、です。


僕は、おひとり様なので、友人、となりますが、

結婚している人、家族のいる人は、

友人のところを、

妻、あるいは、夫、子供、としても良いのでは。


僕に妻がいれば、

老後は、二人で温泉に行って、

ゆったりと湯につかり、

美味しいものを食べ、

楽しく会話をするでしょうね。

0-03

時には奮発して、

露天風呂付き客室に泊まったりなどし、

普段の妻の労をねぎらって、

僕が、マッサージをしますよ。

「お、ちょっと肩、凝ってるんじゃね」とか、言いながら。


さすがにこの年では、

濃厚なセックスは無理でしょうから、

一緒に横になって寝るだけでも、

充分な満足感が、

得られるのではないでしょうか。






夫婦間でも性的強要はDV



男は、支配したがる生き物。

まあ、それは、生物学的にも、そうなのでしょうねえ。

ただ、そうは言っても、横暴は行けません。


図書館で立ち読みした新聞の相談コーナーで、

40歳を過ぎたころから夫が嫌いになり、

夜の生活が無理になった女性の悩みを読み、

拒否すると夫の機嫌が悪くなり、

断るたびに心臓の鼓動が早くなるなど、

そうした記事を読んで、

そのままでは、いずれ体を壊すのではないかと、

思いました。


殴る蹴るだけがDVではありません。


まあ、これは、奥さん側からの相談なので、

おそらく、夫には夫の言い分もあるはずで、

夫婦と言えども、元は他人。

IMG_4566

こんな感じで、

屋外でマージャンを楽しむ、

お年寄りも
(一応、顔は映らないように配慮して取った1枚)

家に帰ったら、奥さんとはどんな感じなのでしょうねえ。


他人同士が一緒に暮らす難しさは、

おひとり様の僕には、

想像するしか、



ありませんです。



 
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • ライブドアブログ