介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

定期預金は一度も満期になった事がない



例によって上福岡の後輩から、

また、愚痴の電話が。


妻が、

うちの定期預金は一度も満期を迎えない、

とボヤいてしょうがない、と。


それは仕方ないだろ、と僕。

子育てに金がかかる時期なんだから、と。


一方の僕はと言えば、

断捨離をして、

簡素に暮らす生活。 

IMG20221023124352

そんな自分の生活ぶりを話すと、

妻を断捨離する方法はありませんかね、と後輩。


おまえのほうが断捨離されないようにしないとな、と僕。


子育て世代の生活の厳しさを垣間見た、

僕、なのでした。




生活の質の向上と節約とのメリハリ



昨日は、おせち料理の添加物の話をしたのですが、

見栄えをよくするための余計な加工は無用。


余計なものの代表格が、第3のビール。

わざわざ企業努力して、まずいものを作っている、と。

これは、国の税金のかけ方が間違っているからで、

あながち、企業だけを責めることもできません。


以前は、ただ安いからという理由で、

発泡酒や第3のビールなども飲んでいましたが、

考えがすっかり変わりました。


今は、飲む回数を減らしてでも、

まともなものを飲むようにしています。 


今飲んでいるのは、地元川越の、コエドビール。

IMG_5385

地ビールはいろいろ試し飲みしていたのですが、

小江戸に落ち着きました。


コエドビールは、アルコール度数が違う3種類があり、

どれも、美味しいです。

どうせ、一回に、350ml一缶しか飲みませんから、

ビールもどきの贋物の不味いのを飲むのは、人生の損。


かけがえのない人生。

なるべく、不純物は、取り除きたい。


今は、スーパーで買うよりも、

ネットで大量買いすれば、

一缶当たりの単価が安くなるので、まとめ買い。


飲食費が増えた分、

支出は多少増えましたが、

生活の質の向上と、

節約とのメリハリが、

今の課題です。




最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ