介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

無職で浪費家の子供がいると老後2000万円あっても足りない



昨日あたりから急に暑くなってきて、

今日は、38度予想。

窓を開けていられるのも朝のうちだけかもと思い、

開け放っています。


老後2000万円問題ですが、問題を抱えた家だと、

それだけあっても足りないケースもあります。

問題がなければ、貯金1000万円で楽勝、でしょう。


さて、以下は、問題があるほうのケース。

ネット記事からの一部抜粋。


■収入 父親 69歳 公的年金 月額 約12万5000円 母親 67歳 公的年金 月額 約5万円 ひきこもりの長男 41歳 無収入 収入合計 約17万5000円 ■基本生活費 食費 10万円 水道光熱費 2万5000円 スマホ代およびプロバイダー代 2万3000円 日用品費および雑費 1万円 医療費 1万円 国民健康保険料 1万2000円(両親の年金収入のみで試算) 長男の国民年金保険料 1万6000円 新聞代 4000円 長男 たばこ代 3万円 父親 お小遣いおよび交際費 1万5000円 母親 お小遣いおよび交際費 1万円 支出合計 25万5000円  1カ月の赤字は8万円。基本生活費だけで年間約100万円の赤字になることが分かりました。69歳男性の平均余命を試算すると17年です。仮に父親が17年後の86歳まで生き続け、今と同じような生活を続けた場合、8万円×12カ月×17年=1632万円の貯蓄を取り崩すことになります。  他にも、家電の買い替えや急な入院費などで200万円は別途見積もっておく必要があります。その結果、父親が亡くなるまでに少なくとも1800万円は貯蓄を取り崩してしまうという見通しになりました。その金額を知り、両親はがくぜんとした表情になりました。両親の貯蓄額は約2000万円とのことで、貯蓄がほぼ残らなくなってしまうからです。

 長男は無職で収入がないので、日々のたばこ代は母親が渡しています。たばこ代を渡さないと長男は声を荒らげるので、仕方なくお金を渡しているとのことでした。母親は長男の健康を心配し「もう少したばこを控えたらどうか」とアドバイスをするものの、長男は全く聞き入れてくれないそうです。


うーん、 ニコチン中毒の子供部屋おじさんが声を荒げる、と。

その先には、暴力も懸念されますから、

親も一人息子に遠慮気味なのでしょうか。


しかし、月3万円のたばこ代は、異常。

0-78

おひとり様であれば、月の食費を賄える額。


こうなってくると、

良い子供に恵まれるかどうかも、大きいですね。

ただ、その子供を育てたのは親なので、

やはり、自業自得と言うべきなのかもしれません。




現金手渡しの会社と高菜



僕が交通誘導の警備の仕事をしている会社は、

未だにお給料は現金手渡し。

IMG20220616151550

そのため、電車に乗って、

前の週の分の賃金を貰いに行っています。

IMG20220623112803

昨日は、座席のゆったりした電車に乗れてラッキーでした。

一つ手前の上福岡で下車し、やよい軒へ。

IMG20220623115116

IMG20220623115126

うーん、この高菜が、食べたかったのですよ。

IMG20220623115700

ご飯もお替り自由なので、ご飯の上に高菜をのせて食べる幸せ。

IMG20220623121551


で、お給料を取りに行く際の交通費は自腹、なのですが、 

週一日勤務なので額がそう多くはなく、

毎週、交通費をかけて、取りに行くのも不経済なのですが、

今のところは、街のぶらぶら歩きも兼ねて、

楽しみながら取りに行っています。


それと、新宿勤務時代は、毎週のように行っていたやよい軒に、

久々に行き、ああ、やっぱ、高菜はうめえ、と思った僕は、

給料を取りに行くときは、やよい軒で決定。


ただ、以前は所有していたプレナスの株は、

既に売却しているので、やよい軒では株主優待は使えず。


やよい軒が家の近くにあれば、

長い老後を視野に入れて、

プレナス株を買い戻すのですがねえ。



最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • ライブドアブログ